バイトの確定申告まるごとノウハウ!注意点と方法まとめ

バイトノウハウ
バイトの確定申告まるごとノウハウ!注意点と方法まとめ

アルバイト・パートであっても年間の収入が103万円を超えると確定申告する必要があります。バイトしている人にとっては馴染みのない分かりにくい税金のお話ですが、このページでは確定申告の方法、ノウハウをすべて解説します。

確定申告とは

毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた全ての所得額とそれに対する税額を計算し、申告期限までに税務署へ確定申告書を提出して、源泉徴収された税金などとの過不足を精算する手続が「確定申告」です。

掛け持ちバイトなど複数箇所からの収入がある場合は、すべての収入を計算をする必要があるので、源泉徴収しているすべての勤務先から源泉徴収票をもらいましょう。

余分に支払っていた税金が戻ってくる

バイト先によりますが、毎月の給与から源泉徴収分をあらかじめ天引きして渡しているところが多くあります。

源泉徴収される額はたいてい本来あなたが支払うべき所得税額よりあらかじめ多く徴収されており、確定申告をすると余分に支払っていた差額分が還付金として戻ってくるケースがほとんどです。

特にバイトの合計年収が103万円以下の場合は、所得税を支払う必要がないため、源泉徴収されたお金は全額戻ってきます。

源泉徴収票は必ずもらおう

多くの場合、源泉徴収票はバイト先から年末にもらえますが、年収が103万円以下の場合は確定申告をする必要がないため、源泉徴収票を出さない企業もよくあります。

バイト先に源泉徴収分が給与から天引きされているかを確認し、されていれば年収が103万円以下でも源泉徴収票をもらうようお願いしましょう。

アルバイト・パートの税金についての知識確定申告の前にまずはバイトの給料にかかる税金について理解しておきましょう。自分がもらう給料にいくら、何の税金がかかっているのかを知ることも重要です。以下の記事では所得税や住民税について、簡潔に要点をまとめていますので目を通しておきましょう。

確定申告の方法と手続き

実際に確定申告するやり方と手順について要点を詳細にまとめています。現在では書類での申請以外にインターネットでの申請方法もありますので、確定申告する際にお役立てください。

掛け持ち・Wワークの注意点

掛け持ちや副業、Wワークをしている場合は、すべてのバイト先から源泉徴収票をもらう必要があります。そのほかチェック項目、注意点もまとめています。

日雇いバイトの注意点

日雇いバイトや短期のバイトでは源泉徴収票のほかに給与明細も必要になりますのでチェックしておきましょう。

バイトの確定申告の新着記事

短期バイトの所得税は確定申告すれば返ってくる?

短期バイトの所得税は確定申告すれば返ってくる?

短期バイトをしている人の所得税は、年末調整や確定申告で還付(返ってくる)場合があります。バイト先の制度や掛け持ちの状況などによって、自分で申告するか会社が調整してくれるかが変わります。

高校生のアルバイトでも税金がかかる?知っておきたい基礎知識

高校生のアルバイトでも税金がかかる?知っておきたい基礎知識

高校生でもアルバイトをして収入(所得)があると、税金を納めなくてはいけなくなります。基準の所得額や、税金の免除ができる勤労学生控除という制度、確定申告について知っておきましょう。

フリーターでも支払う必要がある税金について

フリーターでも支払う必要がある税金について

フリーターで働いている場合でも、収入(所得)に応じて税金を納める必要があります。収入額やバイト先によっては所得税、住民税のほかに、社会保険についても支払う必要があるので注意が必要です。

マイナンバー導入でもバイトの税金・所得税は同じ!103万円以上のとき

マイナンバー導入でもバイトの税金(所得税)は同じ!103万円以上の収入のとき

マイナンバー制度がスタートしても、アルバイト従業員は年間の収入額に応じて所得税がかかります。年間103万円以上の収入がある場合に所得税が発生するので、納税額を確認して確定申告してください。

バイトの確定申告で経費として認められるものまとめ

バイトの確定申告で経費として認められるものまとめ

バイトの年収が103万円以上の場合、確定申告が必要になります。そのとき、「給与所得」であれば必要な経費は会社が支払うことになっているので「給与所得控除」以外は経費の申請は認められません。

【大学生必見】バイトの収入が多いと『勤労学生控除』ができる!

【大学生必見】バイトの収入が多いと『勤労学生控除』ができる!

バイトで働いて所得が一定額を越えた場合、所得税が発生しますが、金額に応じて、「勤労学生控除」という制度もあります。学生にしか適用されない制度なので、仕組みを理解してうまく活用できるようにしましょう。

アルバイトして扶養控除から外れそうなら親と相談を

アルバイトして扶養控除から外れそうなら親と相談を

アルバイトで働いていると、収入額によっては親御さんの扶養控除が外れてしまう可能性があるので、年収がいくらになるのかはよく確認することが大切。103万円、130万円が一つの目安になります。

アルバイトでWワークの人は税金の控除額と源泉徴収に注意

アルバイトでWワークの人は税金の控除額と源泉徴収に注意

アルバイトを掛け持ちしたりWワークで働いている人は、税金がどうなるかについてあらかじめ把握しておくことが大切。予想外の出費という事態にならないよう、決まりと手続きを理解して準備しておきましょう。

バイト・パートの確定申告で交通費は経費になる?

バイト・パートの確定申告で交通費は経費になる?

バイトの確定申告で、職場に行くのにかかった交通費は経費として申請できるのかどうかは、勤務先との契約がどのようになっているかで異なります。出来高や歩合制であれば経費として申請が可能です。

大学生がバイト掛け持ちするときの103万円の壁

大学生がバイト掛け持ちするときの103万円の壁

大学生がバイトを複数掛け持ちする際には、年間の合計収入が103万円を超えるかどうかが注意するポイントです。自分だけでなく家族の納税額にも影響するので、必ず把握しておきましょう。

バイトも年末調整で得られる還付金

バイトも年末調整で得られる還付金

バイトをしていると「年末調整」という言葉を聞くことがあるでしょう。税金を払いすぎていないかを確認、調整するタイミングがこの年末調整というものです。払いすぎている場合、還付金として手元に戻ってきます。

バイトしすぎると親の扶養から外れる?メリットデメリットとは。

バイトのしすぎで親の扶養から外れるリスク

アルバイトの収入が年間103万円を超えた場合、親の扶養から外れて所得税の課税対象になります。家計への影響が大きいので、扶養から外れた方が良いかどうかは家庭内でよく話し合うことが大切です。

バイトでも源泉徴収で引かれたお金は戻ってくる?

バイトでも源泉徴収で引かれたお金は戻ってくる?

バイト代の源泉徴収について、複数のアルバイトを掛け持ちしている人は注意が必要です。それぞれから頂く給与と、各バイト先からの合計額によってかかってくる税金が変化します。

掛け持ちバイトをしている人のための、確定申告の準備

掛け持ちバイトをしている人のための、確定申告の準備

1人で複数のアルバイトを掛け持ちしている場合、確定申告の際には、それぞれのバイトでの収入の合計金額がベースになるので確定申告時に注意が必要です。よくわからない点は税務署に相談して、適切な申告を。

バイトの所得税計算、確定申告は掛け持ちの人は要注意

バイトの所得税計算、確定申告は掛け持ちの人は要注意

面倒な所得税計算。アルバイトでも確定申告が必要になる場合があります。特に掛け持ちバイトの人は合計金について確認・注意が重要です。必要に応じて税務署の窓口へ相談を。

バイトで稼いだお金にかかる税金

バイトの給料にも税金が!所得税・住民税まるわかり

アルバイトでも稼いだ給料の金額により、税金を支払う必要があります。 ポイントとなるのは、年収が103万円を超えるかどうか。 アルバイトの税金について詳しく解説します。 バイトにも「所得税」「住民税」が課税されます 学生ア…

16件中 1〜16件を表示

サブコンテンツ
このページのトップへ