マイナンバー導入でもバイトの税金(所得税)は同じ!103万円以上の収入のとき

マイナンバー導入でもバイトの税金・所得税は同じ!103万円以上のとき

マイナンバー制度に関係なく収入に応じて所得税が発生する

バイトの給料、すなわち給与収入があれば、金額によって税金を支払わなければいけません。年収が100万円を超えると住民税、103万円以上であれば所得税の納付が義務となります。

住民税の金額は、住んでいる地域によって異なります。
所得税は、195万円以下は所得の5%、195~330万円以下は10%、など、所得金額に応じて決められます。
また、バイト代から社会保険料を引いた金額が8万8,000円以上の場合、「源泉徴収」といってある一定の金額が引かれます。これは、毎月の給料から、あらかじめ所定の所得税が引かれているものです。

年末調整や確定申告の際、きちんと書類申請をおこなえば、納める所得税よりも多く払っている場合、「還付金」として戻ってきます。

これらの仕組みは、マイナンバー制度が始まったからといって変わるわけではありません。制度が導入されたからといって、所得税の納付義務など、これまでの税に関するシステムは変わりません

マイナンバーは役所の手続きに必要になる

では、マイナンバーは何のためにあるのかということについて簡単に説明します。

国民一人ひとりが持つ12桁の番号、マイナンバー。平成28年1月より、マイナンバーの利用とマイナンバーカードの交付が始まりました。バイトであっても「マイナンバーを提出してください」と言われている人は多いでしょう。

税や年金、雇用保険などの行政手続に使うため、役所に従業員のマイナンバーを届け出るのは会社の義務なので、収集を依頼してくるのです。※正社員だけでなく、アルバイト従業員のマイナンバーも提出しなければならないこととなっています。

とはいえ、今のところマイナンバーを提出しないからといって、バイト先をクビになったり給料をもらえない、ということはありません。

しかし、年末調整や確定申告などで必要になりますし、国税庁から指摘を受けたりするので、提出していないと雇用先が困ることになります。

マイナンバーの不正利用に関してはとても厳しい罰則が会社に科されるので、信頼できる会社で働いているのであれば、提出を求められたら協力しましょう。

自分のマイナンバーは紛失しないように管理する

マイナンバーは大切な個人情報ですから、必要な時や状況以外に安易に人に知られたり、不正に使用されるようなことがないよう、管理には十分注意しておきましょう。身分証明のために写真付のマイナンバーカードを所持している人は財布やカード入れに入れることが多いでしょうが、落としたり置き忘れたりしてなくさないように注意してください。

マイナンバー制度で言われていることの一つに、内緒で副業していることが会社にばれるかもしれない、という点があります。

社会保険制度が充実している会社は、役所への手続きの関係で、ほぼ必須でマイナンバーの提出が必要になります。

↓マイベストジョブは必ずお祝い金がもらえます↓

バイトするなら知らないと損!必ず祝い金がもらえるサイト

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ