大学生がバイト掛け持ちするときの103万円の壁

大学生がバイト掛け持ちするときの103万円の壁

年間の所得が103万円以上ある場合は、確定申告が必要

まず、大学生でも、所得額が年間103万円以上の場合、個人で確定申告を行わなければいけません。

掛け持ちでアルバイトをしている人の場合は、両方の給与の合計=年間所得額になるので、注意が必要。それぞれのバイトが103万円以上いかなくても、合計が103万円以上であれば、課税対象となります。

年間いくらもらっているのかはっきりわからない、ということにならないように、バイト先からもらった給与明細は、きちんと保管しておくことをおすすめします。

もし、給与明細をもらっていない、紛失したという場合は、銀行の入金履歴など見て、何らかの形で年間所得がはっきりわかるように準備をして、確定申告をおこないましょう。

確定申告は個人でおこなうものですから、金額や減免といったことは、人それぞれの所得税や減免内容によって違いがでてきます。確定申告の時期になったら、給与明細を持って税務署の窓口で、相談すると丁寧に教えてくれますよ。

できるだけ収入額の調整をしておこう

生活費や学費などで、どうしても年間で103万円以上の収入が必要、という場合を除いて、お小遣い稼ぎ程度のバイトであれば、収入額が年間で103万円以上にならないように、うまく調整するのがおすすめです。

バイト先が一つでも複数でも、合計給与額=年間所得となるので、注意が必要です。また、源泉徴収は給与をもらう前に、すでに引かれています。源泉徴収も税金のひとつで、1ヶ月の給与が87,000円以上の場合のみ、会社やお店から引かれています。

源泉徴収とは別に、所得が103万円以上になれば、さらに所得税を払わなければいけません。これが確定申告です。

ただし、源泉徴収はたいていの場合、多く払い過ぎている場合があるので、還付金といって、戻ってくることが多いのです。

確定申告の際でもかまいませんので、税務署の窓口で還付申請ができるのかどうかを、給与明細を持参して確認するといいでしょう。

しかも課税対象になれば、親の扶養から外れなければいけませんし、所得は増えても、自分で保険料を納めたり、税金を払う義務がでてくるというわけです。

確定申告は社会勉強として必要な面もありますが、わざわざ課税対象にならず、学生のうちは勉強が本業ということを忘れずに、あえて所得額を年間103万円以下におさえることを心がけてもいいかもしれません。

バイトをしすぎて収入が増えると、自分の両親の納税金額にも影響してくるので、家族の間で相談するのがおすすめです。

わからないことは税務署に相談する

確定申告が必要、と言われても、何をどう書けばいいのかさっぱりわからない、という人も多いのではないでしょうか。

所得額がはっきりわからない、給与明細がもらえない、紛失したという場合も同じで、わからないことは全て、税務署の窓口の相談するのが確実。自己判断で「申告はしなくていい」と思い込んでいても、実は課税対象だった、ということもあり得ます。

知らなかったとはいえ、所得がある以上、納税義務が発生するのは間違いありませんから、あとあと納税の勧告など面倒なことにならないよう、事前にきちんと確認しておきましょう。

とはいえ、掛け持ちであっても明らかに年間所得が103万円以上でなければ、課税対象ではありません。それぞれのバイト先からの収入は、必ず把握しておくようにすれば安心です。

↓マイベストジョブは必ずお祝い金がもらえます↓

必ずお祝い金がもらえる求人サイト知ってますか?

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ