アルバイト・パートの円満退職できる辞め方のススメ

アルバイト・パートの円満退職できる辞め方のススメ

アルバイト・パートの円満退職できる辞め方のススメをまとめました。

はじめに

大学生は特にですが、アルバイトは必ずやめる時がやってきます。伝え方次第で楽しかった思い出が後味の悪いアルバイトとなってしまう場合もあります。

どうしてもアルバイトを辞めたい場合の断り方や辞め方をお伝えします。正社員ではないのとはいえ、しっかり退職の手続きは踏みましょう。どんな退職理由があるにせよ短くても長くてもお世話になっていますので直接退職を伝えましょう。

悪い辞め方・伝え方

急に辞めてしまうのはよくありません。連絡もせず辞めるのは絶対に止めるべきです。希有なケースですが下手をすると損害賠償を求められる場合もあります。また伝える手段としてメールやLINEで退職を伝えるのは止めましょう。

連絡も入れたら着信拒否になっていたというケースがあります。辞める時は直接か、責任者と会うタイミングが無い場合は電話でしっかりと伝えましょう。また家族や友達やアルバイト仲間にまかせず自分で辞める意志表示をする必要があります。

基本的な辞め方と伝えるタイミング

基本的にアルバイトの場合は辞表は必要ありません。雇用側に止める権限もありません。しかしだからと言って辞めようと考えてすぐに辞めるのはよくありません。アルバイトの場合も正社員と同様で、辞める際は直属の上司(店長など)に最低でも1ヶ月前には正式に伝えるのがベストです。1か月前であれば相手側への影響も最小限に抑えられます。

伝えるタイミングですが相手も忙しい中、話を聞いてもらうことになります。相手が忙しそうにしていた場合はその場ですぐに伝えず、まずは時間をもらいたいという考えを伝えましょう。「ご相談したいことがあるので、お時間よろしいですか?」とまずは相手の都合を確認しましょう。

退職を伝える文例・マニュアル

退職理由は率直に伝えましょう。自己都合の場合でもしっかり伝えるのがマナーです。決して嘘の退職理由を言う必要はありません。しかし場合によっては正直に伝えすぎて問題になる場合もあります。どう伝えて良いのかわからない場合もあるかと思いますので下記の内容を参考にして相手の気持ちに配慮しながら伝えることを意識しましょう。

「実際に働いてみたら思った以上に厳しくて、お店に迷惑をかけてしまう前に辞めようと思います」

★仮に厳しい職場環境であったとしても、自分自身に非があったという気持ちが大切です。

「大学の授業との両立が難しくなってきたので、申し訳ありませんが辞めようと考えています。」

★どんな事情にしろ相手に迷惑をかけるため謝罪の気持ちを伝えましょう。

「アルバイトの負担が予想以上に厳しいので、今月のシフトを最後に辞めようと思います。」

★現在のシフトは最後まで責任をとってやり遂げる意思表示をしましょう。

最後に

辞めると伝えるときの気まずさは、誰もが経験したくないものです。しかしだからといって逃げてはいけません。もしかしたら退職後もアルバイト仲間やアルバイト先の上司と会う機会があるかもしれません。またアルバイト先にお客として行くときもあるかもしれません。そのときに挨拶できるような辞め方を心掛けましょう。決して「二度とあの店にいけない・・・」なんてことにならないように誠心誠意のある対応をしましょう。

シーン別バイトの辞め方

辞めるタイミング、シーンによっての人気記事を紹介します。辞める前にチェックしよう!

一番よくあるケース

学生の場合

コンビニの場合

塾の場合

円満に辞めるには

必ずお祝い金がもらえる求人サイト知ってますか?

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ