バイトを辞めるときの挨拶は「ありがとう!」の気持ちが大事

バイトを辞めるときの挨拶は「ありがとう!」の気持ちが大事

まず、辞めること自体の報告は早めにしましょう

バイト先によっては、シフト制で勤務している場合もあります。辞めることが決まったら、できるかぎり1ヶ月前までに報告するのがベスト。

とはいえ絶対に、1ヶ月前に報告しないと辞めてはいけない、というわけではありませんが、バイト先に迷惑がかからないように、早めに伝えることを心がけておきましょう。

言いにくいかもしれませんが、バイト先も、早めに辞めることがわかれば、前もって新しいスタッフを応募することができますよね。また辞める報告はかならず、上司に直接話しましょう。

「来週いっぱいで辞めますという、すでに決定した伝えかたではなく「〜の事情で◯月いっぱいで辞めさせていただきたいのですが、よろしいでしょうか」などと、バイト先の都合にも合わせられるように、話すことが重要。

自分本位で辞めやすいタイミングを見計らうのではなく、辞める時期は、早めに上司へ報告して、日時を決めていく、ということができれば辞めることに問題はありません。

辞めるときの挨拶は丁寧に、感謝の気持ちを伝えること

辞める場合、まずは上司に直接会って挨拶をすることが大切。しかしどうしても会えない場合は、電話でお礼を言いましょう。上司には、メールで挨拶をするのは控えた方が無難。

メールが悪い、というわけではありませんが、やはり今までお世話になった上司には、きちんと会って挨拶ができれば、それに越したことはありませんよね。

「お会いしてご挨拶をするべきなのですが、電話でのご挨拶で申し訳ありません」などとお詫びをしてから「今までお世話になりました、お仕事できるようになったのは◯◯さんのおかげだと思っています。ありがとうございました」と挨拶をしましょう。

次の報告、挨拶は同期のスタッフ、先輩、後輩です。

すでに友達なっている場合はメールでも構いません。できれば、辞める最終日もしくはそのあとに、バイト先にお礼の品を持って行くといいでしょう。お菓子の詰め合わせなどがおすすめです。

しかし菓子店のバイト先であれば、他店のお菓子やデザートなどを持っていくのはNG。飲食店の場合は、その日に食べられる差し入れのようなものでもいいので、バイト先に失礼にならないようなお礼の品を、考えてみるといいでしょう。

買うお菓子については、箱入りで個別包装もしくは小分けにされたもので、値段は1,000円~3,000円程度のものが良いでしょう。

あまり高額になる必要はないですが、一人ひとりが食べやすいようになっている個別包装されているものをおすすめします。

お菓子などを持って行くときには、挨拶も忘れないようにしてください。

「今まで大変お世話になりました」「本当にありがとうございました、こちら、皆さんで食べてください」などと、シンプルな表現でも構いませんから、辞めるときと同じできちんと丁寧に、ありがとうという気持ちを伝えることが大切です。

最終日に皆の前で挨拶をする機会があるのであれば、上に挙げたような内容の言葉と、それまで働いていた思い出、楽しかったこと、成長できたこと、次のステージに向けてどんなことを考えているのかなどを話すようにすると、皆への印象もぐっと良くなって最後を締めくくることができます。

日頃から上司やスタッフとコミュニケーションをとっておこう

バイト先では、なるべく友好的な人間関係を作れるようにしておくと、普段の仕事だけではなく、辞める報告も難なくすることができるでしょう。

スムーズに、うまく円満退社することができれば、引きずらずに次のステップに進むことができますね。

ただ、どんなに話しやすい状況でも、辞める報告は言い出しにくいもの。しかし報告を延ばして、直前に辞めてしまうと、バイト先に迷惑がかかってしまいます。

辞めることが決まったら、早めに伝えることがポイント。上司やスタッフとは、日頃からなんでも相談できるような、コミュニケーションをとっておくといいでしょう。

バイトするなら知らないと損!必ず祝い金がもらえるサイト

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ