アルバイトで契約期間は何のためにあるの?途中で辞めても大丈夫?

アルバイトで契約期間は何のためにあるの?途中で辞めても大丈夫?

クリスマスやバレンタインなど、繁忙期限定のアルバイトに採用された場合をはじめとして、自己都合で契約期間より前に辞めることはできないのでしょうか?
バイトにまつわる契約期間トラブルや、正しい対処法を紹介します。

期間に関係なくいつでも退職する権利はある

例えば、あなたが1か月間の短期バイトに採用されたものの、仕事内容や人間関係が合わずに退職を希望したとします。これは法律的に認められるのでしょうか?

正解は「認められる」です。基本的に、労働契約の中で交わされる契約期間には、期間限定のアルバイト・一般的なアルバイトに関係なく法的拘束力はありません。そもそも、アルバイトとして働くすべての労働者には、「いつでもバイトを辞められる」という権利が保障されているのです。

例えば、初めに聞いていた仕事内容と全然違う場合や、職場にパワハラ・セクハラをする人がいるなど、やむを得ない事情がある場合には、極端な話、雇い主の意向に関係なく退職したいと申し出たその日から出勤拒否をしても、法律上、罪には問われません。

※ただし、あくまで個人的な理由で退職をしたい場合には、法律問題に関係なく、周りの方に迷惑がかからないよう、雇用主と退職時期を相談したうえで退職をするのがマナーです。

「辞めたいのに辞めさせてもらえない」はブラックバイトの可能性大

余裕をもって退職時期を伝えたうえ、きちんと退職理由を説明しているにも関わらず「契約期間内だから」という理由で退職させてもらえない場合は、「ブラックバイト」の可能性を疑いましょう。

最近では、人手不足を理由に「どうしても辞めたいのなら、損害賠償をおこす」といった脅しをかけられるケースも増えてきていますから注意が必要です。

当然のことながら、退職を理由に損害賠償を起こされたとしても、あなたがお金を払う義務は一切ありませんし、給与を未払いにされたり、なんらかの嫌がらせを受けたりした場合には、逆にこちらが相手を訴えることができます。

また、あなたが未成年の場合には、親御さんが雇用契約を強制的に解除する権限を持っていますから、一人で悩まず、早めに家族や周囲の大人に相談しましょう。

契約した期間は労働者を守る目的もある

いつでも辞めることができるのに、なぜ契約期間があるのか。それは企業側を保護するためというよりもむしろ「労働者の権利を守るため」なのです。

具体的には、雇用契約書に期間を明記することで、「契約期間中は勝手に解雇しません」という約束の意味をもたせていたり、「契約期間が終了するたびに、昇給査定を行いますよ」といったルールを労働者と共有するなど、契約期間は労働者への保障や待遇を約束するために用いられる性質があります。

ですから、この契約期間を逆手にとって「期間内だから辞めさせることはできない」と脅しをかけることはもちろん、逆に「期限が切れたので辞めてください」と突然解雇を言い渡すことも法律違反にあたる可能性が高いのです。

仮に契約満了に伴い、労働者を退職させる場合には、労働者の権利を守るため、30日前に告知するよう法律でも定められていますから、万が一「いきなり辞めてほしい」と言われた場合には、会社の言い分をそのままのんでしまわず、きちんと権利を主張しましょう。

いつでも辞められるとはいえ、それまで一緒に働いている仲間やお世話になった先輩、店長などがいる場合、なるべくきちんとした手続きを進めて辞めることで、迷惑をかけないようにしましょう。

必ずお祝い金がもらえる求人サイト知ってますか?

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ