バイトをすぐに辞めたいがシフトが入っている場合、どうすればよい?‏

バイトをすぐに辞めたいがシフトが入っている場合、どうすればよい?‏

辞めると決めたらすぐに上司へ報告と相談をすることが大切

シフトが入っていてもいなくても、バイトを辞めようと決めたら、すぐに上司へ報告することが大切。自分の代わりが何人でもいる仕事というのは、ほとんどないといってよいでしょう。

すぐに辞める、ということは、バイト先がまた新しいスタッフを探さなければいけないということにもなります。

採用が決まらない期間中は、辞めてしまった1人分の仕事内容を補うために、現役スタッフのシフトが増えることもあるので、特に理由もなく、とつぜん辞めてしまったら皆に迷惑をかけることになりますよね。

そうならないように、辞めると決めたら、早めにバイト先へ報告してください。気まずいからといって直前まで言わずにいきなり辞めてしまうのは、社会人としてマナーがなっていない、と見なされる場合もあります。また、給与支払いの手続きがスムーズにいかないこともありますので、できるだけ辞める時期に余裕を持って、上司に報告するように心がけましょう。

法的には2週間前に言えば良いことにはなっていますが、相手も人間。感情をなるべく害さないようにするのは思いやりとして必要です。

シフトが入っている期間は、できるかぎり勤務しよう

家庭の事情や、体調が悪くなってしまった、などと緊急な理由でアルバイトを辞めなければいけない場合は、速やかに上司に相談しましょう。

しかし単に辞めたい、という理由であれば次のシフトまで勤務するのが社会人としてのマナーではあります。すでにシフトが決まっている状態ですから、いきなり辞めてしまうと、スタッフや会社に迷惑がかかってしまいますよね。

アルバイトを辞めたくなったら、まずは勤務先への配慮も考えて行動してください。ただし辞める報告はすぐにでも必要。『今回のシフトまでは勤務させて頂きます』などと付け加えて、辞める意思と理由を伝えましょう。

辞めることを伝えるのは同僚ではなく、シフト管理者や上司です。自分が辞めてもすぐに新しいスタッフが入り、バイト先の仕事が円滑に進むように、最低限の責任を持って勤務することが大切です。

いきなり辞めるのは、バイト先に迷惑がかかってしまうことを忘れずに

アルバイトを辞めるのは、どうしても言いずらい、という人も多いのではないでしょうか。さらにシフトが決定している期間でも、どうしても辞めなければいけない、緊急な理由が出てくるかもしれません。例えば家庭の事情や、引越し、家族や自分の病気などの理由が挙げられます。

そのような場合は、シフトが入っていてもすぐに上司に報告しましょう。『○◯の理由でどうしても、すぐにやめなければいけません。本当に申し訳ありません』などとはっきりと辞める理由を伝えましょう。よほど緊急にやめなければいけない、という理由がなければ、次のシフトが出るまでに辞めさせてもらえるよう、上司に辞める時期を相談することが大切です。

一般的には、シフトが入っている間はきちんとその分勤務してから辞めるのがベスト。バイトを辞めると決めたら、バイト先や現役スタッフにできるだけ迷惑がかからないように配慮しましょう。辞める場合は早めに、上司へ相談することをお勧めします。

バイトするなら知らないと損!必ず祝い金がもらえるサイト

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ