居酒屋のバイト、面接でよく聞かれることはこの3つ

居酒屋のバイト、面接でよく聞かれることはこの3つ

今回は、居酒屋バイトの面接の際、よく面接担当者に聞かれる質問、項目をまとめました。

  • 1.飲食店、居酒屋などで働いた経験について
  • 2.勤務可能な曜日、時間(時間帯)について
  • 3.そのお店を選んだ理由、接客に関するアピールポイントについて

飲食店で働いた経験の有無

居酒屋に限らず、どのような職種でも、同業種での経験の有無を聞かれることがほとんどです。

履歴書に記載を求められる場合もありますし、飲食店で働いたことがあれば、店名や何を担当していたか(ホールや調理スタッフなど)場合によっては辞めた理由も聞かれる場合があります。

経験者の場合、お給料が優遇されたり、いきなり重要な役割のポジションに置かれることもありますから、経験がある人はその旨を伝えておくと良いでしょう。未経験者でも、採用後大抵のお店は、1から業務内容を教えてくれますので、素直に経験がないことを伝えても大丈夫です。

また飲食店に限らず、過去に接客業全般の経験があるかも聞かれることがあります。居酒屋は接客も重要になりますから、接客をした経験があればそれも伝えると良いでしょう。

勤務可能な時間と曜日

スタッフをシフト制で回しているお店も多い居酒屋では、面接時に出勤可能な曜日や時間帯を聞かれることがあります。

各店でスタッフが足りない時間や曜日が異なるため、逆に先方から勤務して欲しい曜日や時間帯を希望される場合もありますから、ある程度の時間や日にちの融通が効く場合は、自分が出勤できる時間帯や曜日を予めきっちり把握してそれをすぐに伝えられるようにしておきましょう。

先方の要望に、「今はまだはっきり分かりません」と答えるよりも、すぐに勤務可能か返事ができることも好感度アップに繋がります。無理だとわかっていて勤務可能と言ってしまうのも、採用後、お店の迷惑になってしまいます。

学校や他の勤務先の都合などで、どうしても入れない時間帯も聞かれる可能性がありますから、可能、不可能なシフトがあれば面接時にきちんと伝えるようにしましょう。

そのお店を選んだ理由と接客業に携わるアピールポイント

なぜ居酒屋での勤務を選んだのか、その店を選んだのかを聞かれることがあります。応募動機と呼ばれている質問で、履歴書にも記載する欄があります。

それと同時に、接客業に対してどのようなアピールができるかも質問される場合がありますから、人と話すのが好きだったり、お客様をおもてなしする職業に就いてみたかった、お酒の種類を覚えたい、将来飲食店を経営したいなど、どんなことでも構いませんので、前向きな応募理由で、明るい自己アピールをすることが重要です、

以上3点はほとんどの居酒屋の面接で聞かれることが多いので、ポイントを押さえておくと良いでしょう。上記以外に、履歴書に記載する内容の確認やお給料の使いみちなども聞かれることがあります。

路線が整っていない場所では、交通手段も必要ですから、どの交通機関で勤務先へ出勤するのか。というのも質問の対象になります。居酒屋といっても、大手から個人経営までさまざまですから、聞かれる内容にはハキハキと明確に答えると、好印象を持ってくれます。

居酒屋のアルバイトを探す ≪お祝い金付き≫

マイベストジョブは、お祝い金がもらえる求人サイトです。アルバイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

このページのトップへ