バイト応募の電話に失敗したかも…挽回の方法は?

バイト応募の電話に失敗した人が面接で挽回するポイントはここ!

「どうしよう…。バイトに応募する電話で失敗した…」という経験はありませんか?緊張して上手く喋れなかったり、正しい言葉遣いができていなかったりという失敗はありがちです。電話の通話終了ボタンを押した後に思い返すと「しまった、もっとああ言えば良かった!!こうすれば良かった!」と後悔することもあるのではないでしょうか。

今回は、バイト応募の電話で失敗してしまったときに面接の場でうまく挽回する方法を解説します。

電話で失敗する人は以外と多い

アルバイト募集への応募は、いわば採用への第一歩です。しっかりとした受け答えができるに越したことはありませんが、もしうまくいかなくてもあまり深く気にする必要はないでしょう。

多くの店舗を展開しているお店や、チェーン店などでは電話を受けた人と、実際の採用担当者は違う場合が多いです。また、多くの応募者とやり取りしているケースもあるため電話対応についてそこまでチェックされていないケースも多いです。

小さなお店で少人数しか応募のないような企業だと、印象に残ってしまうかもしれませんが応募電話は緊張するものですのでそこまで気にする必要はないでしょう。

ネット上での意見でも、バイトに応募する際の電話での失敗談を語る方は数多くいます。つまり、多くの人が緊張などを理由に電話で何かしらの失敗をしたことがあるということです。

これは決して珍しい話ではないのです。採用担当者や電話の窓口の方は、応募者が緊張してしまっていることは考慮してくれているケースもありますので、一歩目で少しつまずいてしまっても、次のステップである面接で挽回することを考えましょう

挽回は面接で!会話・言葉遣いに問題ないことをわかってもらおう

電話での失敗を逆に採用へのチャンスとするためには、「電話がうまくできなかったことのお詫び」と、「会話ができる人間であることをわかってもらう」「正しい言葉遣いができることをわかってもらう」ということが重要です。

まず、書類選考をクリアして面接に行くことになったら、応募時の電話で上手く話せなかったことを一言お詫びしておきましょう。

面接を担当する人が電話を受けた人とは限りませんが、あまり対話が得意そうではなかった、という話が伝わっている場合もあります。あまりくどくどと詫びるのではなく「応募の際には緊張してしまってしっかりと話ができず、失礼いたしました」など、さらりとした言葉で謝罪するのが良いでしょう。「ああ、電話のときは緊張してたんだな」ということが伝われば大丈夫です。

そして、面接時には、お詫び以外に実際に大丈夫なところを見せて、マイナス印象を払拭しておきたいところです。堂々とした態度や落ち着いた声のトーン、相手の話にきちんと耳を傾ける姿勢などを心掛けるようにしましょう。

自分から話をするときには理路整然とした内容を意識して、的外れな会話にならないように注意してください。

そして、緊張ではなく、敬語などの言葉遣いがそもそもに苦手な人は特に、正しい敬語の使い方に注意してください。面接でしっかりと話ができれば「電話では緊張してしていただけなのか」という印象を与えることができ、マイナスイメージを挽回できるでしょう。横柄な言葉遣いはもちろんNGですが、固くなりすぎると上手く話せないことがありますので、相手のトーンに合わせて話をすれば良いでしょう。

面接の場でのマナーについてはこちらの完全ガイドで全て解説しています。参考にしてください。

採用の連絡が来たら今度こそ失敗しないように注意

面接も終わり、後は採用の合否を待つだけ。合否の電話が来たら、今度こそは電話でもしっかりと話せることを証明しましょう。

一度は面接で話をしているので、応募のときよりは気持ちにも余裕があるでしょう。採用してくれたことや面接に時間を割いてくれたことへのお礼、勤務時間や持ち物などをしっかりと確認した上で、アルバイトの初日を迎えましょう。

いかがでしたでしょうか?面接に応募する際には、どうしても緊張してしまうものです。しかし失敗したからといっても、挽回のチャンスが全くないわけではありません。面接の場などで、失敗を覆すような対応ができればミスを帳消しにすることができます。もしも最初の電話で至らない部分があったときには、次の面接の機会に頑張ってみてください。

必ずお祝い金がもらえる求人サイト知ってますか?

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ