求人応募後、選考状況を確認するときの好感をもたれる電話のマナー

求人に応募した後、自分の選考状況を確認するときの電話のかけ方について

面接をしたり、履歴書を送ったり、アルバイトに応募して、企業やお店から何の連絡もないと不安ですよね。そんな時には、自分から電話をして問い合わせをしてみるのもOK。求人情報に「電話による対応は受け付けていない」と記載がない限り、電話で問い合わせても問題はありません。準備からどのように電話すれば良いかをまとめました。

電話の準備として、求人情報と担当者連絡先を確認

応募の際に見ていた「求人情報」は、きちんと手元に残しておくのが大切。採用担当者や担当部署、連絡先などが分かるようにしておきます。電話をする際は、すぐにメモが取れるよう、ペンとノートの筆記用具の準備が大切ですね。

自分の名前を名乗り、担当者に代わってもらって状況確認を

「アルバイト募集へ応募しました○○と申します」と、まずは自分の名前を名乗ります。採用担当者に電話を代わってもらい、もし面接をしてもらった後ならば「先日はお時間をいただきまして、ありがとうございました」とお礼の言葉も添えるように。明るくハキハキと挨拶ができて、お礼もきちんと言えると好感度はグッと上がります。

挨拶の後は、「お忙しい中、申し訳ありません。アルバイトの応募ですが、選考状況を教えていただけないでしょうか?」と、ストレートに質問をしてもOK。また採用の合否がまだと返答された場合は、「承知しました。それでは、ご連絡をお待ちしております。お手数ですが、よろしくおねがいします」と、丁寧な話し方をするようにしましょう。

そのとき、「選考結果はいつ頃、わかりますでしょうか?」などと時期を確認するのも問題ありません。

『もしかして電話問い合わせをしたら、企業にとって失礼かな?』と気になる人もいるかもしれませんが、何日経っても採用の結果がないならば、待っている時間がもったいなくなります。もし採用されなかった場合は、次のアルバイト探しを進めたいですし、時には電話問い合わせは必要でしょう。

ただ、どんな時も“丁寧に話す”のを心掛けるのが大切。もし問い合わせをして採用でなかったとしても、きちんと「ご対応をしてくださいまして、ありがとうございました」と言ってから電話を切るように。何も言わずにガチャンと一方的に電話を切ってしまうのは、マナー違反ですよ。

電話問い合わせの基本マナー

応募先に電話問い合わせをして留守電だった場合でも、メッセージは残すようにしましょう。「アルバイト応募しました○○と申します。また改めて、こちらから電話させていただきます」とメッセージを残しておきましょう。

くれぐれも、「折り返しお電話してください」なんてアルバイト先に留守電メッセージを残してはいけません。こちらが相手に用事があるのに、相手に手間をかけさせることになり、失礼にあたります。

なお電話問い合わせのタイミングですが、採否の選考結果は面接や書類送付後から3日~10日程度が目安。ただし、企業により異なりますので、面接の際に確認するほうがベターです。また、書類選考の結果は大体応募してから1~3日以内が目安です。

電話をかける時間は、朝の9時前後や昼休み時間は避けるのが無難。出勤してすぐの時間帯や、昼休憩時は電話をしないのがビジネスマナーとしては基本です。電話問い合わせをするなら、「午前は10時~11時半、午後は1時半~4時」くらいが狙いドキ。
午前11時くらいまでなら、「おはようございます」と元気よく挨拶するのがオススメです。

バイトするなら知らないと損!必ず祝い金がもらえるサイト

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ