主婦がバイト掛け持ちするならシフトと休みやすさで選ぼう

主婦がバイト掛け持ちするならシフトと休みやすさで選ぼう

健康第一を考えたシフト調整が大切

家事や育児など、主婦は普段の生活も大変です。バイトを1つするだけでも時間の調整で、大変な人も多いかもしれません。

そんな中、バイトを掛け持ちする場合は、生活に無理のない、シフト調整が大切になってきます。

バイトを掛け持ちすることで、睡眠時間を削ってしまうと、家事などをするときに、疲労を感じてしまいますし、シフトの調整をきちんとしないまま続けていれば、体を壊しかねません。

十分な睡眠時間と、家事や育児になるべく負担のかからない程度にうまくシフト調整をしながら、掛け持ちのバイトをすることがおすすめ。

例えば子供を学校に送り出してから、8時から17時までのバイトが可能だとしましょう。8時から9時までは家事、9時から13時の間にファミレスにバイトをして、1時間休憩をし14時から17時までは飲食店でのバイトをすれば、何とか支障が無い時間です。

ハードにはなりますが、掛け持ちができない事はありません。

しかしここで1つ注意点があります。これを毎日続けると体を壊したり家事を満足にできないというリスクが、発生してしまう場合があるのです。

1日に2カ所の掛け持ちをするのは週1~2に抑えておくほうが良いでしょう。他の日は1日ごとにバイト先を交代しながら、上手にシフトを入れていけば、無理なく働きやすいでしょう。

1日に2箇所以上で働くと休む連絡が大変

主婦は子供の急な病気や、学校行事などで休みも必要になります。

子どもが小さいと特に、急な休みが増えてしまうのが、主婦の悩みです。周りのスタッフには理解しづらいため、バイトを休みにくい、と思っている主婦も、多いのではないでしょうか。だからといって、病気の子供を放置していたり学校行事に参加しない、ということもできませんよね。

主婦が掛け持ちのバイトをするときは、それぞれのバイト先に対して、小さい子どもがいます、PTAの役員なので学校行事のときは休みをもらいたいです、など事前にはっきりと休日が必要なことを伝えておくのがポイントです。

急な休みはバイト先にとっても迷惑かかってしまいますから、1日に2箇所以上の場所で働くのは、できる限りしない方が無難です。

子どもが小さいうちは、週2のバイトを2件、など自分の生活スタイルに合ったシフト調整が重要です。

自分のペースで仕事がしやすい在宅ワークもおすすめ

バイトには店舗やオフィスで働く以外にも、データ入力などの在宅ワークが存在します。

在宅ワークは自分の空いた時間を使いますから、子どもの急な病気や、忙しい時でも時間給ではないので、都合がつけやすいというメリットがあります。

データ入力はパソコンを持っていればバイト可能な場合が多く、家事の合間に仕事をすることができるでしょう。

また時給ではなく件数で給与が換算されますから、家にいても忙しい主婦には、効率の良いバイト、と言っていいでしょう。

睡眠時間以外は、何かと忙しい主婦。ショップなどでバイトをする他に、在宅ワークの掛け持ちする、ということもおすすめですよ。

主婦のバイト面接に向かう服装を詳しく解説しています。掛け持ち候補を選んで応募したら、こちらも読んであらかじめ準備しておくとばっちりです。

↓マイベストジョブは必ずお祝い金がもらえます↓

副業・WワークOKのアルバイトを探す ≪お祝い金付き≫

都道府県を選択してください。
副業・WワークOKの求人を検索できます。

全国の副業・WワークOKから探す

マイベストジョブは、お祝い金がもらえる求人サイトです。アルバイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

このページのトップへ