主婦のバイト面接時の服装はシンプルさと清潔さを意識する

主婦のバイト面接時の服装はシンプルさと清潔さを意識する

派手なメイクや、奇抜な服装は避けること

主婦のバイトの面接は、どんな服装で行けばいいのか悩んでしまいますよね。

普段は育児や家事などで部屋着のようなものを着用していたとしても、面接にカジュアルすぎる服装はNG。だからといって奇抜な服装や派手なメイクは逆効果です。奇抜な服装とは、個性的なデザインがあるカラフルな服など、独特な強い印象を与えてしまう服装を指します。派手なメイクといえば、マスカラやアイシャドウを濃いめにしていたり、チークを色鮮やかにしすぎていることでしょう。

メイクはあくまでシンプルに、服装も柄が多く色鮮やかのものではなく、清潔感のある白やアイボリーなどを基調としたカラーを選ぶのがオススメ。大切なのは、いかに清潔感を出すかです。

そうは言ってもアパレルの販売スタッフなど、センスを重要視される業務内容の面接であれば、主婦に見えないような服装も悪いわけではありません。面接時の服装は業務内容によっても変わる、といっていいでしょう。

しかしアパレルの販売員でも奇抜なデザインを取り扱っているのお店の面接であれば別ですが、露出度の高い服装は避けましょう。シンプルで清潔感のある服装を心がけると、無難です。

アクセサリーは控えめにして、髪の色は暗めがベター

せっかく服装で清潔感を出しているのに、髪がボサボサだったり金髪に近いような色であれば、好印象はもたれないでしょう。また、派手なピアスやイヤリングなどのアクセサリーも取り外すほうが安全です。

髪が長い人はきちんとまとめ、バレッタなどもシンプルなものを選ぶと良いでしょう。髪の色も暗めにして、清潔感を重視した髪型を心がけてください。

前髪を垂らし過ぎて、顔がよく見えないような髪型もNG。主婦ですから清潔感があって当然と思われていることも多いので、基本的に清楚でシンプルな身だしなみを心がけることがポイントです。

イメージは「ナチュラルだけど、きれいな主婦」

面接時の服装で、シンプルにまとめたほうがいいといわれても、いまいちイメージがわかない人には「ナチュラルだけど、きれいな主婦」をイメージして服装を選んでみるのがおすすめ。

授業参観など学校行事に行くときに着て行くような服装を、意識してみてもいいかもしれません。

シンプルな服装の具体的な例は、白シャツにベージュかグレーの無地のパンツ、髪をきちんと1つにまとめ、シンプルなメイクをしてアクセサリーはつけないといった感じです。

また飲食店など食品を扱うお店はとくに、衛生面に気をつけなければいけません。指先のネイルはジェルなどをせずに、少し光沢がある程度に抑えましょう。服についたほこりや靴の汚れなども、意外と目立ちます。清潔感を出しながらシンプルな服装を心がけるようにしましょう。

↓マイベストジョブは必ずお祝い金がもらえます↓

バイトするなら知らないと損!必ず祝い金がもらえるサイト

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ