バイト面接に落ちる理由の定番4パターン

バイト面接に落ちる理由を知って事前の対策を

確実に落ちる理由は様々

アルバイトの面接に応募して、面接後に不採用になってしまう理由は色々ありますが、大き4つのパターンがあります。

  • 職場、お店の雰囲気に合わない
  • コミュニケーションを取るのが難しい
  • スキル・能力不足
  • 勤務時間の折り合いがつかない

それぞれについて、詳しく解説します。

職場、お店の雰囲気に合わない

もっともよくある理由がこちら。

面接時の服装が派手だったり、きちんとした態度をとっていないなど、応募先のお店や職場の雰囲気、文化に合っていないと感じられてしまうと落ちる場合が多いです。店長や責任者は、あなた自身がその仕事をできる・できないということもそうですが、あなたを採用することによって他のスタッフにどういう影響があるかを考えているのです。

もし、雰囲気に合わない人を採用してしまうと、職場で浮いてしまいますし、それまでにいたスタッフもなんとなくやりにくくなってしまいます。

そういった空気を感じさせてしまうと、不採用になってしまうことが多いでしょう。真面目できちんとした真摯な態度で面接に臨むのは当然ですが、それでも合わないということであれば、縁が無かったということですっぱり諦めて、他のアルバイトを探して応募するほうが良いでしょう。

コミュニケーションを取るのが難しい

本人はいたって真面目なつもりでも、質問に対して回答がかみ合っていなかったり、とんちんかんな答えをしてしまうと、「ちゃんと人の話を理解できるのかな」「周囲のメンバーとちゃんと仕事できるのかな」と思われてしまいます。忙しい職場では短い連絡で多くの情報を伝えることもありますから、スピーディーで確実なコミュニケーション能力が求められます。

ただ、単に緊張してとんちんかんな答えをしてしまっているだけなら、相手にもそれは伝わりますし、最初に「緊張しているので、変な答えになってしまっていたらすみません。」などと言っておけば問題ないでしょう。

相手の質問や話の流れをきちんと把握しているか、それに対してちゃんと話をしようとしているか、というところが見られているわけです。

スキル・能力不足

これは経験者、未経験者に問わず、不採用の理由としてあるものです。

未経験者歓迎の場合、その職種自体のスキルは必要ではありません。しかし、その仕事を進めるにあたって最低限必要なマナーであったり一般常識、コミュニケーション能力が不足していると判断されると、不採用になるケースがあります。

経験者の場合、求められている経験、知識が足りていなかったら、能力不足で不採用になるということがあります。一般的に経験者の方が最初から時給が少し高く設定されていたり、ポジションが違ったりするので詳しく質問されますし、そこで判断されている可能性が高いでしょう。

勤務時間の折り合いがつかない

職場にはなじめそう、コミュニケーションも大丈夫、スキルも問題なし。という人でも不採用になる場合があります。それが「勤務時間の折り合いがつかない」という状況です。

求人情報は基本的に求める勤務条件を記載しており、「週3日 1日5時間~」などと記載がある場合が多いです。

その条件に当てはまる人が応募をするわけですが、中には都合がつくかどうかギリギリ、できればもう少し柔軟に働きたい、という人も応募しています。

そういったときには採用担当者との相談になりますが、企業側の希望する条件と、応募者側が可能な勤務時間がどうしてもマッチしないケースがあります。そうした場合には、お互い残念なことになってしまいますが、不採用という結論に至る場合が多いでしょう。

面接には、やはり定番の質問と答えをおさえておくのが鉄則です。

必ずお祝い金がもらえる求人サイト知ってますか?

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ