バイトの面接をスムーズに断るテクニック

バイトの面接をスムーズに断るテクニック

黙ってばっくれるのはNG

応募先の担当者も書類選考や連絡等、応募者のために時間を割いています。当日に無断でキャンセル、ばっくれてしまうのはマナーとして大変失礼です。

どうせこの先もう会わないし…などと思っても、将来どういう接点が出てくるかもわかりませんから、最低限、何らかの手段で辞退の連絡をすることが必要です。

辞退したい場合はできるだけ早めに連絡を

色々な事情、例えば、複数のバイト先に応募していて、他に条件に合うバイト先が見つかった、などという理由でバイトの面接を断りたいときもあるでしょう。

そのとき、応募先の対応がとても親切だったりした場合は、断りにくい場合もあります。

応募先も仕事として採用活動を行っているので、せっかく快く対応してくれたのに申し訳ないからといって、断るのを延ばすのは良いことではありません。

面接を断る場合は、どんなに言いづらくても、すぐに辞退の連絡をするように心がけましょう。

どうしても直前で断りたくなってしまった場合、せめて前日には、きちんと断りの連絡を入れておくようにしましょう。

当日に断る場合は、体調不良や急用などの理由がほとんどですが、その際も、せめて面接の予定時間1時間前までに、連絡を入れましょう。

原則は直接会うもしくは電話連絡

バイトの面接を辞退する際に、話しづらいのでできればメールで断りたい、ということもあるでしょう。

相手のメールアドレスがわかっていればメールを送ることは可能ですが、可能であれば直接応募先に出向く、それが難しければ電話が良いでしょう。

とはいえ、相手が忙しくて対応できない状況だったり、夜遅くかけるのは失礼なので、電話かメールかについては、状況に応じて使い分けましょう。

電話をかけたが不在の場合などでやむを得ずメールで連絡する場合でも、自分の名前、連絡先を忘れずにきちんと記載して、相手からのリアクションがとれる状態にもしておきましょう。どんな理由でも、できるかぎり誠意を伝えることが大切です。

直接出向いてお詫びをするのが一番良い方法ですが、時間の都合などでなかなか出来ない場合、メールの後で電話をかけるようにすれば気持ちが伝わりやすくなります。

どのような方法であれ、バイトの面接を断りたいと思ったら、できるかぎり早めに連絡して、キャンセルしたいことと、手間を取らせたお詫びを伝えることが大切です。

辞退したい理由は言ったほうが良い

辞退の連絡をするときに、理由を言わなければならないという決まりはありません。ただ、相手にとってはなぜ辞退するのかがわかれば、対応策を考えることもできるので、なるべく伝えるほうが良いでしょう。

「考えたけど自信がないから辞退したい」というような理由で辞退する人がいるようですが、そんな場合には、職場見学を進める企業もあるようですので、言いにくい理由でなければ伝えてみるのもおすすめです。

逆に、本当に言い出しにくい事情の場合は「諸事情により」という言い方でも問題ありません。

理由は人それぞれ色々なものがありますが、複数応募している場合や、家の事情、学校の事情などがよくある理由です。

・複数応募している場合
「他社で先に採用が決まり、よく考えましたが面接を辞退させていただきたいと思います。急な事情で誠に申し訳ございません。」

・家の事情
「家庭の事情で、バイトをすることができなくなりました。応募しておきながら誠に申し訳ありませんが、今回の面接は辞退させていただきたいと思います。」

・学校の事情
「大学の授業が増えて、勤務できる日数、時間が予定よりかなり少なくなってしまうことがわかったので、申し訳ありませんが辞退させていただければと思います。」

いずれの場合でも、連絡する時には「こちらから応募しているのに大変申し訳ございません」などと、お詫びも忘れずに伝えるようにすると良いでしょう。

バイトするなら知らないと損!必ず祝い金がもらえるサイト

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ