バイトの面接では採用されやすい髪型がある

バイトの面接では採用されやすい髪型がある

男女ともに髪の清潔感が大切

バイトの面接では服装と同じく、髪型も重要。清潔感のあるシンプルな髪型や髪の色で面接を受けましょう。

とくに女性は茶髪でボサボサで不衛生にみられても仕方ない、というような品のない髪型は、避けた方が無難。飲食店など食品を扱う応募先ならば、不衛生な髪型と思われたら、まず採用されることはないでしょう。

アパレルなどのセンスが必要な職種をのぞき、面接では、おしゃれよりも清潔感を意識した髪型がおすすめ。髪が短い場合は暗めの色のボブ、髪が長い場合は暗めの色で、しっかり後ろで結ぶ、など面接官に好印象をもたれるような、シンプルな髪型を心がけるといいでしょう。

男性も清潔感を意識した髪型で面接に行くのがベスト。顔が見えないような、長い前髪や、明る過ぎる髪色はNGです。暗めの髪色は苦手、と感じる人もいるかもしれませんが、食品を扱うお店はとくに、スタッフの衛生的な部分を重視するところがほとんどです。

茶髪だと不衛生、というわけではありませんが、できるかぎりシンプルで接客に適しているような髪型を心がけると間違いがないでしょう。

飲食店や食品を扱うお店は、ロングヘアのだらしない髪型はNG

どんなに暗めの髪色でも、長い髪を結ばなかったり、二つに結んで胸あたりまで髪がある、という人は注意が必要。

とりあえず結べばいいということではありません。飲食店のバイトで例えると、胸あたりまである髪を二つに結んだとしても、料理に髪の毛が入ってしまうことも考えられますよね。

面接では料理を運ぶことをしないとしても、今すぐに働いても大丈夫、というようなイメージで、清潔感のある髪型を心がけるといいでしょう。

またロングヘアを結ばずに、巻き髪などをするのも避けたほうが確実。食品を扱うお店は清潔で衛生的な服装や髪型が、好印象を持たれます。おしゃれでエレガントな髪型はとても素敵なのですが、面接は、なるべくシンプルな髪型でいくほうがおすすめです。

高校生も社会人と同じくシンプルな髪型を

お店にもよりますが、高校生が明るすぎる髪型や、パーマなど、あきらかに校則違反の髪型だろう、と思われてしまうと採用されにくい場合があります。

面接で髪型や服装を奇抜にして派手に目立ってしまうのは、逆効果です。気持ちのいい挨拶をして、笑顔で面接を受けることが大切。

髪型や服装はシンプルにして自分らしくハキハキと質問に答えるだけで、いい印象になりますよ。

社会人と同じで高校生も、面接では校則で決められた髪型で、きちんと受けることを心がけるといいでしょう。

男性の場合も茶髪や金髪など明るく個性的な髪型を意識せず、清潔感のある髪型で、面接を受けてみましょう。しかしアパレルや美容室など、職種によっては個性的なほうがいい、という場合もありますから、応募する職種はどんな髪型だと問題がないのか、を考えて面接にいくことが大切です。

こちらも:バイト応募の履歴書に貼る写真の服装、髪型のルール
履歴書の髪型と全然違うとびっくりされてしまうので、注意しましょう。

必ずお祝い金がもらえる求人サイト知ってますか?

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ