バイトの面接にかかる時間は平均30分程度

バイトの面接にかかる時間は平均30分程度

バイト先によるが平均は30分前後

バイトの面接にかかる時間は、一般的には30分前後くらいとされています。

しかし、早い時は10分、長くて1時間ほどかかることもあります。

面接の流れとしては、5~10分前に面接場所に到着し、担当者と面談する部屋へ通されたら、そこで履歴書を見てもらったり、志望動機などを聞かれたりします。

バイトの面談ですから、基本的にはこれまでにどんなバイトをしてきたか、などの仕事上の経験を聞かれたり、採用された場合にどのくらいのペースで働けるか、徒歩で通うか、バスや地下鉄などの公共機関を使うかなどの交通手段を確認するなど、バイトに関することが話題です。

30分以上かかることはあまりないのですが、たくさんの人数に対して一度に説明会や登録を同時におこなうような時は、もっと余裕をみておいた方がいいかもしれません。

大勢を一斉に面接する場合は時間は長め

面接にはさまざまな形態があります。普通は店舗へ行き、店長や採用担当者などのひとり~数名を相手に、こちらは一人、という状況ですが、応募者多数のバイトや登録方式などの場合は、1対1の面接よりも長くかかることが多いようです。

特にショッピングモールなどの大型店舗の新規オープンでは、たくさんの店が同時にオープンスタッフを募集するため、応募者を一度に集めて説明会と合同(集団)面接をおこなう場合があります。合同面接は、1対1はなく、応募者数人が一度に面接を受けるもので、ひとつの質問に数人が順番に答えるという形式です。

数十人から百人など大勢が集まっている場合は、数人ずつの面談でも順番が回ってくるまで時間がかかりますから、個人で面接を受ける時よりも時間にしっかり余裕をみておくのがベターです。

面接の後には、絶対に時間に遅れてはいけない用事などは入れないようにしておくのがおすすめです。

しかし、どうしてもその後に予定が入ってしまっているのであれば「面接のお時間をいただいてありがとうございます。こちらの都合で大変申し訳ないのですが、この後どうしても〜の用事があって〜時にここを出なければいけませんので、すみませんがご配慮いただけたら助かります」などと、相手も忙しいのに時間を割いてくれたことに感謝の気持ちと、こちらの都合で時間に限りがあることのお詫びとお願いを、面接の始めに伝えておくといいでしょう。

話が弾んだ長時間の面接は採用率が高い

これまでの経験や、採用されたらその職場でどんな風に働きたいか、どうやって通うのかを話したり、また仕事の詳しい内容や、担当してもらいたいこと、時給や待遇についてなど応募先から説明される面接。

しかし時には、履歴書に書いてある趣味や資格などに興味を示して、担当者が一見バイトとは関係ないようなことを聞いてくることもあります。例えば趣味の欄に音楽鑑賞と書いていて、担当者も音楽が好きだったら、「どんなジャンルを聞くんですか?」などと聞いてくることも。

あまりにプライベートなことで、答えたくない質問であれば無理に答える必要はありませんが、もし話してもよい内容なら、きちんと答えるといいでしょう。バイトとは関係なさそうなんだけどな、と思うかもしれませんが、そうした個人的な部分を知ることで、「この人はうちの職場の雰囲気に合いそうか」と判断の材料にしている可能性もあります。

もし担当者と趣味があったりすれば、お互いに話が弾んで気がつけば1時間経っていた、ということもあります。面接官も面接時間を無駄に使いたくはないので、反応も良かった面接であれば、採用される可能性も高いでしょう。

バイトするなら知らないと損!必ず祝い金がもらえるサイト

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ