バイト面接の時間は何分前についたらいい?早いのはどう?

バイト面接の時間は何分前についたらいい?早いのはどう?

面接地に到着するのは、開始の10~15分前がおすすめ

会場へのベストの到着時間は、面接時間の10~15分前。

「面接会場が見つからない」「電車の遅延」など急なトラブルも考えて、10~15分前に着くように予定を立て、余った時間は、最寄りの駅やコンビニ、会社のロビーなどのトイレで身だしなみを整えたり、履歴書など持ち物を確認のために使い、リラックスする時間にあてましょう。

面接会場が遠かったり、初めて訪れる場所ならもう少し早く行ってもいいかもしれません。

近くのカフェへ行き、面接シミュレーションなどに時間を使って時間を調整しましょう。ぎりぎりに到着してあわてるより、直前に復習や確認もできるので、納得のいく面接ができるはずです。

早めについてしまったら最終チェックを念入りに

遅刻をしないように、念のために早く家を出るのは大変良いことですが、面接時間の30分前など早く着き過ぎるのもマナー違反です。

あまりに早く着きすぎても、応募先の担当者が別の用事をしていたり、まだ到着していない場合もありますから、お互いが困ってしまうことになります。もしかなり早めについてしまったら、近所にカフェなどがあればそこに入って持ち物チェックやスケジュールの確認、履歴書に書いた自己PRや志望動機を読み返したりして、じっくり頭に入れておくようにしましょう。

早く着きすぎても、気分はなかなか落ち着かないものです。ゆとりを持って移動するのは大切ですが、かえって緊張してしまうこともあるので、やはり10分~15分くらい前に着くのが良いタイミングでしょう。

万が一、遅刻しそうな時には、すぐに電話をして指示を仰ぐ

面接には遅刻は厳禁ですが、遅れそうなのが分かった時点ですぐに面接先へ電話を入れましょう。

「お忙しいところすみません。本日の16時から面接をお願いしている○○です。」と名乗って、まずは「申し訳ございません」とお詫びを言ってから、「電車が遅延して15分ほど遅れそうです」「授業が伸びてしまい、到着するのがギリギリか少し遅れそうです」と、遅刻の理由と、あとどれくらいで到着しそうか伝えて指示をあおぎましょう。

応募先の規定や担当者の判断により「では、15分遅れで開始します」や「日を改めて調整しましょう」「今回は面接のご縁が無かったということで、すみませんが選考はできません」などの対応が伝えられます。

担当者が面接中の場合は、電話に出た人に遅れる理由と到着時間、会場に向かっていることの伝言を残して、急いで会場までたどり着きましょう。たとえ10分ほどの遅刻だったとしても、面接官のスケジュールが詰まっていて対応できないこともあります。別の日時に変更になったり、最悪、面接の話はなしになるかもしれません。

面接は無理のない日時を希望し、面接当日は余裕をもって会場へ向かうようにしましょう。

こちらも:面接に遅刻しそうなときの電話の方法
遅刻は厳禁ですが、確定してしまったらそこから少しでも挽回する方法を考えなければいけません。

バイトするなら知らないと損!必ず祝い金がもらえるサイト

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ