飲食店のバイト面接は清潔感と元気の良さが基準!

飲食店のバイト面接は清潔感と元気の良さが基準!

最近の飲食店の求人は、人手不足になりがちな業界ということもあって、採用されるためのハードルは以前より下がってきている傾向にあります。カフェ、居酒屋などの飲食業界の面接でうまくいくための重要なポイントを解説します。

服装はシンプルなもので臨む

居酒屋などカジュアルな飲食店の場合、普段着やジーパンOK、というお店もあります。しかし面接ではなく採用後の服装のことですから、面接はできるかぎりシンプルでキレイめな服装で行きましょう。

普段着でも良いのですが、派手なデザインのもの、ダメージ仕様のジーパン、だらしなくみえるダボダボした服装は絶対に避けましょう。シンプルな白、水色系のシャツにジャケットだと無難です。

高校生の場合は制服で問題ありませんが、学校や保護者にバイト自体を禁止されている場合は、後々、お店側にも迷惑がかかってしまうおそれがあります。きちんと承諾、許可をもらってから応募するように心がけましょう。

着て行く服にどうしても迷う場合には、リクルートスーツもおすすめです。絶対にスーツでないといけない、というわけではありませんが、カジュアルな飲食店のバイトでも、スーツでマイナスになることはないでしょう。

清潔感のある髪型で、小物は最小限に

お客様との接点が多い飲食店では、服装だけでなく髪型や小物など、身だしなみ全体にも注意が必要。

ぼさぼさの髪や、明るすぎる髪色はNG。飲食店は食品を提供するお店ですから、衛生面には特に気をつけましょう。服にほこりがついていたり、汚れが付いているのも、清潔感がないと思われてしまいます。

女性で髪が長い場合は、一つにまとめましょう。飲食店のバイトの服装は、清潔感を出すように心がけることが重要です。ネイルも派手なものは避けて、透明感のある短めの爪がベスト。

靴が汚れていると、自分では気づかなくても目立ちます。足元にも気を使うと印象もアップしますよ。

そして、ピアスやネックレスなどアクセサリー類はつけないほうが無難。制服で面接を受ける場合は、着くずさないように心がけましょう。

また飲食店のバイトには、派手なメイクも必要ありません。臭いの強い香水なども、業務の内容には不向きです。

食品を扱う仕事ですから面接時から清潔感をアピールするのがポイントです。

ここまでのところでうまくいけば、見た目の部分でマイナス評価を受けることはまずないでしょう。

背筋を伸ばして元気に受け答えする

面接時の態度としては、姿勢を良くして元気に受け答えすることが大事です。話し方や話すときの姿勢、態度で人間の印象はものすごく大きく変わります。

椅子に座ったら背筋は伸ばして、普段より大きめの声で、明るく元気に相手の質問に答えましょう。最初に「本日はよろしくお願いします!」と元気な挨拶をしてスタートできれば、その後も勢いが続いてうまく面接を進めることができるでしょう。

経験の有無よりもやる気のアピ―ルをしよう

飲食店のバイトは調理、清掃のほかに接客がメインのところがほとんどです。

飲食店に限ったことではないのですが「接客の経験はありますか」などと、経験について聞かれることがあります。また志望動機も採用に重要なポイントとなります。

「家が近かったから」
「時給が高いから」
というだけの、あまりに自分本位な志望動機は避けたほうが無難。

「接客が好きなので応募しました」
「人と話すことが好きです」
「料理やお酒を作ることに興味があり、もっと覚えたいと思いました」
というような、飲食店に結びつく志望動機を伝えましょう。

飲食店のバイトは接客業がほとんどです。接客の経験がある場合は、経験があることを伝えましょう。

とはいっても経験がないからといって、採用されないということではありません。

接客の経験がなくても
「人と話すことが好きなので、仕事をしながら接客を覚えたいと思いました。」
などとやる気を持って前向きな姿勢を見せることが大切です。

学生の定番バイトの一つ、居酒屋。飲食店でも募集が多いので、面接時に聞かれることも把握しておくとより採用につながりやすいでしょう。

必ずお祝い金がもらえる求人サイト知ってますか?

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ