理容・美容業界大手「プラージュ」は稼げる?求人の手取りや待遇を調査!

パートを辞めたいと言えない人の退職方法は?退職理由と言うタイミング

パートを辞めたいと言えない人の退職方法は?退職理由と言うタイミング

今のパートを辞めたいけれど、なかなか言えない…今回は辞めたいと言えないパート主婦向けの退職理由と、退職を伝えるタイミングについてご紹介します。本当はもう辞めたいのに辞められなくて悩んでいる、困っている方はぜひ参考にしてください。

我慢して働くとより辛くなるので早めに辞めたいことを伝える

パートを辞めたいけど言えないという場合、例えば上司が怖い、職場の雰囲気的に言いにくい、辞めると同僚に迷惑がかかってしまうのではないか等、色々な原因、背景があります。しかし、言いにくいからといって言わずにそのまま我慢しているとストレスがたまるばかりか、体調不良、精神の不調に至ってしまう可能性もゼロではありませんので、辞めることを伝えるのがやはり大切です

過度な我慢をして休みがちになってしまったり、かえって周囲にも迷惑をかけてしまうかもしれません。また、思い切って言ってしまったら案外あっさりと辞められる可能性も十分あります。

正社員ほどの責任を与えられていない代わりに給与も正社員より低く設定されており、採用ハードルも低いのがパート、アルバイトですから辞めても何とかなるものだと考えるほうが精神衛生上も良いでしょう。

パート先に納得してもらえやすい退職理由例

パートを辞めたいと言えない人は様々な事情で言いにくくなっています。嘘や取り繕った理由を言う必要はありませんが、理由によっては引き留められる場合もあり、すぐに辞められなくなったりするということがありますので早く辞めるにはパート先に納得てもらえやすい理由をきちんと伝えることが重要です。

以下、家庭の事情や仕事に向いていないこと、体調不良を退職理由として伝える場合の例を紹介します。嘘を言う必要はありませんし、取り繕った理由だとぼろが出て気まずくなることもありえますので伝える際には注意しましょう。

家庭の事情を退職理由にする

事情があって辞めにくいと言いにくい場合は「その理由なら退職も仕方がない」と相手が納得しやすい理由を伝えることで言いやすくなる場合があります。家庭の事情は自分ではどうにもならないこともあるので、全くの嘘を言う必要はありませんが、言い方ひとつで円満退社になったりトラブルになったりもします。

家庭の事情を退職理由にする場合の例

  • パートを続けた結果、疲れて家事がおそろかになり家族に反対されている
  • 同居しているは義母の具合が悪く、通院の付き添いや介護が必要になってしまった
  • 夫の異動に伴い生活サイクルが変わり、シフトに入ることが難しくなった
  • 子供が塾通いを始めるので送り迎えをしいなければならなくなった

「時間的にパートとして働くのが難しい」「自分個人としてはどうしようもない」ということを伝えることがポイントです。時間がなければ働くことはできませんから、納得してもらえやすい理由だと言えるでしょう。

今の仕事に不向き・難しく感じているということを退職理由にする

なかなか仕事に慣れない、自分に合っていない(ストレスを感じる)、難しいということを理由にすると、実際にその通りだと相手も思っていれば納得してもらえやすいでしょう。

今の仕事が不向き・難しいということを退職理由にする場合の例

  • 聞いて想像していた仕事内容と違いなかなか慣れず自分に向いていないと感じた
  • 仕事が思った以上に難しく自分には荷が重く続けることが辛い
  • 仕事に慣れることができず自身の能力が追いつかないので他の仕事を探すことに決めた

もう少し様子を見てみようといった説得を受けた場合は、自分なりにそう思ってやってきたが、これ以上継続することが辛い、厳しいということを伝えると良いでしょう。

体調不良を退職理由にする

体調が悪いと言ってるのに無理に来てもらうというのはできませんから、自分の体調不良も仕方のない事情、理由だと言えます。あるいは、子供が欲しいので妊活を始めるという理由も引き止めにくい理由になります。

理由の例を以下に記載します。

体調不良を退職理由にする場合の例

  • ここしばらく体調が思わしくなく病院通いが続いているので療養したい
  • 腰痛がひどくデスクワークを続けるのが辛いので退職したい

無理して働くとさらに体調が悪化してしまう懸念もあるということも、併せて伝えるという方法もあります。

ただし体調不良に関しては普段の出勤状況や職場の様子も見られているので、いつもは元気な人なのに…という印象を持たれると嘘っぽくなってしまい、整合性が取れなくなってしまいます。

また「妊活」は「体調不良」にはあたりませんが、子どもが欲しいと思っていて妊活のため退職したいというのも、相手に納得してもらえやすい理由だと言えるでしょう。

理由についてはこちらの記事も参考にしてみてください。

なお、辞めたいということを言いにくい事情は様々考えられますが、基本の方法は人事権のある上司・担当者に退職したいということを口頭で伝えて同意を得ることです。嘘をつく必要はありませんが、本音を言いすぎて後々わだかまりが残ることのないように気を付けましょう。

伝える時期はできれば退職予定の1~2か月前がおすすめ

パートを円満に辞めたい場合には、同僚や上司になるべく迷惑をかけない時期を選んで伝えるのもポイントです。退職する場合に伝える時期についてはパート先で特に決まりがない場合には、遅くとも法律で定められている2週間前、できれば1ヶ月前もしくは余裕があれば2か月前くらいに伝えるのが良いでしょう。

1,2か月くらいの期間があれば引継ぎや後任を探すにあたっても余裕をもって対応しやすくなりますので、早めに言えばその分円満退社しやすくなると言えます。

なお、退職の意思を伝えてから辞めるまでの期間は会社によっては就業規則で決まっている場合もあるので、決まりがあればそれを優先しましょう。

「退職届」を送って一方的に辞めるのは極力避ける

法律的な観点では「退職届」を書いてパート先に送ることで直接辞めることを言えなくても退職することが可能ですが、一方的に送りつけて辞めるのは極力避けて、なるべく直接上司や責任者に会って口頭で辞めることを伝えることが退職時のマナーです。

「退職届」は退職の意思を伝える書類で、法的には一度提出をすると会社側は拒否することができません(自分も撤回をすることができなくなります)。なかなか辞めさせてもらえない場合には退職届を退職日の2週間前までに人事権のある責任者・直属の上司へ提出することで、会社が認める、認めないに関係なく法律上は退職が可能です。

しかし、勤め先がブラックパートで心身の健康を害されているような状況であればそういった方法もやむを得ないと言えますが、通常の退職の場合はやはり直接会って話をするのが退職のマナーです。

また、退職届を送ってからも、辞めるにあたっての手続きのためにその後も会社と連絡を取る必要がある場合もあります。例えば辞めるまでに働いていた分の給料の受け取りや貸与されている物の返却、会社に置いている私物を取りに行くなどがありえます。

職場の人間関係を改善するには?

職場の人間関係が原因で辞めたいと思っているような場合、改善すれば辞めたくなる理由がなくなります。こちらの記事も参考にしてください。
主婦歓迎の求人であれば主婦のパート雇用が多い職場であれば、先輩のパート主婦にに相談に乗ってもらいやすいところもあるでしょう。

↓マイベストジョブはどの求人でも必ずお祝い金がもらえます↓

パートするなら知らないと損!必ず祝い金がもらえるサイト

応募しようと考えているお仕事があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、パートに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐパート求人を探す

    TOPに戻る