りらくるは稼げるのか?セラピストの研修内容と評判を徹底調査!

パート面接の自己紹介で「好印象をもってもらう」ための方法

パート面接の自己紹介で「好印象をもってもらう」ための方法

パートの面接でも、採用担当者に好印象をもたれるような話し方や態度、内容が重要になりますから、落ち着いて自己紹介をしましょう。

質問や会話を重ねるうちに「この人と一緒に働きたい」と思う方を採用するのです。

笑顔・丁寧な言葉遣いが好印象を与える

面接では第一印象がとても重要になります。落ち着いた態度で笑顔を心がけて話すことが基本です。

名前を名乗って挨拶をして着席となりますが、質問を受けたら、まず、採用担当者の目を見ながらハキハキと丁寧な言葉づかいで答えることが大事です。

好印象をもってもらう自己紹介のポイント

自己紹介の基本となる進め方の順番は、「始めの挨拶」、「職歴説明」、「志望動機の説明」、「終わりの挨拶」の4ポイントです。

始めの挨拶

挨拶で始まり、自信を持って採用担当者に伝えようとしているかどうかで評価が決まってしまう重要なスタートになるでしょう。伝える内容は自分の名前、これから話すことといったものですが、「あやふやな言い方」「自分の戸惑い、緊張」は言わないようにしておきましょう。

OK例

「改めましてのご挨拶となりますが、○○と申します。よろしくお願いいたします。では、自己紹介の始めとして職歴を説明させていただきます。」

NG例

「○○です。緊張していますので何から話して良いのか…、とりあえずこれまでの履歴でよろしいでしょうか。」

職歴説明

ここから職歴の話が中心になりますので、内容に迷うことはなくなります。基本は職歴を順番に話すことですが、履歴書や職歴書ではわかりにくい、具体的な仕事内容を話すことがポイントです。

OK例

「まず、○○年~○○年まで在籍した株式会社○○ですが、入社年は電話応対や見積り・請求書・納品書のチェックを主にしておりまして、以降は見積り・請求書・納品書の作成やクレーム処理、得意先回り補助などをして、内勤と外勤の両方を経験しました。
次の、○○年~○○年まで…」

NG例

「1つめの株式会社○○ですが、主に電話応対やパソコン入力の事務をしておりました。次の株式会社○○ですが、…」

伝えるべき内容にメリハリをつけること、相手が知りたいであろう情報を伝えることが重要です。

なお、職歴が多い場合は、応募職種に関係しそうな職歴をクローズアップして話す方法もあります。その場合は時系列ではなく業務内容を中心に話をすることになります。

OK例

「在籍した5社のうち、株式会社○○の渉外業務が御社業務に近いと思いましたので、それを中心に説明させていただきます。私が担当したエリアは○○で、・・・」

NG例

「在籍した5社のうち、御社に関係しそうな業務はございませんが、○○についてご説明してもよろしいでしょうか。」

志望動機の説明

志望動機の説明については、具体的なエピソードを入れて説明すると、なぜ志望したのかという理由が採用担当者にしっかりと伝わります。

OK例

「志望動機は、以前、御社のイベントで○○の時のスタッフ対応に感激し、チャンスがあれば御社のスタッフになりたいと思っておりまして、ぜひ、○○の経験が活かせればと思っております。」

NG例

「志望動機は、御社の業務に興味があったためです。」

終わりの挨拶

終わり(締め)の挨拶は明確にすることがポイントです。自分と採用担当者、双方が無言になってしまう時間を作らないためにも、しっかり終了の挨拶と挨拶ができるかどうかが大切です。

OK例

「以上で自己紹介を終わらせていただきます。ありがとうございました。どうぞ、よろしくお願いいたします。」

NG例

「すみません、以上です。」

質問には過不足なく答えることが重要

自己紹介、志望動機などが終われば採用担当者からの質問があるのが一般的です。

ここで大切な事は、相手の聞きたいことに対して、言いすぎでもなく、不足もなく答えることです。

話し過ぎても、話をしなさ過ぎても良くない印象を与えてしまいますから、採用担当者に“意思疎通が気持ちよくできる人”と認識されることが重要なのです。

このときのやりとりがスムーズではないと、採用担当者の印象としても「実際の仕事の場面でもやりとりがしにくくなるかも」と考えてしまうかもしれません。

なお、採用担当者からいわれる質問事項は職歴やスキル、勤務時間帯などについてのことが多いですが、どの質問にも消極的でネガティブな印象をもたれる答えは避けた方がよさそうです。意欲や熱意が感じられるように回答することをおすすめします。

面接では書類ではわからない人柄が見られる

応募者のことは応募書類内容だけではわかりませんから、実際に面接で会って話をして人柄を感じ取ることに面接の意味があります。

また採用担当者にとっては、この応募者が会社で働いていけそうかどうかを判断する機会になるのです。応募する自分自身にとっても、応募先の会社を見極める機会であることを頭に入れておきましょう。

いかがでしたか。採用を勝ち取るための事前準備をしっかりして、好印象をもってもらえるポイントを知り、120%の力で自信をもって面接にのぞみましょう。

高いスキルや学歴よりも、好印象をもたれた方が採用される可能性は高くなります。

併せてこちらの記事もCheck!

パートするなら知らないと損!必ず祝い金がもらえるサイト

応募しようと考えているお仕事があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、パートに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐパート求人を探す

    TOPに戻る