バイト先の職場の人と性格が合わない、会話しづらい時の解決策

バイト先の職場の人と性格が合わない、会話しづらい時の解決策

バイト先には色々なタイプの人がいるものです。中には、どうも自分と性格が合わないなあ、話しにくいなあという人がいることもあるでしょう。今回は、そんなときの考え方や対応方法について紹介します。

改善できる点がないか自分自身を振り返ってみる

職場の人と性格が合わないのは相手が悪いからだと、全部その人のせいにしている可能性があります。まずは、自分の言動や性格を考えてみましょう

その人とのやりとりの中で、本当に自分は100%完璧な行動をとっていたでしょうか。冷静に考えてみると、反省する点が出てくることもあることでしょう。

相手が少し挨拶のテンションが低かっただけで、機嫌が悪い人だと決めつけていたり、話しかけられたのを気付かなかっただけなのに、無視されたと思っている場合もあるかもしれません。

このように、自分で勝手に、相手を「話しにくい感じの悪い人」と勘違いをしている場合もあるかもしれませんが、決めつけやボタンの掛け違いで「なんとなく相性が悪い」としてしまっているだけなら、解決できそうです。

仕事が終わりリラックスした状態で、もう一度自分を見つめなおしましょう。何か見落としていたものが見つかり、他の人とのコミュニケーションも円滑になるかもしれません。

改善案やシフト調整を上司に相談する

自分を振り返ってみても答えが見つからない時は、上司や第三者に相談することをお勧めします。

自分では分からなかった相手の良いことや、自分の反省しなければならない点を指摘してくれるかもしれませんし、具体的にどうすれば良いかをアドバイスしてくれるかもしれません。

相手の良いところを知ることができれば、一緒に仕事をしている時にこれが見落としていたところだと新しい発見があり、見る目が変化していきますよね。

それによって話しづらいと思っていた相手が、話しやすい人になるかもしれません。

悪いことばかりを見つけるのではなく、良いところを探し、先入観を捨てて他人の意見を聞き、自分を反省すれば、職場の環境が良くなり心地よい人間関係がとれる可能性は大きいですね。

逆に、上司から見ても相性が悪いと判断された場合、シフトを調整して、そもそも同じ曜日、時間帯で働かないようにすることで職場をうまく回していくという方法を考えるかもしれません。

どんな仕事でも色々な人がいると割り切る

世の中、全ての人が自分と合う人とは限りません。仕事の取組み方に関しても十人十色です。

ここの食事が好きでまかないを目当てにとか、趣味が料理だからだとか、お金を稼ぎたいだけではなく、同じ職場でもそれぞれの目的があり働いている人は多いはずです。目的が違えば、仕事に対する考え方も言動も、違ってきて当たり前です。

また、育った環境や今の現状によっても人間の感性は変わってきます。例えば古着のおしゃれを知らない、興味がない人にとっては、古着を着ている人は汚い服を着ていると感じるかもしれません。そんな場合、話をしてもなかなか理解できなかったり、かみ合わなかったりするのは当たり前です。

逆に言うと、話が合わなくても、趣味が合わなくてもそれは当たり前なのです。自分と合わなくても当然だと割り切って考えたら、多少、他の人と話が合わなくても、仕事に集中して真面目に勤務すれば楽になります。

ただ黙って一言も話さず、淡々と仕事をしましょうと言っているわけではありません。仕事に関係する話はきちんと行い、あとは挨拶など最低限の会話をするということにすれば、悩みもだいぶ少なくなります。

職場は仕事しに来るところであって、友達を作るために来ているのではないのですから、まずは仕事をしっかりきちんとするということに意識を持ち、話かけやすかろうか合わなかろうが仕事のためにコミュニケーションを取ろうという気持ちを持ちましょう。

バイト先で合わない人がいると、飲み会も気が進まないものです。誘われたときに上手に断る方法を紹介しています。

シフト自由のバイト先であれば、相性の悪い同僚とはあまり接点を持たずに働ける環境であると言えます。

↓マイベストジョブは必ずお祝い金がもらえます↓

必ずお祝い金がもらえる求人サイト知ってますか?

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ