行きたくないバイト先の飲み会の誘いはこうやってかわそう

行きたくないバイト先の飲み会の誘いはこうやってかわそう

バイト先の飲み会は断りにくいことが多い

普段一緒に働いている仲間と、飲み会をしようという話になる時もあります。

バイト中ではなかなかゆっくり話せない、バイト先の仕事に関する悩みや相談、プライベートなことなどもありますから、できるだけ参加した方が後々スムーズに仕事ができるのかもしれません。
人間関係を大切にするという意味では、基本的には参加したほうが後々も良いことが多いです。

ですが、一所懸命バイトしたお金を飲み会に使いたくない、もともとそういった場が得意ではない、などの理由で、飲み会に参加したくない人もいるはずです。

かといって、その飲み会を断ったがために、そのあと、飲み会の席での話についていけなかったり、「つきあいの悪い人」と思われてその後誘われなくなったりして、疎外感を味わうはめになるかも…と思うと、なかなか「行きません」とはっきり言いにくい人も多いです。

飲み会参加は強制ではないので、行きたくないときはちゃんと断ろう

バイト仲間同士の交流を深めることによって、その後の勤務もより楽しくなる飲み会。しかし、飲み会の場やお酒が苦手だったり、色んな事情で参加したくない人もいますよね。本当は行きたくないけれど、バイト先で飲み会の話についていけなくて気まずいから、と参加する人もいます。

飲み会はあくまでプライベートなイベントなので、気が進まないのなら、参加しなくても大丈夫。行きたくないと思ったのなら、きちんと断りましょう。

断るときに気をつけたいのが、「行きたくないので」とぶっきらぼうに言うのではなく、
「せっかく誘ってもらって申し訳ないですが、最近あまり体調がよくないので」
「参加したいのですが、学校の課題が終わってなくて忙しくて…」
「家の門限が決まっていて、バイトが終わったらすぐ帰らないといけないんです」
「明日、クラブの試合があるので行けません」
など、なにか相手にとっても納得しやすい理由をつけて断るとよいでしょう。

実際に用事がある場合ももちろんあると思いますし、それはそのまま伝えても問題ありません。

相手が多少、大人であれば「すみません。その日は都合が悪くて行けません」でもそうですか、とわかってもらえる場合もありますが、一緒の職場で働く仲間なので、納得感を持ってもらったほうが先々も何かとやりやすいのは確か。

良くないのは「行けたら行く」などと曖昧にしておいて、結局ドタキャン、という流れ。お店や席の手配をしなければならない幹事にとって、一番困るパターンです。行かないのなら、言い出しにくくても早めに断ることをおすすめします。

参加した飲み会から早めに帰るには、切り上げる理由を言ってから

気は進まないけれど、後々を考えるとやっぱり参加しておいた方がいいと思って参加した飲み会、そういったものもあるでしょう。

そんなときは、途中退席、という手段もあります。ただし、早めに帰るには、それなりの理由を話してからの方がいいでしょう。

断るときと同じように、体調があまりよくない、あるいは明日の授業の準備が残っているからなど、一般的に「それなら仕方ない」と思える理由を伝えると、みんなも納得してくれるはずです。

また、「せっかく呼んでいただいたのに、先に失礼してすみません。実は〜があって、残念ですが早く帰らないといけないんです」などと、先に帰ることに対してのお詫びと理由を述べてから、さらに「呼んでいただいてありがとうございました。おかげで今夜は楽しかったです!」などのお礼を言うことで、早く退散しても、みんなに「呼んでよかったな。またあの人と一緒に仕事を頑張ろう」と好印象を与えることができるでしょう。

こちらも:バイト先の飲み会、未成年の飲酒はダメ。無理にすすめるのもパワハラ
そもそも未成年の場合、飲酒は法律で禁止されています。自分を守るのは自分自身、ということも頭に入れておきましょう。

必ずお祝い金がもらえる求人サイト知ってますか?

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ