アルバイトの残業は拒否していいの?強制されないうまい断り方

アルバイトの残業は拒否していいの?強制されないうまい断り方

無理な残業はきちんと断る

まず、バイト先で普段の仕事が終わってから、別で残業を依頼された場合、もちろん断ることは問題ありません。余裕があれば残業をしてお金を稼いでも良いですが、断りたい場合は丁寧に断りましょう。

「大変申し訳ありませんが、今日は残業できません。」とシンプルに伝えて大丈夫です。

なんとなく断りづらいからといつも残業を引き受けていたのでは、この人は残業が大丈夫なスタッフなのだと勘違いされてしまうおそれがあります。

ダメな時は無理だと伝える勇気も必要です。それによって、今後はダメ元で残業を頼んでくるかもしれません。何を言っても受けてくれるという印象を与えては、予定があるないに関係なく残業に振り回されてしまいます。
わがままではない自分の意見をいうことは大切です。

今後の仕事や上司との関係を上手くするためにも、自分の考えや思いをはっきり伝えることが出来るようになりましょう。

残業ができない理由を正直に伝える

急な残業を頼まれたら、断る時があっても当然です。そんな時は、残業できない理由を正直に伝えましょう

友達と約束がある、もしくは課題が多く出ていて勉強しなければならないなど、学生は学業が優先ということを理由にするのは良いですが、嘘をついてはいけません。

今回はうまくいっても、どこかで嘘のほころびが出てきますし、嘘がばれた時の言い訳はとても難しいものになります。人として信用をなくしてしまいます。

どんな理由でも正直に話すことは重要です。

仕事内容を真面目に行うことは大事ですが、信頼関係が崩れてしまっては仕事に行くのさえ億劫になったり辞めたくなったりします。

相手への思いやりは大切ですが、最終的にはどう思われてもいいやと思って正直でいることが大切です。正直に言ったことで怒られるなど、残念なことになったとしても、それはたまたまだと思ってください。真摯な態度は、仕事で必ず評価されるはずです。

前もって仕事の後の予定を伝えておく

アルバイトに行くたびに残業をお願いされる職場であれば、前もって予定を伝えておくことも大事です。

今日は歯医者へ行く、家族で食事に行く、他のアルバイトが入っているなど、上司が残業を頼めないようにすることも、円滑に仕事をするコツです。

たまに残業を頼まれるのは仕方ないと思うかもしれませんが、毎回だとストレスになってしまいますよね。自分の身体と心の安定を考えて、最初に対策をたてておくことは、自分自身を守るためでもあります。
いつも残業を頼まれて辛いからと仕事を辞めてしまっては、自分のためにも職場のためにもなりません。

気持ちよく長く仕事を続けるために、上手に残業を回避できる技を見つけましょう。

同じアルバイト同士と助け合う

いつも残業を言われる職場なら、アルバイト生の中で「今日は誰が残業ができるか」を話し合っておくことも必要です。職場は助け合いが必要です。今日が無理なら次の残業は自分が行うという約束をしていれば、急な残業の申し出にも誰かが対応してくれます。

そのためにも、日頃からコミュニケーションを取っておくことが重要です。スタッフ同士でお互いをカバーしつつ、急な残業を回避出来る環境を作っておくべきですね。

悩みを相談出来る人が周りにいれば、ストレスも解消されます。見方を見つけて、お互いに協力しあう職場にしていくのも自分自身の努力次第です。

残業代はいくらなのか、ということも断るかどうかを考える材料になります。

短期バイトなら残業はほとんどないといっていいでしょう。

↓マイベストジョブは必ずお祝い金がもらえます↓

必ずお祝い金がもらえる求人サイト知ってますか?

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ