バイトを休む電話はいつかける?なるべく早くかける

バイトを休む電話はいつかける?なるべく早くかける

すでにシフトなどの出勤が確定しているバイトを休む場合、きちんと連絡しなければ無断欠勤になってしまいます。休みたいことを電話で話す場合のタイミング、伝え方のコツを解説します。

直近のシフトを休みたい場合

直接、勤務先に行って伝える機会がなく休みたい日が発生した場合、休みたい日が確定した時点でなるべく早く、担当者に電話しましょう。急がなければ、お店の側としても急なシフト変更、調整となり大変になってしまいます。

職場全体のスケジュールに影響があるので、わかり次第電話することを心掛けてください。

伝え方としては「急なタイミングでのお願いとなり、大変申し訳ございません」などと、事前に伝えられていなかったことをお詫びする言葉を添えて謝り、調整をお願いする形となります。

休む側として事前にできることは、一定の人数が必要な仕事の場合、勤務先の先輩、後輩、同僚など周囲のスタッフにシフトを代わってもらう約束を取り付けることです。そうしたことがスムーズにできるよう、普段からのコミュニケーション、関係性を作り上げておけば安心ですね。

スタッフの確保はお店側の担当責任ではありますが、シフトの交代で対応ができれば担当者の負担は減りますから、急であればあるほど、できることは協力したほうが今後の職場の人間関係のためにもなるでしょう。

出勤当日に休みたい場合

できれば当日になって急に休むのは避けたいところですが、病気などで、どうしても当日にバイトを休まなければいけないときがあります。

24時間営業のバイト先なら、前日(もしくは日付が変わって)の深夜でも、すぐに休む連絡はできます。ですが朝から夕方までの営業時間のバイト先なら、真夜中に休むことがわかっても、すぐに電話をしていいのか、迷ってしまうこともあるでしょう。

担当者がいるならその時間にすぐ連絡する

当日の欠勤は原則としてNGですが、電話をかけるのであれば、「担当者が出社している最も早い時間・タイミング」がベストです。多くのお店や会社では、バイトの出勤より早いか少なくとも同じ時間に出勤しているはずなので、その時間帯にかけるようにしましょう。可能であれば、勤務先に電話する前に、自分とシフトを代わってくれそうなメンバーに連絡してカバーするのも一つの手です。

うまく担当者に繋がったら、当日になって休むことに対して謝罪し、経緯、理由などを伝えましょう。ただし、担当者からすれば、理由はどうあれ休まれてしまうということで、頭の中はどうカバーするかに切り替わっています。もし、自分が担当している仕事で情報の共有や引き継ぎが必要なものがあれば、このタイミングで行うようにしてください。

担当者がいない場合は伝言を頼んでから改めて電話する

次に、担当者が複数店舗を掛け持ちしていたり、勤務先に不在の場合は、「他のスタッフが出勤している最も早い時間」に電話をし、「今日、急で申し訳ありませんが休むことを伝えてください」と伝言を依頼するようにしましょう。ただし、伝言だけで終わってしまうのはNG。担当者のその日の出社時間を確認して、再度の電話も行ってください。

あらためて電話して担当者と話すことができたら、あとは上述の内容と同じです。

休むのが少し先でも当日でも、理由にウソを言ってはいけません。担当者はこれまでたくさんの当日欠勤連絡を経験していますし、理由によっては来れるだろうと判断し、遅刻でも構わないので出社しなさいとをうながされる場合もあります。自分がその日、出勤できないという理由については実際に休まざるをえないのであれば、きちんと話す方が良いでしょう。

どういう理由であれ、無断欠勤だけはしないように注意しましょう。

必ずお祝い金がもらえる求人サイト知ってますか?

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ