ホテルのバイトの面接でうまくいく身だしなみ・志望動機

ホテルのバイトの面接でうまくいく身だしなみ・志望動機

服装と髪型は清潔感が大切

接客関連の仕事がとても多いホテルの面接では、髪型と服装を必ず見られる、といっていいでしょう。

接客が主な業務となる業種ですから、身だしなみは面接のときから気をつけておくべきです。髪は暗めの色でボサボサしないように気をつけて下さい。髪が長い人はひとつに結ぶなどして、清潔感をだすように、心がけるといいでしょう。まれに天然パーマでも「ストレートにしてください」などと強制されるところもあるほど、ホテルのバイトでは髪型に厳しいところも多いのです。

どんな髪型ならOKなのかは、ホテルによって基準が違うので、面接ではとにかく清潔感のある髪型を意識していきましょう。服装はリクルートスーツが無難。高校生の場合は、制服でも問題ありません。スーツでも制服でも気をつけなればいけないのは、肌を露出しすぎないことです。

胸元を開けすぎたり、着くずしたりすると、面接では、単にだらしないかっこうにしか見えません。ホコリがついていたり、シワがある服装は、不衛生と思われる確立が高いので、NGです。

他にも、アクセサリーやネイルなども派手すぎるものはよくありません。全体的な身だしなみにはじゅうぶん気をつけましょう。

志望動機の質問にはハキハキと答えましょう

ホテルの面接で聞かれることは「接客業の経験があるか」「志望動機はなにか」この二つの質問が多いようです。経験については、これまでに接客の仕事の経験がなくても「人と接することが好きなので、働きながらもっと接客の勉強をしてみたいと思います」など前向きにハキハキと答えると好印象です。

志望動機も「家が近いから応募しました」だけではなく、「自分も旅行が好きなので、お客様の旅の良い思い出作りになるような会社で、働きたいと思いました。また家が近いので通勤に時間がかからないので、無理なく仕事に専念できると思いました」など自分の経験や感情を交えて、明るく話すことが大切です。

志望動機には、特別な理由は必要ありません。ここで働きたい理由=志望動機ですから、家が近いというのも、補足としては伝えてもいいことです。しかし、それだけでは、家が近いならどこでもいいのか、うちで働かなくてもいいのではないか、と思われてしまう可能性がありますよね。

ホテルで働くことで自分はどんな接客がしたいのか、どんなふうに成長したいのか、なども伝えられるとベスト。志望動機は事前にメモを書いて、何度も読み直しておくのがおすすめです。明確な志望動機があったのに、緊張して何も言えなかった、というようなことにならないためにも、しっかりと確認しておきましょう。

私服での面接は避けたほうがベター

ホテルでの勤務は、清潔感のある身だしなみが基本。リクルートスーツが最も適した服装になります。

高校生なら制服で、面接を受けることがおすすめです。学校の制服は礼服(冠婚葬祭など、あらたまった場所で着るべき服装)としても通用しますから、リクルートスーツと同じ扱いといっていいでしょう。高校生の場合は無理にリクルートスーツを買う必要はない、ということを頭に入れておきましょう。

面接で志望動機を聞かれたときにあわてないよう、スムーズに言えるように準備すれば、採用される確率もアップするでしょう。

バイトするなら知らないと損!必ず祝い金がもらえるサイト

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ