バイト先への電話に緊張してしまう人への3つのアドバイス‏

バイト先への電話に緊張してしまう人への3つのアドバイス‏

バイトしたいと思っているところに応募のため、もしくは問い合わせのために電話をかけることがあります。

電話が苦手な人にとってはなかなかストレスがたまってしまうもの。緊張をやわらげるための3つのポイントをお伝えします。

  • まずは元気のいい挨拶から
  • 意識して「ゆっくり」話す
  • リラックス状態を作り出す

電話口でもまずは挨拶が基本

働く場所や会社自体に敬意があるからこそ発生する緊張というのは、 実はとても良いことです。

ですが、あまりにもたどたどしい話し方や、臆病なトーンで電話してしまうと、結果的に好印象をもってもらえることは残念ながらあまりないでしょう。

電話口では、自信を持って元気良く、ハキハキと話すことが大切です。「はじめまして、お世話になります」、「お仕事中、お忙しいところすみません」などの挨拶を、冒頭に入れてから要件を話し始めることで、緊張からくる先方への失礼を、自然と防ぐことができるのです。

ゆっくり話すことを意識する

緊張してしまうと、大抵の人はつい早口になってしまいがちです。

要件を伝えたいという思いが強いあまりに気が急いて、一方的に話してしまうこともあります。もともと早口の人も含めて、緊張をほぐすためにも、落ち着いてほどよくゆっくりとしたペースで話すことを心がけてみましょう。そんなことは重々わかっているけれど、どうしても緊張してしまう、ということもありますよね。

そういう時は、要件を丁寧に伝えるように意識しながら電話することで、自然と会話のペースもつかむことができます。

実際に目をみて話しているような感覚を持てるようになると、緊張することが少なくなります。電話で緊張しないためには、電話中に鏡で自分を見ながら、笑顔で話してみる練習をすると効果的かもしれません。最初は違和感がありますが、しだいに鏡に映った自分を意識せず、笑顔で話す感覚を養うことができますよ。

リラックスした状態で電話をかけてみましょう

ドキドキしながら電話をかけると、緊張のあまり、挨拶を忘れてしまったり、要件が上手く伝えられなかった、という経験がある人も多いのではないでしょうか。 緊張を伴うであろう電話をかける前には、お茶を飲むなどして、ホッと一息することを心がける準備をしてから臨んでみましょう。

上にも書いた通り、緊張をしてはいけないということではありません。緊張するのは当然のことです。気持ちの良い挨拶と要件を明確に伝えることが大切なだけで、どんなに緊張していても、 大事なことを伝えることができれば特に問題ありません。

緊張していることを悪いことだと考えず、失礼のないよう礼儀正しく電話で話すことを目標にしてみましょう。電話でも、名前とセットで挨拶を必ず言ってみたり、ゆっくり話せるように鏡をみながら電話をかけたり、緊張を恐れず笑顔でリラックスしながら会話をすることを覚えておくと役立ちます。

年数を重ねるごとに、次第に緊張も心地よい程度の感覚に変わっていくので、気負いせずにどんどん電話をかけて経験を積んでみてくださいね。

バイトするなら知らないと損!必ず祝い金がもらえるサイト

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ