バイト応募のための電話は、どの時間帯にかけるのが良い?

バイト先に応募の電話をする時間帯、スムーズなのは何時ごろ?‏

どこに応募するとしても、深夜は避けるほうがベター

いざ応募しようとしても、いつ電話して良いか悩むことがありますよね。

色々な職種がありますから、応募先にとって一番都合のいい時間というのは一概には言えません。そのため、全ての応募先に通用する『電話するのにベストな時間』を断定することは難しいので、例えば「深夜は失礼かな」など、一般常識に沿った時間帯であればまずはよいでしょう。

通常、営業開始の準備をはじめる時間(朝9時半頃)から営業終了の2時間前までが電話をしても差し支えない時間ですが、24時間営業の場合でも、マナーとして、21時以降の電話は避けたほうが良いでしょう。

職種によっては遅い時間にかけるのが絶対に悪いことではありませんが、深夜まで応募可能であっても夜中の電話は避けたほうが「電話に関して一般的な社会常識がある人間」として好感度もあがります。

しかし、バーなどの場合は、夜中までの仕事ですので、逆に午前中は避けるなど考慮しましょう。この場合も深夜ではなく、13時から15時の間が良いでしょう。

応募先のピーク時間は業種により色々だが、ピーク時間を避けるべき。

アルバイト募集に応募するとき、ほとんどの場合が最初に電話をかけます。実はそこから面接が始まっているのです。

どんなに良い挨拶をしても、非常識な時間帯にかけてしまうと、マイナスイメージを持たれるかもしれません。良いイメージを持ってもらえるように、ピーク時間を避けて電話することが重要になるのです。

一般的に、飲食店の多忙な時間は 12時~13時 と 19時~21時と言われています。

コンビニエンスストアは 6時~9時 と12時頃に加え、18時から20時が多忙な時間帯の店舗が多いようです。

スーパーになると 11時~12時 と15時~17時がピーク時間となります。

現場仕事は早朝から夕方まで作業を行いますので、事務所に担当者が不在の場合が多いです。昼休憩の12時から13時、もしくは18時頃を目安にすると良いで しょう。

どの時間帯でも、マナーを忘れず相手に配慮した挨拶を忘れずに

ここで記した大まかな時間の配慮は、あくまで一般的なものです。細かく言えば、その日のお客様の入り具合や、お店のスタッフ不足などの状態で、多忙時間が若干変わる仕事がほとんどです。

一般的にベストな時間帯にかけたとしても自己判断せずに、必ず『お忙しいところすみません』『お時間よろしいでしょうか』 など、時間に配慮している挨拶を口頭に含めましょう。

万が一、配慮したにもかかわらず先方が忙しかった場合は、担当者から折り返しの連絡があることも多いので、常識の範囲内で時間帯を考えて、深夜や早朝の応募電話を避けていれば、基本的には問題ありません。きちんと挨拶を交えて電話すれば、好感度も下がることなく、採用されやすくなります。

こちらも:求人に応募するときの電話のかけ方で気を付ける4つのポイント

バイトするなら知らないと損!必ず祝い金がもらえるサイト

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ