理容・美容業界大手「プラージュ」は稼げる?求人の手取りや待遇を調査!

アルバイトの交通費支給の仕組み解説!いついくら?出ない場合のもらい方

アルバイトの交通費支給の仕組み解説!いついくらもらえる?出ない場合のもらい方

アルバイトの雇用条件には、交通費支給がある求人とない求人があります。この交通費はどういう仕組みでもらえるのでしょうか。いつもらえる?どのくらいもらえる?など一般的なルールや規定、また、交通費が出ない場合についても解説します。

交通費支給ありなしは会社によって違う

バイトの求人票に記載している交通費の支給については、各企業それぞれが決めており、交通費を支給している会社もあれば、支給がない会社もあります。支払わないといけない決まりや法律はありませんので、交通費を支払わないのは違法ではありません。

一般的に多くの企業では交通費支給をしているところがほとんどで、一切支払わないとしている企業の方が少ない傾向にあります。交通費支給は従業員の福利厚生ですので、どちらかというと、企業側が従業員のことを考慮して支払っているかたちです。

バイト先までの最短ルートで支給される

交通費支給があるバイト先であっても、いくらでも自由に支給されるわけではありません。これも企業によってルールは違っていますが、一般的に家から勤務先までの最短ルートの交通費が支給されることが多いです。

自分の都合の良いルートでの交通費はもらえないと考えましょう。

また、交通費は、勤務先までの移動に費用がかかる場合に支給されますので、徒歩で行ける場合や、自転車で通勤する場合には支給されません。電車やバス、車やバイクなどのマイカー通勤の際に支給されます。

支給条件は「全額支給」「規定内支給」「一部支給」など様々

「交通費支給あり」となっている求人であっても、交通費全額が支給されないケースもあります。

「交通費全額支給」と記載があれば、これは何も心配なくかかる費用すべてが支給されます。ですが、「規定内支給」や「一部支給」、「交通費支給規定あり」などと記載がある場合は、支給される条件・規定が決まっており、かかる費用すべて支給されるわけではありません。

支給条件がある場合の例

  • 上限額が決まっている(月〇〇円まで/1日〇〇円まで など)
  • 条件が決まっている(週〇日以上勤務に限り など)

上限額が1日〇〇円までと決まっているところは多いです。また、特定の条件のときのみ支給されるケースもあり、会社によって条件は様々です。上限と条件が両方セットの場合もあります。

中でも一部支給としているところでは、かかる費用の〇割を支払うという条件もあります。この場合、家から勤務先までの距離が近かったとしても全額支払われないので注意しましょう。特に「一部支給」は企業によって規定や条件の考え方が異なっていますので、よく条件を確認しましょう。

全額支給でない場合は、企業の規定によりますので事前に確認するようにしましょう。

一般的な電車、バスの交通費

通勤手段が電車、バスの場合は、家から勤務先までの最短ルートの往復費用が支給されます。1日の上限額が決まっている場合は、上限額内の金額が支給されます。月の上限額が決まっている場合も同様に、上限額内の金額が支給されます。

1ヶ月の定期代の方が安くなる場合は、1ヶ月定期の分の費用を支給されるところもあります。

一般的な車、バイクの交通費

車、バイクなどマイカー通勤する場合の交通費は、電車、バスと違い会社によって異なります。通勤距離に応じている場合や、一律に金額を決めている場合、実費で支払ってくれる場合などがあります。

・通勤距離に応じた場合の例

1キロ〇〇円(10~20円が多い)
マイカー通勤の場合、法律で非課税限度額が定められているのでその額以内の支給(1キロメートル10~15円に設定)となることが一般的。
 

・一律に金額を決めている場合の例

一律月〇〇円
 

・実費の例

かかったガソリン代の領収書で請求

またこれらに上限額が決まっている場合もあります。

いつ支給されるのが一般的?

交通費は給料と一緒に支給されることが多いです。よって後払いになります。ですので、バイトし始めは自分で交通費を出す必要がありますので注意しましょう。

車やバイクなどマイカー通勤で、実費精算の場合は、都度請求できるところもあります。

交通費の相場や平均は?

最近では交通費は全額支給のところが多くなっています。これは昨今の情勢がどこも人材不足でアルバイトスタッフが集まりにくいということが影響しています。

働く側としては、交通費が一部しか支払われない求人よりも全額支給される求人の方が、1ヶ月に手にするお金が多くなりますので、必然的に全額支給される方に人気が集まります。

そのため、相場や平均は数千円~1万円のあいだが多くなっています。アルバイトの場合、勤務先から距離が遠くなると通いづらく、採用する側も経費がかかるため近い人を選ぶ、近い人が応募に集まる傾向がありますので、相場はこの金額に集まります。

交通費が出ない場合のもらい方

交通費の支給は企業が決めていますので、社内規定で支給がなく、出ない場合はもらうことができません。ですが、例えばいつも勤務している場合で、ほかの店舗にヘルプ勤務をしたといったときには、店長や上司に交渉して交通費を支給してもらうのは可能でしょう。

それ以外では、今いる職場のルールを変えないことには、支給されませんので、どうしても交通費をもらいたい場合は、バイトをやめてもらえるバイト先にかわるしかないでしょう。

「全額支給」と記載あれば心配なし

交通費については、「全額支給」と記載あれば何も心配はありません。ですがそれ以外の規定がある場合は、必ずバイト先に確認しておきましょう。上限額が決まっているだけだったら、多くの場合(距離がそう遠くない)はかかる費用はすべて支払ってもらえるケースがほとんどです。

ですが、一部支給や規定ありの場合は、勤務条件を満たしていないと支払われないケースや、かかる費用の何割かしか支給されないケースもあります。

交通費がある、なしではもらえる給料の差も大きいです。バイト先を選ぶときは、もらえる給料と交通費を併せて考えましょう。

必ずお祝い金がもらえる求人サイト知ってますか?

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

    このページのトップへ