理容・美容業界大手「プラージュ」は稼げる?求人の手取りや待遇を調査!

パート面接の服装、男女別の基本スタイルを紹介します。

パート面接の服装、男女別の基本スタイルを紹介します。

パートの面接、どんな服装で行くべきか悩んでいませんか?今回はパートの面接に行くための服装、男女別の基本スタイルをご紹介します。

男女、職種に限らず面接時はスーツが無難

パートの面接は、少しカジュアルなものがいいと考えていませんか。しかしパートであっても正社員であっても同じ職場で働く同僚になるので、パートだからといって特別カジュアルにする必要はありません。

基本的には職種に関係なく男女ともにスーツで参加するのが無難です。カジュアルすぎて失礼になることはあっても、フォーマル過ぎて失礼になることはありません。

男女ともに面接時の基本スタイルはスーツです。スーツ自体は決して高いものである必要はありません。スーツ自体の質よりもスーツやシャツにシワが寄ったり、ホコリが付いたりしていないかなど全体的に清潔感があるかどうかがポイントです。

特にしばらく仕事から離れていた人の場合は、あまりにも年季の入ったものや昔流行したデザインのものなど、ブランド物や高いものであっても、長く仕事を離れているイメージに取られかねないので避けた方がいいでしょう。

私服でOKな場合も!

男性が気をつけるべきはスーツのサイズ感と靴

男性の場合は特にスーツのサイズ感がとても大事です。肩幅が自分に合っていないものだと大きすぎてだらしなく見えたり、小さく窮屈に見えたりするのでスーツを着る際には肩幅のきちんと合ったものを着ましょう。また袖は手を横におろした状態で拳を握ってつかめるくらいの長さが理想です。

スーツは高いものである必要はありませんが、実際に試着ができて採寸やお直しをしてもらえるお店で選ぶと良いでしょう。また靴との一体感もとても大切です。せっかくスーツを着ていても足元がスニーカーではイメージダウンしてしまいます。黒色もしくは茶色の革靴で、派手すぎない靴を選びましょう。

女性が気をつけるべきはメイクと靴のヒールと香り

女性の場合は、かっちりとしたリクルートスーツでなくてもスカートにシャツといった服装にジャケットを合わせるだけでフォーマルな印象になります。スーツやジャケットは淡い色の「入学式で着るようなスーツ」ではなく、濃い色のスーツの方がフォーマルな印象です。

またメイクはあまり濃すぎないメイクをしましょう。アイシャドウやチーク、リップカラーの色味が濃いとどうしても厚化粧に見えてしまうので、全体的に色味を抑えた清潔感のあるメイクがいいでしょう。

靴は黒色のかかとが空いていないタイプのパンプスで、足に合った歩きやすいものを選びます。その際に、ヒールのゴム部分が劣化していないかどうかをきちんと確かめておくことが大切です。歩く度に大きな音がなるヒールは、面接の際にとても印象が悪いのできちんと直しておきましょう。

最後に意外と気づかないのが「香り」です。香水をつけすぎると相手にとっては不快なことがあるので、身近な人に一度香水の匂いがキツすぎないかを聞いてみましょう。面接の場と日常とは違いますので気を付けましょう。

服装で合否を判断されることもある

面接官と初めて顔を合わせるのが、面接時という場合も多いのではないでしょうか。初対面での印象を左右するものといえば、服装を含めた外見です。

良いものや高価なもの、オシャレな格好をするよりも、カジュアルすぎない服装を選択し、面接官に持たれるイメージをマイナスにしないように心がけましょう。良く見せることよりも、悪い印象を持たれないようにする方が重要です

また職種によって自分で勝手に「カジュアルでいいだろう」と判断することが、相手にとっては失礼になる場合があります。働く際の服装がカジュアルであっても、面接時の服装はあくまでも採用面接をするのにふさわしい格好で行くのが望ましいでしょう。

いかがでしたか。パートの面接だからといってカジュアルにする必要はなく、基本的にはスーツやジャケットなどの面接時にふさわしいフォーマルな服装が望ましいですね。スーツ自体は高いものである必要はないですが、靴も合わせた全体のバランスと清潔感が大切です。

パートの面接に服装で落ちるようなもったいないことがないように、万全の準備をしてのぞみましょう。

併せてこちらの記事もCheck!

パートするなら知らないと損!必ず祝い金がもらえるサイト

応募しようと考えているお仕事があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、パートに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐパート求人を探す

    TOPに戻る