理容・美容業界大手「プラージュ」は稼げる?求人の手取りや待遇を調査!

コンビニのパート面接で服装はどこを見られてる?

コンビニのパート面接で服装はどこを見られてる?

コンビニで働くパートの人は多く、主婦にも定番の職場の一つだと言えます。面接時の服装はどういうところが見られているのか、詳しく解説します。コンビニは未経験でも採用されやすく、近所で気軽に面接に行けて始められるパートとして人気がありますが、どんな服装で面接に行くのがベストでしょうか。

基本はきれいめのカジュアルでOK

コンビニの面接には、スーツやオフィスカジュアルでなく、カジュアルな私服でも良いとされますが、特に主婦のパートとなれば、ある程度の常識をわきまえた私服選びをしたいものです。

スーツの上下で面接に行っても構いませんが、場の雰囲気に馴染みにくい印象を与えるかもしれませんし、スーツを持っていない場合もありますから、きれいめのカジュアルで問題ありません。

見た目の服装で、今働いているスタッフとあまりにもカラーが合わないようだと判断されてしまえば、不採用になる確率は高くなるかもしれません。それでは、自分が一番損をすることになるでしょう。

落ち着いて清潔感があるかが重要

コンビニで働いている人は金髪や赤毛、スキンヘッドの若者もレジに入っている場合がありますから、面接もかなり自由な服装で通っているだろうと想像はつくでしょう。

確かに、他の職種や企業に比べると、カジュアルな私服で面接に臨むことは良しとされ、個性的な服装で面接に訪れる方も多い職場です。

しかし、パートの場合では、そのような若者と同じ、かなり派手な恰好はしないかもしれませんが、どこまでが許されるのかの許容範囲は気になるところでしょう。

そこを考える基点となるのが、コンビニも食品を扱っているという点です。もちろん、雑貨などの扱いもありますが、レジ近辺のフードも取り扱う関係上、清潔感は重要な要素です。

接客業でもありますから、至近距離からお客様に見られることが当たり前の職場でもあります。過度に派手な装いは避けて、面接時から落ち着いて清潔感のある私服でアピールすることが望ましいと言えます。

具体的には、襟付きシャツやポロシャツ、きれいなジーンズ、チノパン、膝丈スカートなどは好印象になるアイテムです。やはり、私服には服装選びの個人差はあっても、TPOを考えた着用が好ましいでしょう。

個性よりも場をわきまえているかどうか

いくらコンビニの面接が服装自由、私服OKだといっても、ダメージジーンズやTシャツ、シワのあるシャツやパーカー、汚れた靴などを面接で着用して、それが個性だといっても受け入れてくれる職場は少ないでしょう。

だらしなく、不潔に見えるかどうかが自分でよくわからない場合は家族や友人に聞いてみましょう。自分が面接担当者だとして、より良いお店作りのためにどういう人と一緒に働いて欲しいかという視点で考えてみましょう。職場の雰囲気やあるべきイメージをわきまえているかどうか。これが見られているポイントの一つです。

比較的緩い雰囲気に見られがちなコンビニのパートですが、全体を通していえることは、面接の服装を甘く見て油断をしないことです。

一概にカジュアルオンリーともいえない場合を考えて、面接の際は、必ず店舗に一度服装について問い合わせてみることや、来店してスタッフの雰囲気を見ておくこともおすすめです。

面接時の髪型はどうする?

パートの面接に臨む際には、服装とあわせてチェックされるのは髪型です。面接に行く際のヘアスタイルについてはこちらの記事も参考にしてください。

↓マイベストジョブはどの求人でも必ずお祝い金がもらえます↓

コンビニのバイトは多くの地域で募集されています。自分の働きたい時間帯・曜日の希望が通りそうかどうかは応募時に確認するとさらにスムーズです。

パートするなら知らないと損!必ず祝い金がもらえるサイト

応募しようと考えているお仕事があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、パートに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐパート求人を探す

    TOPに戻る