理容・美容業界大手「プラージュ」は稼げる?求人の手取りや待遇を調査!

履歴書不要のバイトってなぜ不要なの?嘘!?面接時には必要な場合も

履歴書不要のバイトってなぜ不要なの?

最近では応募時に「履歴書不要」と記載されているバイトもあります。履歴書が不要って本当?と思われるかもしれませんが、最近ではそういう企業も増えてきています。実際に履歴書が不要なバイトの事例を解説していきます。

独自の応募情報記入シートがある

「履歴書不要」としているバイトで一番多い形が、独自の応募情報記入シートがある場合です。応募時、面接時に履歴書を持参せずに、企業側が提示した記入シートに自分の情報を記載していくケースです。

記入シートは企業や業種によって、質問事項もバラバラです。例えば人間性を重視したい会社にとっては、従来の履歴書が選考書類としてさほど役目を果たさないということもあり、独自の記入シートを採用し、学歴や趣味だけで判断せず、その人の価値観や考え方などを判断するための質問が多く書かれている場合もあります。

企業側としては選考に必要な情報と、応募者の情報を自分たちのフォーマットで必要な情報のみを記載してもらい、見やすい、管理しやすいメリットがあります。また応募者の方も、わざわざ履歴書を購入して作成する手間も省けるので、応募の負担が減るというメリットもあります。

さらに企業側は履歴書不要ということで、応募のハードルが下がり応募率もあがることも期待しています。

最近では、大手居酒屋チェーンのお店や、アパレルブランドのショップでも増えてきています。

応募時には不要、面接時には必要という企業も

次のケースですが、こちらは先ほどのケースとは違って企業側の解釈の違いで、書類選考がない場合に「履歴書不要」と記載されている場合があります。

求人票で嘘を書いている!ブラックだ!と思われるかもしれませんが、この場合の企業の解釈としては、応募時の一次選考(書類選考)には履歴書は不要ですが、面接時には必要というものです。バイト応募した際には必ず書類選考があるという認識のもとの考え方で、その一次選考(書類選考)が無く、いきなり面接があるという場合に「履歴書不要」と記載されることがあります。

本来であれば履歴書は必要ということなのですが、企業側の解釈の違いで「履歴書不要」と記載されています。

これは、履歴書というのは本人証明でもあり、会社側の証明書類でもあり、労働基準法にも保管期限も定められているため、本当に不要ということはない書類です。履歴書無しでの選考というのはありえないことから、こういった記載がある企業もあります。

※履歴書不要で独自の記入シートを採用している企業は、履歴書で記載される内容は最低限、満たされているものになっています。(住所や名前などの個人情報など)

この場合、本当に履歴書が不要なのかは見分けがつきません。履歴書不要と書いてあったのに面接に行ったら履歴書を出してくださいといきなり言われてしまうこともありえます。大手企業やチェーン店ではそういったケースは考えられないので、履歴書不要の記載がある場合は不要と受け取って問題ないですが、個人経営のお店や、一般的に有名でない企業の場合は、面接の前に電話やメールで確認する方が無難です。

日払い・単発のバイトでは不要な求人も

何か問題があった場合の連絡先や個人の情報は必要とされるので、履歴書は必要な場合がほとんどですが、日払いや単発のバイトの場合、履歴書不要で簡単な自分の連絡先だけ記入する求人もごくまれにあります。

大手企業ではありえないですが、日雇い・日払いの求人や零細企業などの中には今もあります。これは企業側の管理の問題で、1日など日雇いなのでそこまで管理していないという理由です。

履歴書不要なので、応募しやすいと思うかもしれませんが、しっかりとした記入シートも何もなく働くのは、万が一勤務中に事故や事件に巻き込まれた場合にリスクがあります。(企業側は家族に連絡が取れない、住所がわからないなど)履歴書などまったく何も必要がなく、連絡先などの情報も聞かれない求人は避けた方が無難です。

履歴書不要だと受かりやすい?

履歴書不要のバイトだと受かりやすいかどうかというと、これは応募先の企業にもよりますが、どちらかというと比較的受かりやすい傾向にあります。

求人募集で「履歴書不要」としている意味としては、応募のハードルを下げて応募してもらいやすいように見せているということにあります。比較的仕事内容も簡単な求人が多く、人を多く集めたい求人がその傾向にあります。

ただ多くの履歴書不要としている求人は、独自の記入シートを採用していることが多いです。応募のハードルは下げて、そのあとの面接を重視するというケースも多いです。ですのでその場合は、実質的には選考書類が違うだけで履歴書ありの場合と受かりやすさは同じです。

また、先の段落でも書いたように、1日の単発バイトや、ド短期、日払いのバイトなど、ごくまれにあるまったく履歴書以外の記入書類もない求人は、人さえ集まればいいというケースも多く、比較的受かりやすいバイトと言えます。

まったく選考書類なしで受かりやすい傾向の求人

Check!

・仕事内容が簡単で募集人数も多い(数十人以上)求人
・1日の単発バイト
・面接もなし

あくまでも傾向ですので、一概にすべてが受かりやすいとは限りません。履歴書不要でも落ちることも十分ありえますのでので注意しましょう。

不要な場合でも、念のため持参しておくと役立つことも

履歴書不要で、当日の情報記入シートがあれば別ですが、何もない場合や簡単な内容しか聞かれなかったという場合で、面接後に履歴書が必要な雰囲気を感じたら「履歴書不要とありましたが、簡単で申し訳ありませんが持参しております。ご確認されますでしょうか?」などとお伝えして、履歴書を渡すのも好印象です。

これは感覚の問題ですので、必ずしも履歴書不要なのに持参して渡すのが良いというわけではありませんから、せっかく書いてきたのだからと押し付けないように注意してください。

あくまでも、履歴書不要でも念のために持参しておくという程度で構いません。面接の雰囲気をみて必要であれば、すぐに出せるように準備を整えておくという意味です。履歴書不要でも一応持参しておくことが、先方に「気がきくな」と思ってもらえるポイントです。

また、不要の代わりに何があるか断定ができないので、念のため、身分証は必ず持っていくこと、また事前に自分の最終学歴と、志望動機など頭に入れておくと良いでしょう。簡単なメモを書いてもっておくことでも良いですね。

必ずお祝い金がもらえる求人サイト知ってますか?

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

    このページのトップへ