【大学生】バイト履歴書の『免許・資格』欄の正しい書き方

【大学生】バイト履歴書の『免許・資格』欄の正しい書き方

運転免許、調理師免許などがあれば書いておこう

履歴書に書く勉強や資格は、今実際に持っている免許をすべて書きます

運転免許や調理師免許、準看護師免許など、何でも構いませんから、持っている免許、資格をきちんと書くことが大切です。

書き順は、その資格を取得した順番に書きましょう

順番がバラバラだと見た目の印象が悪くなり「書くことを整理できない人だな」と思われてしまうともったいないです。

とはいえ大学生ですからまだ運転免許すら持っていない、という人も少なくありません。

何も免許がない場合は「特になし」と書いても問題ありませんから、くれぐれも嘘で何かの免許を持っている、と言うようなことは、絶対にしないように心がけましょう。

履歴書に書く免許を偽って採用されたら、解雇になるだけでなく、偽証罪に問われることもゼロではありません。履歴書は格好をつけるものではなく、自分のデータとして、応募先に知ってもらうものです。

ただし運転免許や、その他の免許を現在取得中、 勉強中、と言うことであれば、 免許記入欄に(〜免許取得のため、勉強中)などと、 記入しておくことも悪くはありません。

英検や簿記などの資格があれば、採用されやすいことも

例えば外国人の観光客がよく来店するカフェであれば、英語が話せるスタッフを募集しています。

語学の資格があるからといって、ペラペラに話せるわけではありませんよね。

とはいえ「英検○級」を持っているのなら、応募先も探している人材の資格として適切なものであれば、採用してくれる可能性があります。

また、オフィス作業の場合は、簿記の〜級と言うだけで優遇されることもあります。

このように、雇用するときに免許や資格というのは、採用されやすくなるものです。応募先の職種にかかわらず、資格がある場合は全て記入しておきましょう。

この時も免許と同様、嘘の資格を書いてはいけません。

アルバイトですから、そこまでうるさくは言われないにしても、履歴書を偽装してしまうと、採用どころか後々面倒になることもあります。

履歴書を書く際には、大きなことや嘘をつかずに、等身大の自分も上手にアピールできるツールとして、きちんと履歴書を使うようにしましょう。

免許や資格を取得中の場合も、記入して良い

大学生の場合、バイトをしながら、学校に通っていることが前提ですが、そうであれば、今現在、取得中の勉強や資格があってもおかしくないものです。

免許や資格を記入する欄に、「取得中」や「勉強中」といった内容を書くことおすすめです。

採用されたときに「履歴書に記入した勉強や資格を取得するため、〜日を休みにして欲しい」などと事前に言っておけば、1から説明しなくてもスムーズにシフト調整ができるようにもなるでしょう。

逆に、資格や免許が何もないからといって、採用されないわけでもありませんから、免許資格があったほうがいいなと思う人は、今のうちから取得に向けてやっていくのもおすすめです。

もちろん、書くことがない場合は「なし」と書いて大丈夫です。

↓マイベストジョブは必ずお祝い金がもらえます↓

大学生歓迎のバイト先なら、大学生の履歴書に慣れているところも多いので、多少書き方がうまくいってなくても、読み取ってくれる場合も多いです。

必ずお祝い金がもらえる求人サイト知ってますか?

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ