こんな人は履歴書・書類選考に落ちる!ダメな履歴書・NG事例

こんな人は履歴書・書類選考に落ちる!ダメな履歴書・NG事例

バイトの面接の前に、書類選考で履歴書を提出するケースは多いもの。そのとき、応募者が多いと、まずは書類審査となる場合がほとんど。どんな履歴書が落ちやすいか、また逆に、NGにならないための書き方の基本を解説します。

・スカスカな履歴書
・色ペンを使った履歴書
・汚い字の履歴書
・誤字脱字が残ったままの履歴書
・使い回し、コピーされた履歴書
・顔写真のマナー違反
・そもそも募集対象外なのに応募している

こんな履歴書になってないか、自分でもチェックしつつ確認してみてください。

手抜き感がいっぱいの履歴書はNG

人気が集中する仕事であればあるほど、書類選考から厳しく評価されています。「書類選考から、なかなか通らない」という人は、自分の履歴書を友達や家族にも見てもらってみては。パッと見て空欄が多いスカスカの履歴書は、担当者から「ヤル気あるのかな…」と思われがちです。
履歴書は、空欄のスペースが多いより、ある程度びっしりと書いてある履歴書の方が評価してもらえるでしょう。

履歴書を書くのは、必ず黒のインクのものを使用します。ボールペンで書く時は、青色ではなく黒色で。万年筆で書くのが正式といわれていますが、黒のボールペンであれば大丈夫です。インクは消えてしまうおそれのある水性ではなく、油性にしましょう。

なお、派手にする必要はないので、赤や黄色など、カラフルなペンで書くのはNG。読む人が見にくくなってしまいます。鉛筆や摩擦で消えてしまうようなペンで、履歴書を書くのもやめましょう。

汚い文字の履歴書はそれだけで印象×

履歴書は、手書きのものを作成することを望まれる場合があります。最近はパソコンで作成したものでもOKの企業も増えてきていますが、「直筆の字は、その人柄が映しだされる」と考える人もいて、字がキレイな人は、それだけで好印象になりますよ。

もし字がそれほど上手には書けなくても「一生懸命に書いたか」というのが大切。見る人が見れば、字の節々に丁寧に書いたかどうかは分かるもの。急いで書いたり、雑に書いたりした履歴書は、担当者から見て「適当に書いたんだろうな=適当な人なんだろうな」という印象になってしまいます。

間違えた字を書いていたり、間違いを修正ペンで消してしまったりはNG。ミスのない正式な文書として提出するものなので、失礼にあたります。書き間違った場合は、大変ですが最初から書き直した方が無難です。略字や誤字・脱字がなく、作成したあとは必ず自分で確認し、読みやすい履歴書を書くようにしましょう。

なお履歴書は1回応募するごとに、きちんと書いて提出するもの。似たような職種だからといって、過去の履歴書を「使いまわし」するのはやめて。過去の履歴書をコピーして使うのは、マナー違反です。

顔写真が個性的すぎる、マナーに反している

書類選考で「履歴書」を見る時、まず第一に目がいくのは「顔写真」。金髪、大きなピアス、派手なメイク、個性的なファッションなど、『見た目が個性的すぎる』とマイナスの評価になります。アパレルのアルバイトの場合は、個性や派手さはファッションの1つとして評価されますが、他の職種であれば、むしろ地味な方が良いくらいでしょう。

また履歴書に貼る顔写真は「証明写真」を使用します。スナップ写真やプリクラ写真、自撮写メなどの写真を使用してはいけません。
スタジオで撮った写真か、スピード写真撮影機で撮影したものを使いましょう。

顔写真については、以下の記事に詳しく解説しています。
履歴書に貼る顔写真、撮影、貼り付け3つのポイント

そもそも募集対象外なのに応募している

求人情報に「学生不可」と書いてあるものに対して、自分が学生であるにもかかわらず、応募したりはしていませんか?また求人情報に「自動車運転免許必須」と書いてあるものに、免許がないのに応募をしていませんか?

求人の中には「求める経験、資格やキャリア」が明確にある場合があり、そういったケースだと、なかなか書類選考から通りにくい傾向。また「高校生NG」な職場も多く、高校生という理由で書類選考を落とされることも多々。どうしてもそのアルバイトが気になる場合は、できれば前もって電話など「高校生だけど応募してもいいですか?」と聞くようにしましょう。

バイトするなら知らないと損!必ず祝い金がもらえるサイト

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ