アルバイト始めるときの履歴書用紙の選び方のポイント~A4・B5問題も

アルバイト始めるときの履歴書用紙の選び方のポイント~A4・B5問題も

アルバイトに応募すると、多くの場合、履歴書の提出を求められます。履歴書用紙はどれを選べばいいのでしょうか。最近はwebでのエントリーが可能な求人も少なくありませんが、選考の途中や採用時に、改めて履歴書を求められることもあります。そんな履歴書ですが、文房具店などで売られているものは、サイズや記入内容もさまざまです。一体どんなものを選ぶのが良いのでしょうか。

おすすめ・定番は市販の「アルバイト用の履歴書」

アルバイトの応募に際して提出する履歴書であれば、やはり、アルバイト用に作成された履歴書を使うのがおすすめです。

アルバイト用の履歴書は、一般的な履歴書(就職・転職を希望する人が使うもの)に比べて、志望動機や職務経歴の欄が小さめになっていたり、一方で、曜日ごとに勤務可能な時間帯を書く欄が設けられていたりします。

もちろん商品によって差はありますが、アルバイトに応募する人とアルバイトを採用したい人、どちらにとっても使いやすいよう、工夫されているのです。

こうした履歴書はネット通販のほか、大きめの文房具店や100円ショップでも購入できます。長文を書くのが苦手な人は自由記述欄が小さめのものを選ぶ、塾や家庭教師のアルバイトに応募したい場合は、得意科目を書く欄があるものを選ぶなど、アピールポイントや応募先に合った履歴書を幾つか見つけておくと良いでしょう。

履歴書用紙のサイズは、A4・B5どちらでも大丈夫

履歴書はA4とB5、どちらで書けばいいのか?初めてアルバイトに応募する方の多くは、まずはここで悩むのではないでしょうか。就職・転職活動時の履歴書については、基本的にA4のものが推奨されています。

一般的なビジネス文書に用いられる用紙サイズがA4であるため、求人側が整理しやすいだとか、B5では自然と文字が小さくなってしまうので、採用担当者が読みづらくなるからだとか…。いずれにせよ、就職・転職活動においては、B5の履歴書ではあまり使われていません。

では、アルバイトへの応募ではどうでしょうか。結論からいえば、A4・B5どちらでも問題ありません。ただし、履歴書以外に志望動機書などの提出が求められる場合は、その用紙とサイズをそろえた方が、採用担当者が整理しやすくなるので、印象は良いかもしれません。

店頭で入手しやすいのはA4よりB5ですし、B5の方が安く購入できる場合が多いようです。またB5のものであれば、駅などで無料配布されている求人誌にも付いているケースがあるようです。書き損じの多い方などは、B5を利用するのが経済的でしょう。

ネット上のテンプレートは印刷する用紙に注意

近年は、履歴書のフォーマットをwebからダウンロードして、プリンターで印刷して記入する方も増えてきています。その際に注意したいのは紙の厚さ。市販の履歴書はある程度厚みのある紙を利用している一方、自宅のプリンターで印刷した場合、コピー用紙などだと薄くて傷みやすく、耐久性に欠けるおそれがあります。

採用する側がそれを不便だと感じれば、応募者の印象も悪くなりかねません。また、耐水タイプではないインクで印刷した場合、ちょっとした湿気や、消しゴムの摩擦でにじんでしまう可能性もあります。

厚めの用紙に印刷できればOKです。普通紙は記入の練習に使う分には問題ありませんが、応募の際はやはり、市販されているものか厚めの用紙に印刷するのが無難です。

履歴書の作成は、アルバイト採用の「入り口」です。書き慣れるまでには少し、時間や費用も掛かりますが、上手に作れるようになれば、将来の就職活動にも役立つことでしょう。時間自分のアピールポイントや応募先に合ったものを選んで、皆さんの長所が活きるものに仕上げてくださいね。

履歴書の中身の書き方は、こちらで完全マスターできます。
未経験者歓迎のバイトのなかには履歴書不要のところもあります。当日、面接の前に所定のシートに分のアンケート形式で回答するという選考方法をとっているのです。

↓マイベストジョブは必ずお祝い金がもらえます↓

バイトするなら知らないと損!必ず祝い金がもらえるサイト

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ