バイト先に送る履歴書につける「添え状」の正しい書き方・使い方‏

バイト先に送る履歴書につける「添え状」の正しい書き方・使い方‏

添え状とは、履歴書と一緒に同封するあいさつ文のこと

先方に好印象を持たれる添え状。添え状をつけるのは、履歴書だけではありません。FAXを送るときや、請求書を送るときなどに『いつもお世話になっております。○○を送付させて頂きます』というような送付状も、添え状のひとつです。履歴書を郵送するときに添え状をつけると、担当者への印象が良くなります。

郵送時に付ける添え状は、他に「送り状」「送付状」とも呼ばれ、記載する内容はおおよそ以下のとおりです。

  1. ・送付先の会社名、担当者名(わかれば)
  2. ・自分の名前、連絡先(電話番号、メールアドレスなど)
  3. ・簡単な挨拶文
  4. ・送付物の内容(履歴書 1通)など
  5. ・以上(締めの言葉)

添え状は、履歴書だけではなく、社会人になってからも必要なあいさつ文、として心がけておくとよいでしょう。

履歴書と一緒に、書いたほうがいい添え状は、まずはあいさつ。例文としては『この度、貴社に応募させていただく○○と申します。履歴書をお送りいたしますので、よろしくお願いいたします』というように簡単な添え状でもあるとよいでしょう。

また、事務などの会社勤務のアルバイトであれば、『応募動機は○○です』『資格〜などがあります』など、履歴書の内容でアピールしたいことを、添え状にも書いて出す場合もありますが、あまり難しく考える必要はありません。『この封筒には履歴書が入っています』ということがわかるような、簡単な添え状でも問題ないでしょう。

添え状は、礼儀としてあると大変ベターなものです。添え状があれば、かならず採用される、ということではありませんが、アルバイトの応募でも、きちんと添え状を入れておくと、面接官に好印象を持たれます。

堅苦しいものは避けて。添え状はなるべく簡潔に

添え状は、簡単な送付状活用するのがベスト。いくら礼儀といっても、『拝啓』や『…でございます』『敬具』など、かしこまった文章は、逆にわざとらしく感じられる場合があります。

『履歴書を在中していますので、よろしくおねがいします』というように簡潔に書くとよいでしょう。添え状はないよりも、あったほうが好印象です。また『添え状』と記入する必要はありません。添え状を書くときはまず冒頭に「○○社(店) 御中 」など、店名や会社名宛てで書きましょう。

その後に『この度、貴社に応募させて頂きました○○と申します。履歴書を送付(在中)しておりますので、よろしくお願い致します』など短い文章で問題ありません。

添え状がないとダメ、というわけではありませんが、ひとことだけでも、あいさつ文を書くだけで印象がよくなるのであれば、活用したいですよね。また、添え状は社会人になると書類を送付する際に、当然のように必要となります。添え状を書く、ということを今から覚えておくと、将来、定職についたとき役に立ちますよ。

履歴書の添え状は、手書きがおすすめ

一般的にFAX送信や、請求書、納品書などの書類につける添え状は、パソコンで作って印字されたものが一般的です。しかし、アルバイトの応募であれば手書きでも大丈夫です。

学校の授業でノートを取るのとはわけが違いますので、ルーズリーフと鉛筆で書くのはやめておきましょう。

添え状のサイズには、決まりがありません。小さめのシンプルな便箋でもかまいません。かわいらしいイラストや色紙ではなく、シンプルな白紙で、罫線のある用紙にボールペンで書くとよいでしょう。
また、送る際の封筒は白い封筒で、履歴書と一緒にクリアファイルに入れて郵送すると好印象です。

こちらも:バイト用の履歴書は封筒に入れると採用率アップ?

必ずお祝い金がもらえる求人サイト知ってますか?

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ