高校に内緒でするバイトは危険!ばれたら停学もある

高校に内緒でするバイトは危険!ばれたら停学もある

ばれたらクビになり学校も停学の可能性もある

高校生がバイトをするには、学校の許可証と保護者の承諾証が必要になります。

つまり、学校だけでなく保護者の承諾も必要ということです。

高校と保護者に内緒でバイトをして、バレたらほとんどの場合はバイト先から解雇になりますし、高校によっては校則が厳しいところであれば、停学の可能性もあるでしょう。

許可書など、バイトの手続きは少し面倒に感じるかもしれませんが、面倒がって年齢を偽ったりするとあとあと大きなトラブルになりかねないので、きちんと手続きをとってバイトをするように心がけましょう。

バイト不可の高校に在学中は、基本的にバイトをすることはできないと考えた方が良いでしょう。

家庭の事情で、働かなければ高校に通えなくなった、などと、特別な事情があったとしましょう。

しかし、1人だけバイトを許可することはできませんから、高校をやめるしかない、という選択になることもあります。

もちろん、そういった事情であれば奨学金制度を使うという手段もありえますので、担任の先生などに相談することも必要です。

応募する前にバイト許可証をもらっておこう

バイトが可能な高校で黙ってバイトをしても、保護者の承諾をもらっていれば、きちんと学校の許可証を書いてください、などと怒られる程度で済む可能性もあります。

しかし雇う側にも責任があるので、高校生の場合は面接の時に「許可証の提出」を求められることが多いです。

高校生を雇っていても、許可などを気にしないバイト先もあるかもしれません。

一見、ラクでいいと思いがちですが、そういうところはきちんと決まりを守っていないということのあらわれですから、働いている人の権利もきちんと守らないお店や企業かもしれません。

また、高校生は未成年ですから、雇う側にも充分責任があります。

深夜に働かせると違法になるので、バイト先が営業停止になってしまうこともありえるでしょう。

保護者、学校、バイト先が連携して、高校生のバイトを支えるのですから、少々厳しくても、きちんと許可証の提出を求めてくるバイト先のほうが信用できます

きちんと書類をそろえて提出してくださいというバイト先で働くようにしましょう。

保護者の承諾もきちんと得ておこう

保護者の承諾を得ていない場合は、想像以上にもめる可能性が大。保護者によっては、許可証もないまま雇用したバイト先にクレームをつけますし、高校にも管理・指導不足だと苦情を訴えることもあります。

こうなるとバイト先と学校に、多大な迷惑がかかってしまいますから、しっかり手続きをしてから、堂々とバイトをすることが大切です。

校則でバイトが禁止されていない高校なら、許可さえもらえば、難なくバイトができるのですから、まずは保護者にバイトの許可をもらって、次に学校の許可証を手に入れてから、バイトをするのが無難です。

承諾書作成の流れは、学校で用紙をもらって、必要事項に記入した上で、保護者の承諾欄に署名と印鑑を押してもらいます。

それを学校へ提出し、学校からも署名と捺印をもらいます。

そのあとバイト先が決まったら、店名を記入しますが、高校によってはバイト先の署名と捺印をもらい、最終的にバイト先、学校、保護者の三者に許可書のコピーを渡す、というところもあるでしょう。

面倒に思えますが、後々バレてクビになったり、停学になったり、親に怒られるよりは、許可をもらうほうが簡単です。

学校の許可についてはこちらも詳しく解説しています。

↓マイベストジョブは必ずお祝い金がもらえます↓

高校生歓迎のバイト先なら基本的に全て法律を守りながら対応しているところと考えて良いでしょう。

必ずお祝い金がもらえる求人サイト知ってますか?

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ