在宅データ入力のバイトは稼げるの?時給の相場、高校生・大学生も可?

バイトで在宅の仕事はデータ入力が人気

パソコンを使っておこなう在宅データ入力のバイト。データの入力の内容は、会社や発注元によって入力情報が簡単なもの、複雑なものと色々な種類があります。

今回、在宅ワークの仕組み自体をお伝えをした上で、そのなかでも在宅データ入力のバイトとはどういうものなのか、どんな種類のデータ入力のバイトがあって、どのくらい稼げるのかということと、高校生や大学生でもできるのかということについて詳しく解説します。

在宅ワークの報酬は時給ではなく「完成した成果」に対して支払われる

「在宅ワーク」とは文字通り、家で仕事をすることです。主にパソコンを使って、ある仕事を完成すること(例えば特定のデータを入力すること)を発注元に約束して、発注元がその結果に対して報酬を払う約束をする「請負契約(業務委託契約)」に基づいて行う仕事を意味します。同じ家で働く仕事でも、都道府県ごとに最低工賃などの特定の設定がある「家内労働法」に保護される内職とは異なるものです。

例えば、1000件のデータを入力し、1万円の報酬を受け取る、締め切りは○日以内、というような契約です。その入力に自分が10時間かかっても20時間かかっても、受け取る報酬は変わりません。

1万円の仕事を10時間でできれば時給に換算すると1,000円、20時間かかると時給換算すると500円になります。

この点、普通のアルバイトは仕事をした時間に対して給料が支払われるので、異なっています。人によっては1時間あたりの受け取る金額が多い人もいれば、少ない人もいるというわけです。

誰にでもできて人気の在宅ワークがデータ入力

在宅ワークの仕事には、ITや事務、デザイン、専門的なサービスなどがあります。代表的なものは、ウェブサイト、ホームページの作成をはじめ、文書やデータの入力、ウェブデザインや編集、音楽や映像の制作・編集のほか、設計・製図、翻訳などです。

この中で人気があるのは、例えば、住所や番号など、紙に書かれたデータをパソコンを使ってデジタルデータに作成、入力する仕事です。スキルとしては、文字入力と簡単なパソコンの操作、メールの送受信ができれば問題ありません。

他には、座談会などのテープ(録音)を再生し、話されている内容(言葉)を打ち込んでデータ化する「文字起こし」と呼ばれるという仕事や、比較的高いスキルが必要なものでは、デザイン・イラスト作成の仕事があります。これは誰にでもできるものではなく、依頼主のイメージ通りのものを創り上げる、創作能力が必要になってきます。

また、在宅ライター業務も、オーダーにそった内容の原稿を納品するという、特別なスキルが必要になる仕事です。他にも、翻訳は、語学力が必要になりますね。

家で作業できる時間があり、集中して丁寧な作業ができる人に向いている

在宅ワークでは、どこかの職場まで移動して何かの仕事をするというのではなく、インターネットを介して仕事の依頼を受けたり、郵送、メールなどで業務のやりとりをします。

子どもが小さくて家にいなくてはならない主婦・主夫の方、身体の調子が悪くて家で仕事をしている人、会社などの職場に行かなくてもできる仕事をしている人などが、在宅ワークというスタイルを採っていることがあります。

特にデータ入力のバイトでは、「ExcelやWord等、簡単なパソコン入力ができればOK」というところも多いのが特徴。したがって、応募もしやすく、採用もされやすい傾向があり、在宅ワークのなかでも人気があります。

データ入力の基本はパソコンで文字・数字・情報を登録する仕事

データ入力の仕事といっても内容は様々で、例えば以下のような仕事があります。

  • ネットで調べた電話番号を入力する
  • 不動産物件の情報を特定の形式で入力する
  • あるデータを編集して別のデータに置き換える、図面やグラフを作成する
  • 通販や応募はがき、アンケートなどの個人情報を入力する
  • 手書きの申し込み書をパソコンで登録する

こういった仕事のなかでは、ネットで調べた電話番号を表に登録していくような単純でわかりやすいデータ入力が定番のものとして人気があり、募集の数も多くあります。ただ、他の仕事も、作業ごとに、ルールや入力のマニュアルが決められていることがほとんどですから、基本的なパソコン入力ができれば、特に難しい仕事ではないといって良いでしょう。

こういった内容をコツコツ入力していくのが在宅でのデータ入力ですが、集中して作業をするのが得意な人には、データ入力の仕事は向いています。また、在宅なので接客をする必要もありませんから、一人で黙々と作業したい人には向いているでしょう。

以上のように、データ入力関係の仕事は高いスキルが必要ではなく、作業時間の見込みも読みやすいので、人気があります。どれだけ稼げるか、ということについては、自分の作業速度と正確性次第と言えます。

個人情報を取り扱うデータ入力は基本的に在宅ではできない

個人情報のデータ入力のバイトは、在宅ではなくオフィス内勤務が多いです。個人情報は、氏名だけでなく住所、年齢、家族構成なども含まれている場合がありますから、データ管理をしっかりしなければなりません。オフィス内であってもパソコンを開きっぱなしにしない、情報を人に言わないしないなど、セキュリティも万全に行わなければいけません。

もちろん、個人情報を漏えいしてしまうと大変な事故になりますから、故意に情報を漏らす人はいないでしょう。ただ、家のパソコンのセキュリティーが甘く、個人情報が流出してしまった、ということを避けるため、オフィス内での勤務が多い、というわけです。

1時間あたりの報酬の相場は数百円~1,200円程度が多い

あらかじめマニュアルが設定されていることが多いデータ入力。発注内容によって、どのように入力するかや報酬額が異なります。決まりとしては、1つの作業(一定件数の登録)ごとに、○件で◯円、など報酬が決まっているのが一般的です。

件数に関係なく時給で給与が出る場合は、上で説明したような個人情報を入力するオフィス勤務のデータ入力です。様々なデータ入力バイトのなかで、報酬が高くなるのは、作業工程が複雑なもの、特定の知識・スキルを必要とするものなどです。

例えば、データを入力してからさらに編集してグラフや図表を作る、計算式を作るなどまでが含まれる作業は1件あたりの報酬額は高くなります。また、データに外国語が含まれている場合などは語学力が必要となる場合があり、こういったものも報酬は高く設定されているものがほとんどです。

専門的な能力が必要なデータ入力は1件数百円から高いと数万円のものもあります。また、ごく単純な数字や文字を入力する、というデータ入力は、報酬単価が1件1円など安く設定されているケースが多いです。自分がパソコンが得意で、タイピングや数字の入力も早いということであれば、実質的な時給はどんどんアップしていきます。

平均すると、1時間あたりの報酬としては数百円~1,200円程度の仕事が多いです。また、個人情報を取り扱うデータ入力で、勤務先まで行って仕事をする場合は、時給1,200円以上のケースがほとんどです。

高校生・大学生でもできるデータ入力の仕事もある

基本的なパソコンの操作ができれば、学生でもできるデータ入力の在宅ワーク。応募のしやすさが人気の仕事です。

最初に紹介したような、単純な数字を打ち込む、文字を打ち込む、数値化したデータをパソコンで編集するなど、データの入力にもさまざまなジャンルがありますから、なかには高校生でも応募が可能なものはあります。

ただし、高校生が応募する場合、基本的に学校の許可や保護者の承諾が必要です。ネット上で無料登録で稼げる在宅ワークも存在しますが、データ入力だけのお仕事かどうか、具体的にどのような内容なのかなど、トラブルを防止するため、契約内容や規約をしっかりと確認することが大切です。

このように、高校生は許可、承諾書類の準備も必要なため、一般的には高校生が在宅で可能なデータ入力バイト、というのは多くはないと言えます。逆に、大学生については特に応募制限などはなく、問題なく応募できるケースが一般的です。

登録費・テキスト代など仕事の前に費用を請求する会社には要注意

「○○でも絶対に稼げる在宅ワーク」(○○には「主婦」や「高校生」などが入ります)などと言って募集している会社にも、気をつけなければいけません。全ての会社が悪い、というわけでは決してありませんが、怪しい会社が存在するのも事実です。

「簡単な仕事で高収入が可能」などのうたい文句で引き寄せておいて、最初に高額な登録料や教材費、研修の費用などを請求する詐欺まがいの募集もあるので注意が必要です。「話がうますぎるのでは」など少しでもおかしいと思ったら、消費生活センターに問い合わせることをおすすめします。

大学生になると、在宅でのデータ入力が可能な場合もありますが、なかには怪しげな会社も存在しているため、学生でも社会人でも、利用規約や会社情報をよく確認して、慎重に応募しましょう。

また、高校生・大学生OKで在宅ではない、オフィス勤務でのデータ入力は、短期バイトで募集されるケースがあります。夏休みや春休みなど期間限定のバイトですが、そういった求人に応募するのはおすすめです。

いつでもどこでも、パソコンやスマホがあればできる便利な在宅ワーク。時間に縛られずに、自分の得意なことや、経験や資格を活かしてできる人気の仕事ですが、契約については条件などをきちんと確認しておくことを忘れないようにしましょう。

データ入力の求人は大阪・東京に多い

地方にもデータ入力のバイトはあります。しかし在宅でもデータ入力が可能なバイトでは、どこに住んでいても仕事ができる、というメリットがありますよね。かといって全ての会社がデータ入力のバイトをする人に、直接、仕事を発注する、というわけではありません。

その仕事自体をほかの会社(代理店)に依頼し、その代理店が東京や大阪には比較的多くあるという事情があります。したがって、データ入力のバイトを募集は東京や大阪に多い傾向があります。

在宅データ入力に関しては、代理店のあるエリアの人でなければ応募を受け付けない、ということはめったにありません。また、上で説明したように、基本的にメールや電話でのやりとりのみで仕事が進むので、もし気になる求人があれば県外の求人でも応募してみると良いでしょう。

まとめ

在宅ワークのなかでも人気の高いデータ入力のバイトについて、仕事の内容、種類や報酬、注意点について詳しく解説しました。

在宅ワークのメリットといえば、なんといってもどこでも仕事ができるところ。パソコンやスマホさえあれば、自宅でなくても学校やカフェなどでも作業が可能です。他のバイトと掛け持ちしたり、主婦が家事や育児の合間にできる在宅ワークは、空き時間を有効に使うにはぴったりの仕事と言えるでしょう。

仕事のスケジュールを自分で決められるので、時間に縛られずにマイペースで進められるのも嬉しいところ。ただ、自由な分、自分で計画性を持って仕事を進めなければ、納期に間に合わなかったり、仕事量が少なく収入につながらないという結果になってしまうこともあります。

時間配分やモチベーションの維持など、しっかりと自己管理をする必要がある仕事だということを覚えておきましょう。様々な種類のデータ入力の求人はありますが、大学生はできても、高校生はできないケースがありますので、高校生で応募しようとしている場合、応募可能かどうかを確認してから応募されることをおすすめします。

がっつり働くわけではないということでバイトを考えているなら、こちらの記事もおすすめです。
データ入力のバイトでオフィスに勤務するもの、そうでないもの様々ありますが、自分に合ったものを探してみましょう。

↓マイベストジョブは必ずお祝い金がもらえます↓

バイトするなら知らないと損!必ず祝い金がもらえるサイト

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ