高校生はバイト許可証がないとバイトできない?実態は‏

高校生はバイト許可証がないとバイトできない?実態は‏

学校が発行する許可証が必要

高校生がバイトをする時に、必ず必要なものがバイトの許可証です。学校から発行されるものがほとんどで、学校の許可はもちろん保護者の承諾、サイン欄があります。

高校生は学校と保護者の許可がないとバイトができません

万が一、バイトに行く途中に、事故に遭ってしまったり、バイト中に怪我をしてしまったなどと言う場合に、保護者や学校の許可を得ずに採用したバイト先も、責任問題に問われる可能性があります。

許可証は、採用する側ももらっておかなければいけないものです。バイトをする人も、学校や保護者に言わずコソコソとバイトをするよりも、良いですよね。

ごくまれですが、校則でバイト禁止なのに、学校に黙ってバイトをする人もいて問題になることがあるので、ほとんどの応募先で許可証は必要不可欠と言っていいでしょう。

年齢や校則違反がバレたらクビになる

「校則ではバイトが禁止だけど、バレないと思ってバイトしていたら、すぐにバレてしまった。バイトはクビになって、学校は停学になった」という人もいます。

校則違反の処分は高校によって異なりますが、学校側からバイト先に確認がいき、本当は校則でバイトが禁止されている、ということをバイト先が知った場合は、クビになることがほとんどです。

こうなると、バイト先にも迷惑がかかってしまいますから、バイトが校則で禁止されている場合は応募するのは避けたほうが無難

せっかく仕事をするのですから、堂々と仕事ができる環境になってから、きちんと働くことがおすすめです。

応募前に保護者と学校から許可をもらっておこう

学校の許可があっても、保護者の印鑑がないと許可証が成立しないという場合もあります。

許可証などを気にしないお店であれば、許可証がなくても採用されるかもしれませんが、バイト先の中には稀に悪質な会社もありますから、「許可証を出して下さい」ときちんと言ってくれる応募先のほうが信頼できますよね。

また面接時にバイトの許可証が必要な場合と、採用が確定してから許可証の提出をお願いされることがあります。

応募する時点では許可証がなくても、学校や保護者からの承諾は、最低限もらっておくように心がけておきましょう。

許可証がなくても、承諾を得ている場合は、「許可証はありませんが、学校と保護者には、応募することに同意と承諾をもらっています。採用されたら、改めて、許可証を持ってきます」などと伝えれば問題ありません。

しかし本当は承諾ももらってないのに、嘘をついて「承諾されている」「許可証がある」とウソをつくのは、絶対にNG。高校生は許可証がなければ、働くことができないということを、覚えておきましょう。

また家庭の事情などで、どうしてもバイトをしなければいけないような状況であれば、校則でバイトが禁止されている学校でも、相談してみるのも悪くありません。許可の判断は、それぞれの学校によって異なりますから、バイトをするときは学校と保護者に承諾をもらってから、応募するのがベストです。

高校生の深夜バイトももちろん許可が必要です。

↓マイベストジョブは必ずお祝い金がもらえます↓

高校生が応募可能な求人だけが載っていて、自分の通う高校周辺のバイトが探せます。

バイトするなら知らないと損!必ず祝い金がもらえるサイト

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ