【バイト裏事情】居酒屋バイトは元気いっぱいじゃないとダメ?‏

【バイト裏事情】居酒屋バイトは元気いっぱいじゃないとダメ?‏

居酒屋にもいろいろなタイプがある

居酒屋のバイトは元気いっぱいで「いらっしゃいませ!」と笑顔で大きな声で接客をする、というイメージが強いですよね。

実際おとなしい性格の人は、「元気いっぱいに挨拶してください」などと言われてもどうしていいかわからない、という悩みもあります。

そういう人は居酒屋のバイトに向いていないのか、というと実はそういうわけでもありません。

居酒屋には大衆的な、ガヤガヤした騒がしいお店から、シックな雰囲気で全室個室の、品の良いお店までさまざまです。

笑顔で接客はできるけれど、大声で叫ぶように挨拶するのは苦手という人は、同じ居酒屋でも落ち着いた雰囲気のお店を選ぶと良いでしょう。

元気いっぱいじゃないとダメ、というのは居酒屋でひとまとめにする必要はありません。

お店によっては元気よく挨拶しなければいけないところもある、と思ったほうが良いでしょう。

元気いっぱいじゃない接客が好きな人もいる

久しぶりに会った友達とゆっくり話したい時などは、わいわいガヤガヤした居酒屋よりも、落ち着いた雰囲気のお店を好む人もたくさんいます。

接客に関しても同様で、必要以上にハイテンションで接客されると、不快感を感じるお客様もいるのです。

元気があるのと、ただうるさいのとはまったく違いますから、接客の方法を間違えないように気をつけましょう。

大声でいらっしゃいませ、ありがとうございました、を叫ぶのは、お店によっては悪くないことかもしれません。

でも、お客様のテーブルでオーダーをもらうときに、大きな声で注文を受けると、お客様によっては「そんなに大声を出さなくても…」と嫌がる人もいます。

お店全体の雰囲気を保ちながら、お客様の雰囲気にあった接客をする、というのが一番良いのですが、それはアルバイトを続けて習得するテクニックになるでしょう。

元気いっぱいに接客するのが苦手と思う人は、落ち着いた雰囲気の居酒屋を選んで応募すると間違いありません。

大声は必要ないお店もあるが、暗い顔での接客はNG

お店によっては落ち着いて普通に挨拶する、という居酒屋も少なくありません。

しかし、暗い顔で笑顔もなく接客をするのは絶対にNG

うるさいほど元気すぎる接客を嫌がる人もいますが、暗い顔での接客は、ほとんどのお客様に不快感を与えてしまいますよ。

元気よく挨拶するのは基本として、お客様の会話を妨げてしまうほどの大声で接客しなくて良いお店を選ぶのがポイントです。

おとなしい性格の人は、元気良く品良くといったテーマを意識しているような居酒屋でバイトをすると良いでしょう。

居酒屋のバイトに応募したものの今回の記事を読んで応募先の居酒屋はちょっと自分ができそうなイメージとは違うな…と思った場合、面接を辞退することを考えるのも一つの方法です。時給だけにとらわれず、自分に合いそうなお店をしっかり選ぶと良いでしょう。

↓マイベストジョブは必ずお祝い金がもらえます↓

居酒屋のアルバイトを探す ≪お祝い金付き≫

マイベストジョブは、お祝い金がもらえる求人サイトです。アルバイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

このページのトップへ