居酒屋のバイトの評判ってどう?出会いや楽しみはあるの?

居酒屋のバイトの評判ってどう?出会いや楽しみはあるの?

居酒屋でバイトをしよう!と思っても、いざ決めるとなると色々評判が気になって迷いますよね。アルバイトの定番とも言える居酒屋。楽しそうな気もするけど、何だかキツそうだし、ついていけるか不安でなかなか踏み出せないという人も多いのではないでしょうか。そんな居酒屋バイトの評判や、どんな人に向いているのかについて紹介します。

居酒屋バイトは、マイベストジョブならお祝い金がもらえます
《お祝い金》居酒屋のアルバイト・バイト求人を探す【マイベストジョブ】

居酒屋のバイトの3つの特徴

学生時代居酒屋でバイトしていた人や現在バイトしている人に評判を聞くと、「仕事はハードだけど楽しいし、まかないは美味しい」という答えが多く返ってきます。その具体的な内容をみていきましょう。

1.美味しいまかないが嬉しい

まかないとは、お店にある食材を使って従業員に提供される食事のことです。給料から食事代が引かれるお店もあるようですが、多くの場合は無料です。

高級志向の居酒屋になると、賞味期限の関係などで、学生の立場ではなかなか食べる機会のないような食材が出ることもあります。お店のメニューから選べるところ、調理の人が余りものを工夫して作ってくれるところとまかないのシステムは様々ですが、居酒屋は勤務終わりが遅くなることもあり、ほとんどのところがまかない付きになっています。これは居酒屋バイト最大のメリットといえるでしょう。

2.同世代の友達ができやすい

居酒屋のバイトは学生・若いフリーター歓迎のところが多いので、働いている人が同世代ばかりということもめずらしくありません。居酒屋の仕事には大きく分けて2つの種類があります。

お客さんと接して注文を受けたり飲み物や料理を運んだりするホールと、調理や皿洗いをする裏方のキッチンです。キッチンの仕事は重いものを扱うことも多いので男子中心の仕事になりますが、ホールは女子歓迎のお店が多いです。

そのため男女ともに働くことができ、学生の多いお店ではサークルのような雰囲気が味わえます。卒業、進学シーズンなど定期的な人の入れ替わりもあるので、様々な人との出会いもあります。

あまりにぎやかなのは苦手でちょっと人見知りがちな人は、大規模なチェーン店を避けてこじんまりしたお店を選ぶと比較的落ち着いて働けます。小さいお店でも、居酒屋はスタッフ同士の仲がいいところが多いですよ。

3.仕事は基本的に忙しくて大変

いい面を先に挙げましたが、やはり居酒屋の仕事はハードという声も多く聞かれます。居酒屋バイトのホールの仕事は、お客さんの案内、注文取り、飲み物の準備、料理を運ぶ、空いた食器を下げる、最後の会計とテーブルの後片付けがメインです。

これは飲食店ならどこも同じような仕事ですが、居酒屋の場合は1組のお客さんが注文する飲み物や料理の数が多く、重たいグラスやお皿を持って何回もテーブルとキッチンの方を行き来しなくてはいけません

二階があるお店や宴会の多いお店なら、さらに大変です。お客さんも酔っぱらっているので、無茶な要求や理不尽に怒られることもあります。心身ともに、ある程度のタフさは必要かもしれません。

大規模で安い価格設定の有名チェーン店ほど仕事がハードな傾向があるので、体力にあまり自信のない人は、小規模で落ち着いた雰囲気のお店の方がおすすめです。

居酒屋のバイトに向いている4つのタイプ

上の記事を読んで居酒屋で働いてみたい!と思っても、自分にできるかな…と不安に感じる人もいますよね。居酒屋のバイトには、以下に挙げる4つのタイプの人が向いていると言われます。

1.人と接するのが好きな人

これはホールの仕事に関してですが、ホールは接客がメインの仕事です。接客業では、人と接するのが好きなことは大きな強みになります。お客さんには色々な人がいますが、「ありがとう」と声をかけてもらえることも多くやりがいを感じられますよ。

恥ずかしがり屋で自信がないという人も、それをやってみたいという前向きな気持ちがあれば、接客は上達します。慣れるまでは怒られてしまう機会もありますが、ポジティブな気持ちで仕事に取り組めばどんどんできるようになります。

2.食べること、料理を作ることの好きな人

こちらは主にキッチンの仕事に関してです。キッチンは調理がメインの仕事になり、お店によってはメニューのアイディアにバイトの意見を生かすところもあります。未経験歓迎のお店も多く調理の基本は教えてもらえますが、やはり食べることや料理に興味のある人の方が向いています。

キッチンの仕事は重い鍋や食材を扱ったり大量の皿洗いがあったりして意外にハードなため、比較的、男性が歓迎されます。体力に自信があり、未経験でも料理をすることに興味がある、居酒屋メニューが大好き!という人はキッチンの仕事に向いています。

3.立ち仕事に耐えられる体力のある人

上にも書いたとおり、ホール・キッチンともにある程度の体力が必要になります。大きな居酒屋のホールの場合はお店がガヤガヤしているので、声が大きくよく通ることも大切ですが、これは練習すれば慣れることができます。

大きな声をだして忙しく働くのはスポーツにも近いので、いい汗がかけますよ。キッチンの仕事も火やお湯を使う場所で働くので、冷房がきいていても汗だくになります。汗をかくのが気持ちいい、忙しく働くことに充実感を感じる人には、居酒屋バイトがおすすめです。

4.冷静な行動と気配りができる人

体を動かすことが好きな人に向いているといっても、あまりがさつなのはよくありません。

居酒屋では、高級な日本酒やワイン、割れやすい大皿やグラスを扱うこともあるので、それなりに落ち着いた冷静な行動ができることも求められます。

また、お店全体の流れやお客さんの動きをみて、臨機応変な気配りも必要になります。最初からうまくできなくても、積極的な姿勢で先輩のバイトさんから学ぼうとする人に向いています。

自分に合いそうなお店を選ぶ

一口に居酒屋と言っても、誰もが知っている大手チェーン、値段の安さが売り、高級志向、女性やカップル向け、大将や女将さんが個人で切り盛りしているところなど、お店の特徴も雰囲気も様々です。

まかないのことを考えても、自分がお客として行ってみたいなと思うお店を選ぶと、仕事にやりがいや楽しみもあります。立地、客層、スタッフの年齢層、忙しさなど自分がここは譲れないというポイントを一つ作って、そこから検討することをおすすめします。

大切なのは興味とやる気

居酒屋の仕事はたしかにハードですが、美味しいまかない、同世代の仲間、お客さんとの触れ合いなど、楽しいこともたくさんあります。初めはみんな未経験。大切なのは、興味とやる気です。自分に合うかなと思うお店の求人に出会えたら少しだけ勇気を出して応募して面接に行き、不安なことは相談してみましょう。

居酒屋といっても色々あります。どこでも「元気いっぱい!」が必要になると思われていますが、実はそうでないところもあるのです。
自分の行ってみたい居酒屋バイトをチェックしてみましょう。

居酒屋のアルバイトを探す ≪お祝い金付き≫

マイベストジョブは、お祝い金がもらえる求人サイトです。アルバイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

このページのトップへ