バイト先の先輩が厳しいので辞めたくなった場合にすべきこと

バイト先の先輩が厳しいので辞めたくなった場合にすべきこと

学校以外の友人ができたり、交友関係が広がるのはバイト先での楽しみのひとつですよね。
しかし、バイト先の人とうまくいかないなど、逆に人間関係の悩みを抱えてしまうケースも少なくありません。
例えば、先輩が厳しすぎてバイトに行くのが辛いので、辞めたくなった、という場合もあります。そんなときにすべきことを解説します。

同僚や店長など周りの人に相談する

先輩だけに、自分から言いたいことも言いづらい、という状況になりがちですから、一人で悩みを抱え込んでしまい、結局辞めるしかない、という結論に行き着いてしまいます。

もしもそのバイトが気に入っていて、他のスタッフとはうまくいっているから、できるだけ辞めたくないのであれば、一番信頼のおける同僚などに相談してみましょう。

気持ちを聞いてもらうだけで楽になることもありますし、同僚が冷静にアドバイスや励ましの言葉をくれるはずです。

また、バイト先の責任者などに相談してみるのもいいでしょう。

周りに相談する時に気をつけたいのが、その先輩の悪口にならないようにすること。「厳しすぎてむかつく」など感情的な言葉で相談すると、相談されている方は「ただの悪口だな」と思い、聞いていて気分もよくないものです。

「先輩が厳しすぎて辛いんだけど、どうしたらもう少し優しくなってもらえるかな?」、「自分に悪いところがあるのかな」などと、謙虚な気持ちで相談することが大事です。

本人に自分の思っている気持ちを伝える

バイト先の先輩が厳しすぎて辛い時、周りの人に相談すればフォローしてくれるはず。

それでも状況があまり変わらず辛い時は、勇気を出して本人と話をするというのもひとつの方法です。

その先輩にはすでに苦手意識がありますから、話しかけることさえ怖いかもしれませんが、きちんと誠意を持って自分の気持ちを伝えれば、相手も意外とすんなり聞いてくれるかもしれませんよ。

その先輩も、気づかずに厳しくしていたり、「〜さんに早く仕事を覚えてもらいたいから、つい厳しくしてしまった」など、その人なりの思いがあるかもしれません。

相手がどういう思いで厳しくしているかが分かれば、厳しくされても納得がいったり、あまり落ち込まずにすむはずです。

「自分に足らないところがあるからしょうがない、とは思っているのですが、実は、厳しくされるのがちょっと辛いんです」など相手を責めるのではなく、自分が辛いことを伝えれば、向こうも「厳しくしすぎたかな。ちょっと優しくしよう」と思ってくれるでしょう。

ストレスが強いなら無理せず辞めることも考える

周りの人や先輩に相談しても、状況が改善されない場合は、もちろん辞めるという選択肢もあります。

辛い思いを我慢して体調や精神状態を悪くするまで、バイトを続ける必要はありません。
辞めるしかない、と思ったら、早めに上司や責任者にその旨を伝えましょう。

バイト先も、代わりのバイトを探さなくてはなりませんから、できれば急に「明日から来たくありません」などという状況は避けること。辞める場合は2週間~1か月前までには伝えるようにしましょう。

しかし、体や心が限界だ、という状態なら、「ご迷惑をおかけするので本当に申し訳ないですが、このままだと病気になってしまいそうなので、すぐにでも辞めさせていただけませんか」ときちんと説明すれば、分かってもらえるはずです。

先輩ではなく上司、店長と合わない場合はこちらの記事も参考にしてください。
短期、単発のバイトはどんなタイプの先輩や責任者がいたとしても、短期間接するだけでバイトの期間は終わります。

↓マイベストジョブは必ずお祝い金がもらえます↓

必ずお祝い金がもらえる求人サイト知ってますか?

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ