バイト期間中、就活や帰省でスムーズに長期休暇を取るコツ

バイト期間中、就活や帰省でスムーズに長期休暇を取るコツ

長期休暇を取りたいときは早めに伝えるのが基本

学生は試験があったり、実家に帰省したりして、どうしても長期でバイトを休みたい、休まなければいけない時期があるかと思います。

長く休みたいと思ったら、その旨を早めにバイト先に伝えましょう。コンビニや居酒屋など、シフト制のバイトであれば、誰か一人でも抜けると困るもの。

自分が出勤するはずだった時間に、ほかの人が代わりに働いたり、繁忙期であれば新しく人を雇わなければいけないかもしれません。バイト先に迷惑がかからないように早めに、理由を伝えて長期休暇を取りたい、と相談をしましょう。

ただ、自分や実家の家族が突然病気になったりして緊急の場合には、急な相談になっても仕方がありません。

どちらにせよ、「私の都合で大変申し訳ないですが、○○の事情で△月△日から△日まで長期のお休みをいただきたいと思っています」と、正直にはっきりと、理由と休暇希望期間を述べましょう。

かなりの長期休暇になる場合は一旦辞めるという選択肢も考えよう

試験や帰省などで休む場合は、数日から長くても1ヶ月くらいという場合が多いと思います。

いくらバイトといっても、バイト先にとっては信用して雇った大切な人材ですから、数日〜1ヶ月でも休むと、多少の迷惑はかけるものです。就職活動や留学などで、数ヶ月休みたい、という状況になった場合は、一旦バイト先の担当者に相談をしましょう。

お店や職場の状況によっては、数ヶ月間休んでまた戻ってくることを受け入れてもらえるかもしれません。

しかしほとんどの場合は、その数ヶ月の間を切り盛りするのに新しい人を入れなければならず、その新しい人が数ヶ月働いた後、あなたが戻ってくるから辞めてほしい、という訳にはいかないでしょう。

また、戻ってくるつもりが状況が変わって休暇期間が延びたり、ほかにいいバイトが見つかってそちらに移りたい、などで結局戻れなければ、バイト先も予定が狂ってしまいます。

1ヶ月以上の長期休暇を取りたい、取らなければならないと思ったら、バイトを辞めることも検討してみましょう。もちろん、店長や担当者に相談して、問題なく休むことができればそれがベストですね。

そもそも長期休暇を相談してとらなくてもすむバイトもある

どんな事情があるにせよ、バイト先に迷惑がかかってしまう長期休暇のお願いはなかなか言い出しにくいもの。試験や帰省のたびに「申し訳ないですが…」と長期休暇願いを申し出るのは大変ですよね。

シフト提出制のアルバイトであれば、シフトを入れない=休みという扱いにもなりますが、長期の場合、上で説明したように店長は人材確保のためにアクションを起こす必要があるかもしれませんので、別途伝えるほうがよいでしょう。

また、そもそも長期休暇をとらなくてもいい働き方を選択すればよいかもしれません。例えばリゾートバイト。夏休みなどを利用して数日から数週間、自分が希望する期間をあらかじめ伝えてから働けます。

もしくは、都合のつくときだけエントリーできる、派遣会社などに登録するのもおすすめです。

こちらも:急にバイトを休むとき、職場への連絡は早めに、理由は正直に
あらかじめ休むことが決まってないときに休まなければならない場合は、急ぎ職場に連絡を。

必ずお祝い金がもらえる求人サイト知ってますか?

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ