理容・美容業界大手「プラージュ」は稼げる?求人の手取りや待遇を調査!

パート履歴書に貼る写真は私服でもいいの?服装・髪型もこれで好印象!

スーツじゃないとダメ?飲食店のパート面接で気をつけたい服装マナー

パートへの応募にあたって、履歴書に貼り付ける証明写真に、私服かスーツかで悩まされる方も多いのではないでしょうか。写真によって印象が大きく左右されることもあるので、しっかりと良い印象を与えられる写真を準備したいところです。

「やっぱりスーツがいいのか、それとも私服でも大丈夫?」「どのくらいまでカジュアルな服装でも許されるの?」など、服装で迷われるケースが多いでしょう。インターネット上のQ&Aサイトなどでも、たくさんの方が服装についての疑問を投稿されています。他にも、「どんな表情で写ればいいの?」「写真館で撮影するのほうがいいの?」など、履歴書に貼る証明写真についてのマナーを紹介します。

パート応募の履歴書写真は私服でもOKのケースがほとんど

まず結論としては、パート応募の場合は必ずしもスーツの証明写真である必要はなく、私服でも問題がないケースがほとんどです。

正社員や派遣社員などの採用とは違い、一般的には私服の写真で撮影して使用している人が多いです。ただ私服となるとラフな印象を与えてしまうケースもあります。採用担当者が応募者に対して抱く第一印象を左右しますので、身だしなみや清潔感などで好印象が持てる服装を選びましょう。

その点、私服はセンスもありますので難しいと思われる方は、スーツの方が無難かもしれません。

私服?スーツ?見極めるポイントは?

私服でも問題ない仕事、業種

スーパーや飲食店、工場スタッフなど制服があるようなパート、コールセンターなどのように私服勤務が可能なパートの場合は、私服の証明写真でも基本的には問題ないことが多いでしょう。

ただし、もし「服装マナーに細かい応募先かもしれないな…」など、不安になる部分があるのであれば、スーツスタイルの証明写真を貼り付けるほうが無難です。スーツスタイルの証明写真で、服装のマナー違反を問われることはまずありません。

スーツスタイルのほうが望ましい仕事、業種

オフィスワークのパートなど、普段スーツで働く仕事の場合には、証明写真もスーツスタイルで撮影するほうが良いでしょう。

私服で撮影したものを使用していおる方もいらっしゃいますが、スーツスタイルの職場はスーツで撮影した方が無難です。

NG例:服装で個性は出さない

いくら私服の証明写真でも、どのような服装でも良いというわけではありません。「普段はTシャツやトレーナーみたいなラクな服しか着ないし、どんな服がいいんだろう…?」というように、いざ私服で撮ろうと思っても何を着たらいいか分からないですよね。

そこでまずは、肌の露出が大きいノースリーブの服や、胸元の大きく開いた服は避けるようにしましょうてください。Tシャツ、トレーナーなどのラフすぎる服装もNGです。デザイン的に派手なものや、カラフルすぎる色の服も避けましょう。

個性を出して仕事のシーンをイメージしずらい服装は採用担当者に好印象を与えないケースが多いです。あくまでも仕事の採用のための服装としてどれが良いのか考えましょう。

好印象例:シンプルで清潔感のある私服を選ぶ

理想は、無地か柄があっても薄めのストライプなどのシンプルなもので、できれば襟付きのシャツが良いでしょう。色は白か、もしくは明るめの色を選びましょう。ジャケットやカーディガンを羽織ってもよいですが、前のボタンは閉めるように。また、カットソーの場合は、胸元の開きすぎていないもので、ジャケットを羽織れば問題ないでしょう。

証明写真の服装で個性を出す必要はまったくありません。上記のような基本的なマナーを押さえたうえで、あとは清潔感のある服装を心がけるようにしましょう。アイロンはきっちりとかけて、襟元などがヨレヨレになっていないかなど、だらしのない所はないか鏡を見てしっかりとチェックしてから、撮影に臨みましょう。

メイクや髪型にも気をつけて、明るい印象を

服装とあわせて、メイクや髪型も重要です。こちらも服装同様に、シンプルで清潔感が感じられることがポイントです。

メイクはナチュラルで健康的に、髪型は前髪やサイドが顔にかからないように後ろで結ぶか、アップして耳出しのスタイルが基本です。アクセサリー類も派手なものは避けて、付けるとしてもシンプルなものを最小限にしておきましょう。

表情は、歯を見せない程度にかるく微笑むぐらいがよいでしょう。パスポートや免許証の写真は無表情な顔が求められますが、履歴書の写真はあまり無愛想すぎる写真だと印象が悪くなってしまうかもしれません。

最近では、スマートフォンなどで撮影した写真を手軽にプリントアウトすることができるようになりましたが、よっぽど撮影テクニックに自信がなければ、自分で撮影した写真は避けておいたほうが無難でしょう。ライティングなどがしっかりしていないと、暗い印象の証明写真になってしまいます。

スピード写真で綺麗な証明写真が撮影できますので、そちらを利用するようにしましょう。写真館(フォトスタジオ)でプロに撮影してもらえばもちろん高品質なものになりますが、手軽にスピード写真で撮った写真でも問題になることはまずありません。

たった1枚の証明写真ですが、しっかりとマナーを踏まえた写真を貼り付けて、選考においてマイナスにならないように気を付けたいところです。パート応募だからこそ「服装はどうしよう…」と迷われることも多いポイントですが、基本的にはラフすぎず派手すぎず、シンプルで清潔感のある服装であれば問題ないでしょう。

併せてこちらの記事もCheck!

パートするなら知らないと損!必ず祝い金がもらえるサイト

応募しようと考えているお仕事があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、パートに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐパート求人を探す

    TOPに戻る