理容・美容業界大手「プラージュ」は稼げる?求人の手取りや待遇を調査!

主婦パート履歴書に貼る写真の撮り方の基本とコツ~NG例など

主婦パート履歴書に貼る写真の撮り方の基本とコツ~NG例など

パートに応募する履歴書に貼る写真は自分をアピールする重要アイテム。印象を良くするために服装・髪形・メイク・姿勢など細かいところまで気を配りたいものです。

履歴書に写真を貼る目的は本人証明になるという前提がありますが、同時に「明るそうな感じ」「暗そうな感じ」「しっかりした感じ」などの第一印象を視覚的に判断する材料になるからです。

特に書類選考であれば、「人物の映り込み」や「写真自体の仕上がり」がよくないと、面接の前に第一印象が決まってしまうことさえあり、書類選考の段階で不採用になる可能性も考えられます。そうならないように、履歴書に貼る写真の撮り方の基本とコツを見てみましょう。

服装・髪型・表情・メイク・姿勢などトータルに整える

採用担当者の目に留まるためには、「人物の印象を良くすること」と「写真自体を良くすること」の両面を押さえることが大事になります。

「服装・髪型・表情・メイク・姿勢」など、被写体になる自分をトータルに整えて、「写真のクオリティー」を上げるように工夫しましょう。

履歴書の写真だけでパートに採用されるわけではありませんが、いくつかある撮り方のポイントを押さえていけば、履歴書の写真でイメージアップを図る確率は一段とアップします。

もし、自力で限界を感じた場合は、プロカメラマンやヘアメイクにカバーをしてもらうことも検討してみるとよいでしょう。

「人物の印象を良くする」コツ

被写体である自分。最も重要な素材になりますから、「服装・髪型・表情・メイク・姿勢」のすべてに気を配りたいものです。「服装」は、適切なものが手持ちにない場合は購入することで間に合いますが、「髪型・表情・メイク・姿勢」は、普段から意識することが必要でしょう。

服装

普段着感を出さず、きちんとした印象のある、清潔感を感じさせるシンプルで派手ではない服装で撮るようにしましょう。

おとなしい色使いで落ち着いた服装がGOOD

  • インナーは白やベージュなどの薄い色
  • アウターは黒や紺、茶などの濃い色系スーツジャケット&ボトムスなど

派手な装いだとそれだけで常識がないように思われてしまいます。

だらしない服装や大きなアクセサリーはNG

  • 帽子やアクセサリーなどの付属品
  • ジーンズ、タンクトップ、Tシャツ、キャミソールなど

ピアスやイヤリングも、あまり大きなものはやめておくほうが無難です。

髪型

どんな髪型でも、顔を隠さないようにすることが大切です。

耳を出して適度に整えることで好印象に

  • セミロング・ロングは後ろでまとめ、ショートでも耳を出す
  • 前髪は眉にかからない長さ
  • カラーは落ちついた色など

髪の長さはきちんと整えてまとめていれば問題ありません。髪色は派手なものは避けたほうが無難です。

寝癖などだらしない状態はNG

  • 派手なヘアアクセサリーやカラー&過度なパーマ
  • ハネや寝癖など

寝癖が直らないようなら、一度洗髪をしてドライヤーで乾かしてから写真を撮りましょう。

表情

カメラに対して真正面を向き、目をしっかり開いて、口角を上げ気味にします。

明るく爽やかな表情を心がけるとGOOD

  • 目線は真っ直ぐ、口を閉じて口角を上げ気味に
  • 普段からかけている視力矯正のメガネがあればかけておく

メガネはコンタクトレンズでも問題ありません。口角を上げ気味にするのは、笑顔を印象付けるためです。

怖さや暗さ、ネガティブな印象を与える表情はNG

  • あごを引き過ぎた上目づかい、あごを上げ過ぎて見下す形になっている
  • 無表情
  • 歯を見せる笑顔
  • 帽子、マスク、サングラス、伊達メガネ、派手なピアス、イヤリングなどのアクセサリー

歯は見せずに、表情は明るくが基本です。

メイク

女性は気合を入れ過ぎて厚化粧になりがちです。清潔感を出し、ナチュラルに仕上げましょう。

派手さのない自然なメイクを心がけるとGOOD

  • ナチュラルカラー
  • 目元を少しだけ強調

基本的に派手なこと、メイク上手であることは求められませんので、落ち着いナチュラルメイクがおすすめです。

派手なメイクはNG

必要がないのに派手なメイクをするとかえって悪印象です。

  • ファンデーションが白すぎ、黒すぎ、濃すぎ
  • つけまつげや濃いマスカラ・アイライナー
  • 派手なアイシャドーやマスカラ、口紅など

写真に映るとさらに派手さが協調されてしまう場合もありますから、控えめで問題ありません。

姿勢

椅子にしっかり腰掛けて、正面を向いて姿勢を正します。

きちんとした姿勢を意識するとGOOD

  • 背筋を伸ばして脇をしめ、両手はひざの上、少しあごをひいて胸を張る
  • 足はかかとまで地面につけ、深く腰掛ける
  • 肩の高さが左右同じ
  • 真正面を向いている

スピード写真の機械でも、座る場所や高さの指示は出ていますので、それにしたがって姿勢を整えて座ると良いでしょう。

だらしない姿勢はNG

  • 肩や頭が左右どちらかに傾く
  • 猫背
  • まっすぐ向いていない
  • 脚を組む

姿勢が悪いとそれだけで損してしまいます。普段の生活での意識も大切なので、気を付けてください。

「写真自体をよくする」コツ

小さな写真の中には、外見・内面を含む「あなたのイメージ」が収まることになります。決まりごとも視覚的なアピールとつながりますから、些細なことでもミスになるようなことは避けた方がよく、写真や人物のクオリティーが提出に適した写真になるための最善策をとるようにしましょう。

写真のサイズ

一般的に縦40mm×横30mmのサイズがほとんどで、もし、応募先で写真サイズが指定されていれば、そちらが優先されます。胸あたりから上がすべて写るようにすることがとても大事で、顔の大きさは、アゴのラインが写真の真ん中でちょうど収まるとベストな大きさになるでしょう。

撮る時期

応募時から3ヵ月以内の写真を貼付することが原則になります。もし、履歴書提出前に髪型や体型、顔の印象に変化があった場合は、本人確認になりませんから、また撮り直しをします。

カラー

応募先から特に指定がない場合は、白黒・カラーのどちらでもOKです。ただ、カラーで撮れば、白黒よりも人物のパーソナリティーが浮かびやすいかもしれません。最近では、カラー写真を撮影することが多くなっていますので、どちらかといえば「カラー」をおすすめします。

背景

スピード写真などで背景色や柄を選べる場合がありますが、プリクラ写真ではありませんから、目立つような明暗色は避け、オーソドックスな白かグレーの無地としておきましょう。企業への提出写真ですし、被写体を活かす意味でも、背景選びは重要になります。

「スピード写真」「写真館」はどちらが良い?

履歴書の写真で迷うのが、「スピード写真」で撮るのか、「写真館」で撮るのかです。就活では圧倒的に「写真館」ですが、パートの応募ではどうなのでしょうか。

この違いをそれぞれメリット、デメリットに分けて考えてみましょう。

スピード写真のメリット・デメリット

街でよく見かける、写真撮影機のボックスのイスに座って撮るセルフ写真になります。1度や2度は利用した経験があるのではないでしょうか。

メリット

  • お手軽な金額で、数分待てば証明写真が撮れる
  • 制限内での撮り直しが可能で、納得した映像をプリントできる
  • 写真のクオリティーは以前よりレベルアップ

500円~800円程度で撮れるというのは大きなメリットです。また、最近の写真の品質は高くなっています。

デメリット

  • 撮り慣れていても、細かい部分のカバーが完璧ではない(例えば顔へのミラー反射、服装や髪の整え方など)
  • 仕上がりが不安
  • 次の順番待ちを気にして、ゆっくり調整ができない

自分で設定して機械での撮影をするのみなので、他者から見たアドバイスがないのは気になるところです。

写真館のメリット・デメリット

撮影というと身構えてしまいそうですが、スタジオで撮る様子はどのような感じなのでしょうか。

メリット

  • 写真の完成度が高い
  • 撮影前から、キレイに撮れるようなプロのアドバイスがある
  • 撮影中もアドバイスをしながらのシャッターチャンスを作る
  • レフ板やフラッシュの調整などの機材が揃っている
  • ヘアメイクをしてくれる場合もある

やはり機材、設備の充実度合いやアドバイスがあるというのが嬉しいポイントです。

デメリット

  • 金額に比例して、撮り直しや修正のクオリティーが上がる。ただスピード写真より金額が高い
  • じっくり撮る分、時間がかかる
  • 予約制がほとんどで、日程が混み合っている

品質が上がる分、金額、時間がスピード写真よりかかるというのが一番のデメリットですね。

時間的・金銭的余裕があれば写真館がおすすめ

比較した上での結論としては「写真館」に軍配が上がるでしょう。セルフでは目の行き届かない部分がたくさんありますから、プロの目で見た姿勢のくせや表情の硬さ、服装や髪の整え方などをアドバイスしてくれた上で撮影をしてくれますから、モデル撮影のような気分も味わえます。

さらに、「撮り直し」と「修整」をしてもらえる「写真館」を選択すれば、安心感や自信はかなり大きなものとなるでしょう。履歴書の写真が絶対、合否にかかわるとは断言できませんが、やはり、「スピード写真」と「写真館」を比べた場合の差は歴然としています。

ただし、急ぎの場合は難しいですし、費用は何倍もかかってしまいますから、時間的、金銭的に余裕がないのであればスピード写真でも問題はないでしょう。

まとめ

パートの履歴書に貼る写真は、いかに自分をアピールする重要アイテムであるかが理解できたのではないでしょうか。「人物の映り込み」や「写真自体の仕上がり」に細心の注意を払い、パートの応募先に向けた悔いのない写真撮りをしていきましょう。

今回、「服装・髪型・表情・メイク・姿勢」、それぞれについて詳しく解説しました。全体を通して言えることは「清潔感、爽やかさ、明るさ」が好印象につながり「派手さ、だらしなさ、暗さ」はネガティブな印象につながってしまうということです。

NGなものにならないようにすれば基本は抑えられていると言えますので、自分の魅力が最大限にアップするように写真を準備してください。

併せてこちらの記事もCheck!

自己PRの書き方はこちらで詳しく解説しています。
主婦歓迎のパート求人であれば、助け合いの風土もできているため、働きやすいメリットがあります。

↓マイベストジョブはどの求人でも必ずお祝い金がもらえます↓

パートするなら知らないと損!必ず祝い金がもらえるサイト

応募しようと考えているお仕事があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、パートに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐパート求人を探す

    TOPに戻る