理容・美容業界大手「プラージュ」は稼げる?求人の手取りや待遇を調査!

主婦がスーパーのパート面接で着ていく服装の押さえておきたいポイント

主婦がスーパーのパート面接で着ていく服装の押さえておきたいポイント

主婦に人気のパート先として上位に入るのがスーパーです。家から近いことが多く通いやすいことと、仕事帰りに買い物をすませられる利便性もあって人気です。でもスーパーの面接はどんな服装で行けば良いのか困ってしまう人もいるかもしれません。今回は、主婦がスーパーの面接で着る服装についてポイントをご紹介します。

全国チェーンのスーパーならスーツ・ジャケットがおすすめ

一口にスーパーと言っても地域で1店舗~数店舗で営業しているスーパー、地域の中規模チェーン店、全国チェーン店などがあります。このうち全国チェーン展開している大型スーパーでは、採用基準に面接時の服装がスーツ、ジャケットのビジネスマナーをクリアしているかどうかという点が見られている可能性があります

その他のタイプのスーパーでもスーツかどうかが見られている可能性は確かにゼロではありませんが、全国チェーンの大型スーパーであれば様々な規定が細かく設けられていることが多いので、面接時のチェックポイントになっている可能性が他のスーパーよりも高いです。

地元、地域展開のスーパーであれば面接も店長=社長の場合もありますので、服装についてスーツかどうかを重視しているケースは全国チェーン店より緩やかな場合も多いので清潔感のある恰好をしていればマイナスの印象を与えることは少ないでしょう。

スーツを着る際にはこちらの記事も参考にしてうまく着こなしてください。

町の小さなスーパーならスーツじゃなくても大丈夫?

スーパーで働くパートの方は地元で生活している人が多いです。職場で知り合いになったり、知り合い同士が応募して働いているというケースもあります。普段着よりはきちんとした格好で面接に臨むのはマナーとして当然ですが、かっちりとしたスーツに身を包んで面接を受ける人は意外と多くはない状況があります。

もしカジュアルな服装で行く場合は汚れやシワ、シミなどがないきれいなシャツ(袖付きで白色が良い)を着て、チノパンやコットンパンツと合わせると良いでしょう。

もちろんスーツで行くというのはおかしな方法ではありませんし、むしろ面接を受ける者のビジネスマナーとしては基本だと言えます。他の応募者がカジュアルな服装であれば余計にきっちりしている、真面目な人という印象を与えることができます。

ただし「すでに働いている他のスタッフとうまく馴染めそうか」という点は面接時に見られるポイントですのでわざわざ高級なスーツやブランドものを身に付ける必要はありません。「(スーツではなくても良かったのかもしれませんが)面接の場ということでスーツを着用しました」という趣旨が伝わるように話をしたりすると良いでしょう。

レジや売場ではなく事務系の仕事ならスーツの方が良い

スーパーの仕事内容は、配属される場所によって様々です。品出し、売り場担当、レジ担当が多く募集されていますが、事務、オフィスワークが募集されている場合もあります。事務系統の仕事への応募の場合の場合はやはりスーツで臨むほうが良いでしょう。

たとえ実際の職場ではスーツ着用が規定とはなっていなくても、オフィス内での仕事の基本としてスーツの方が面接の際のビジネスマナーとして合っているものです。

食品を扱う職種なら清潔感は特に重要

しかしどの担当になるとしてもお客様に与える印象や食材を扱う職場である関係上、清潔感、衛生面で問題ないことが重視されます

どのアルバイト、パートでも確かに清潔感は大事ではあります。しかし特にスーパーでは地元の人がたくさんお客様として訪れることもあり、「あのスーパーの野菜売り場の店員さんで汚らしい人がいる」という評判が立つと非常に危険です。実際に衛生面での被害がないとしても、悪評が立つのはお店にとってマイナスなのでとても敏感になっているポイントです。

服装だけでなく、ネイルやアクセサリーにも注意が必要で、基本はネイルアートはしない、アクセサリーも身に付けないほうが良いでしょう。

また、事務などのオフィスワークであればやはりスーツやジャケット着用で面接に臨む方が良いでしょう。高いものでなくても構わないので、自分の体型に合うサイズのスーツやジャケットを着用しましょう。

店によっては茶髪NGなところもある

スーパーのパートは髪型、髪色に関してはある程度自由なところと制限のあるところ、両方あります。自由なところも明るすぎる茶髪はダメというところも多くあります。こちらも清潔感、衛生管理上のことからルールを設定している事情があります。

パートを探している主婦の方もおしゃれとして髪を染めている人がいるかもしれませんが、面接ではおしゃれではなく清潔感がないと判断されてしまう可能性があるということです。「店員の髪色が明るく不潔に感じる」というクレームがスーパーに来ることを防ぐために黒髪を基本としているところもあります。

お店の方針や面接担当者の考え方によっては、茶髪というだけで不採用にする可能性もゼロではありません。髪を染めていて気になる方は、実際に応募しようとしているお店に行ってみて今いるスタッフがどんな髪色で働いているのかを見てみると良いでしょう。

気保温は黒髪ですっきりとまとめ、ロングヘアであれば黒、濃い茶色など地味な色のヘアゴムで結んでおきましょう。

いかがでしたか。短い面接の中で、清潔感があり常識がある印象を持ってもらうには外見を整えることも効果的ではないでしょうか。スーパーで求められているパートの人物像を想像しながら、落ち着いて面接に臨めるように、服装を整えましょう。

面接時には何を持っていけばいい?

服装の準備ができたら、面接のときの持ち物についてこちらの記事もチェックしてみましょう。

スーパーのパート面接は全国的に求人があります。レジや各売場の担当、清掃など幅広く募集されています。

↓マイベストジョブはどの求人でも必ずお祝い金がもらえます↓

パートするなら知らないと損!必ず祝い金がもらえるサイト

応募しようと考えているお仕事があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、パートに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐパート求人を探す

    TOPに戻る