理容・美容業界大手「プラージュ」は稼げる?求人の手取りや待遇を調査!

ドラッグストアのパートの評判を調査!実際大変?ノルマはあるの?

ドラッグストアのパートの評判を調査!実際大変?ノルマはあるの?

街なかに多く並ぶドラッグストア。パートとして働く場合、どんな仕事をするのでしょうか?誰もが一度は利用したことがある身近にあるお店だけれど、詳しい仕事内容は知らないものです。

今回はドラッグストアでのパートの評判、仕事の実情についてご紹介します。

主な仕事は品出し・レジ・清掃・接客

ドラッグストアでの仕事分担は、大きく2つに分かれます。1つは薬を販売する仕事、もう1つは接客と売り場を担当する仕事です。前者の薬を販売する仕事は、基本的に薬剤師しかできません。

薬剤師の資格を持たない一般のパートの場合、お客様の問い合わせに対応する接客、倉庫から商品を取り出して棚に整列させる品出し、レジ打ちなどが主な仕事となります。店舗によっては、商品の販売促進のために売り場のPOP作成や商品の発注も行う場合もあります。

品出しは多くの商品をバックヤードから運ぶ仕事ですが、ときには急いで品出しをしなければいけない場合もあり、重い段ボールを持って走り回らなければいけないときもあります。

商品は小さくて軽いものが多いのですが、食料品の中にはペットボトル飲料や米など、大きくて重いものもあります。ですから、軽い品物ばかりを扱っていると思われがちなドラッグストアでも力仕事が要求されることがあります。

体力的には楽なパートの仕事、というわけではありません。コンビニよりも店舗が広い場合が多く、スーパーほどエリアごとで分業しているわけではないので、一人で多くの仕事をこなすことが求められます。

また、ドラッグストアで扱う医薬品は、薬剤師の資格がなければ販売ができません。薬剤師がパートと大きく違う点は、パートやアルバイトではできない、医薬品の成分や効能などの説明ができることです。

もし勤務中にお客様から医薬品についての説明を求められたときには、薬剤師と交替して説明をしなければならないため、パートで働く分には医薬品についての専門的な知識は必要ないということになります。

とはいえ、専門知識は不要なものの、その他の取り扱い商品の一通りの知識は必要です。一通りのラインナップを把握するまでは大変かもしれません。

土日に長時間出社できる人は歓迎される

ドラッグストアは土日には平日よりも多くのお客様が訪れるため、他のパートに比べて土日の勤務シフトに多く入ることが求められることがあります。

特に繁華街にあるような大きなドラッグストアは外国人のお客様も多く、土日は平日より大変になります。

土日どちらかの出社が条件の場合もあるので、土日は絶対に休みたい、という人には条件がなかなか合わない場合があるかもしれません。

個人ノルマはないので安心して働ける

売上のノルマに関しては、パートの一人ひとりに個人ノルマが課される、ということは基本的にありません。積極的に商品をおすすめして営業するケースはキャンペーンでもない限りはそれほどありませんし、商品が売れないからといって自腹で買い取りということはないでしょう。

ただし、お店の目標となると話は別です。毎月の目標は本部から決定されて支持されることが多く、店長以下、スタッフ皆でその目標を達成できるように頑張る、ということです。

社員割引があり生活用品などが安く買える

ドラッグストアで働く魅力として社員割引があります。ドラッグストアは、医薬品だけを扱う店舗はあまり多くはありません。最近は食料品や生活必需品など、医薬品にとどまらない幅広い取り扱いがある店舗も数多いです。

社割で生活必需品などの商品を安く買うことができるので、主婦としては嬉しいポイントという口コミもあり、評判です。お店によっては化粧品を扱っているところもあるので、サンプルなどを無料でもらえることもあります。こちらも女性にとって嬉しいポイントですね。

ドラッグストアと一口に言っても、店舗によって取り扱う品物は違うもので、仕事内容も多岐にわたります。どういう商品を扱っているのか、混雑具合はどの程度なのかなど、事前に働きたい店舗の情報をチェックしておけば、職場選びの参考になるでしょう。

↓マイベストジョブはどの求人でも必ずお祝い金がもらえます↓

パートするなら知らないと損!必ず祝い金がもらえるサイト

応募しようと考えているお仕事があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、パートに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐパート求人を探す

    TOPに戻る