日給月給のバイトは残業代は出る?有給はどうなるの?

日給月給のバイトはブラック? 有給・残業の注意点を解説

アルバイトは時給制か日給制のところが多いですが、日給月給という給与体系を取り入れている職場もあります。日給なのか、それとも月給なのか。初めて聞く人には分かりづらい言葉ですね。

正社員などにも採用されているこの制度ですが、アルバイトの場合は残業代や有給はどうなるのか、詳しく解説します。

日給月給制でも残業代は発生する

日給月給がブラックと言われる理由の多くは、残業代が貰えないかもしれないという不安からきています。9時~18時までで1万円のバイトの場合、それ以上働いても1万円しか貰えないの? という疑問があるわけですね。労働基準法の観点から言えば、これは誤りです。日給月給制でも残業代は発生します

その根拠となる労働基準法の第32条には「使用者は、労働者に、休憩時間を除き1週間について40時間を超えて、労働させてはならない。」「使用者は、1週間の各日については、労働者に、休憩時間を除き1日について8時間を超えて、労働させてはならない。」という規定があります。

要約すると、「1日に8時間以上は働かせるならば残業として扱いなさい」ということですね。日給という言葉からか「1日出勤したらいくら貰えて、それ以上は貰えない」という誤解があるのかもしれません。

ただし、これはあくまで法的な話。「ウチは残業代出ないよ」という会社もあるかもしれません。働く前には就労条件に関する書類をよく読んでおきましょう。働くのは何時から何時までで、休憩時間は何分なのか。その拘束時間を超過するようであれば、残業代を請求することができます。

月に何日働いたかで給与が決まる日給月給

賃金を月額で定めて、働かなかった日数分の差し引いた給与を支払う給与制度のことを日給月給制と言います。少し分かりづらいですね。かみくだいた言葉にすると、月に何日働いたかによって月給が決まるのが日給月給です。

月給制の場合には、遅刻・早退・欠勤した場合に時間分の給与が差し引かれませんが、日給月給の場合には控除されます。これに加え、基本的には1日いくらという給与の計算をするので、出勤した日が多いか少ないかによっても月の給与が変わってきます

日給月給を取り入れている会社は、ブラックであるという話を聞いたことがある人もいるかもしれません。もちろん一概にそうとは言えませんが、有給の消化については問題になるケースがあります。

アルバイトでもパートでも、雇用形態に関わらず有給を取得することができます。働き始めて半年経つと有給が発生し、その有効期限は2年間。期間内に使わないと消滅してしまいます。

先に書いた通り、日給月給の場合には遅刻・早退・欠勤した分のお金が差し引かれます。給与を1日単位で計算する企業であれば、満額を貰う場合には有給を消化するしかありません。かなりのレアケースかもしれませんが、企業によっては数分の遅刻や早退でも、有給の消化を求めてくる例もあります

一方で、アルバイトの多くは時給制です。仮に1時間遅刻してしまった場合には1時間分の給与を引かれます。時間給のペナルティを受けているので、「有給を使わなければ今日の給料が貰えない…」ということにはなりません。

もちろんこれは日給月給を採用している全ての企業に当てはまるわけではありません。「こんなケースもある」という、ひとつの例として認識しておきましょう。

時給制と比べてあまり損得の差はない

正社員の給与体系にある完全月給制と比べてしまうと、日給月給にデメリットが多いことは事実です。しかし、一般的なアルバイトの時給制と比べると、どちらかに極端に損得の違いがあるとは言えません。

アルバイトを選ぶときには、時給、日給、日給月給といった給与体系よりも、仕事内容でバイトを選ぶことをお勧めします。また、日給月給制のアルバイトをしている人は、自分の労働条件をよく理解しておきましょう。もしもおかしいと感じる部分があれば、自分が損をしないよう注意しておきましょう。

日給月給のバイトについてはこちらの記事で詳しく解説してています。
日払い可能なアルバイトであれば、時間は決まっていて日当・日給をもらえるところが基本です。

↓マイベストジョブは必ずお祝い金がもらえます↓

バイトするなら知らないと損!必ず祝い金がもらえるサイト

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ