日給月給のバイトってどういう意味?時給・月給制との違いを解説

日給月給のバイトってどういう意味?時給・月給制との違いを解説

日給月給という言葉を聞いたことはありませんか? これは主に正社員や契約社員に当てはまる給与形態の一種です。アルバイトの多くは時給制ですが、この制度を取り入れている会社もあります。

初めて聞く人は「日給なの? 月給なの?」と、戸惑ってしまうかもしれません。今回は、この日給月給について詳しく触れていきたいと思います。

給与の支払い体系による言い方について

まず「月給」という言い方について抑えておきましょう。

給与体系にはいくつかの種類があり、賃金が支払われるタイミングや、計算する基準の違いで名称や性質が異なります。

例えば、「日払い」「週払い」「月払い」という支払い方法。これは給料を支払われるタイミングが異なり、読んで字のごとく、日によって支払われるか、週によって支払われるか、月によって支払われるかを指しています。

また、給与の計算も労働形態などによって分かれているのが一般的で、計算が1時間単位なのか1日単位なのか、または1ヵ月単位なのかという違いがあります。それぞれに「時給」「日給」「月給」と呼ばれます。

「日給月給」制度は休んだ日の給与がない

日給月給とは、一か月の給料を月額で定めて、働かなかった日数の分を差し引いて支払う方式のことです。職種や業務内容によっては、アルバイトに取り入れているところもあります。

ちなみに日給とは、1日の給料が何円と決まっていて、出勤日数によって給料を支払う方式です。ひと月の給料が月額で定められているかどうかという点が、日給月給とは異なるポイントとなります。

時給制との違いと注意点

時給制はその名の通り、1時間あたり○○円という給与が、実際に働いた時間分だけ支払われるという制度です。

1か月あたりの給料は、その期間内に働いた時間で決まります。

多くのアルバイトが時給制を採用しており、最も馴染みのある仕組みと言えるでしょう。

月給制との違いと注意点

月給制は1ヵ月給与が固定されている制度です。

出勤日数が少なかったり、遅刻・早退・欠勤をしたりしても、原則としてひと月の給与は変わりません。

一方で日給月給制の場合は、前述した通り月給○○万円という基本的な給与の定めはあっても、働いていない分の給与が発生しません

遅刻・早退・欠勤をすればその分のお金を差し引かれますし、GWや夏期休暇・年末年始休暇がある月には、貰える賃金が通常の月よりも少なくなります。

月給制と比べると、どことなく企業側にメリットがあるように感じてしまうことでしょう。

ですが労働契約法第6条に、働いていない分の給料は支払わなくてもよいという「ノーワーク・ノーペイの原則」の決まりがあり、日給月給の制度が違法という訳ではありません。

月給制を取り入れている会社のほとんどは、体力のある大企業や公務員、または役員になれば月給制になるなど。中小企業などは日給月給のケースのところもあります。

アルバイトで日給月給を取り入れている職種

基本的に、アルバイトで日給月給のシステムを取り入れている会社は少数です。しかし、工場や警備会社、交通整理のアルバイトには、少ないながらも制度を採用しているケースが見られます。いわゆる「日雇い」との違いが少し紛らわしいので、求人を見る場合には注意が必要です。

以上のとおり、月給と日給月給の違いを一言で表せば、遅刻・早退・欠勤などの働いていない分の1日あたりの給料が月給からカットされてしまうのが日給月給ということになります。

日給月給だったとしても、会社は最低賃金は守らないといけません。最低賃金以下の場合は上記の対処法を参考にしてください。
日払いOKのバイトであれば、働いたその日に給料がもらえるので休んだりしたらどうする、という心配はありません。

↓マイベストジョブは必ずお祝い金がもらえます↓

バイトするなら知らないと損!必ず祝い金がもらえるサイト

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ