家庭教師アルバイトの選び方~大学生が応募するならおすすめは?~

家庭教師アルバイトの選び方~大学生が応募するならおすすめは?~

大学生に人気のアルバイト、家庭教師。賃金が高いという魅力を持つ一方で、ひとりの生徒との良好な関係を築く必要のあるこの仕事は、他のバイトには無い難しさを備えていることも事実です。

大きく分けて、家庭教師には2つの働き方があります。ひとつは家庭教師センターに登録する方法。もうひとつは個人で生徒の保護者と契約する方法です。

一口に家庭教師と言っても、その働き方には種類があることをご存知でしょうか? 選び方を誤ってしまうと、自分に適さない働き方をすることになってしまいます。今回は、家庭教師のアルバイトを選ぶときのポイントをご紹介します。

会社に登録して家庭教師先を選ぶ

  
個人契約サイトなどの普及などにより個人契約で家庭教師をしている人も増えてはきましたが、割合としてはセンターに登録している人の方が圧倒的に多いです。

会社(家庭教師センター)は登録制で、会社を通して生徒を紹介されて勉強を教えることになります。メリットとしては、初めて家庭教師のバイトをする場合でも、センターがフォローしてくれるので安心感があること、多くの生徒を抱えているので早く仕事が見つかりやすいこと、生徒側との契約の手間が省けること、トラブルが起きた場合はセンターが間に入ってくれること、教え方などの指導や相談に乗ってくれるなどが挙げられます。

一方、デメリットとしては、仲介料として手数料を支払う必要があります(毎月の給料から差し引かれます)。また、勤務後には日報や報告書を提出するケースが多く、面倒だと感じる人もいるかもしれません。

会社に登録する方法では、あらかじめ自分の希望する条件を伝えておくことで、エリアや学年、学力など希望に沿った範囲で紹介してくれやすくなるので、楽に探すことが可能です。候補が複数あった場合も自分で優先順位をつけておけばスムーズに選べるでしょう。

例えば自宅からの距離、受験生かそうでないか、ハイレベルな受験指導なのか学校の授業の補修がメインなのか、希望の範囲で紹介してくれます。

個人で伝手を頼って家庭教師先を選ぶ

 
個人で契約する場合は、家庭教師の個人契約サイトを利用したり、知人の紹介や大学の掲示板を通したりして家庭教師になります。

個人契約のメリット仲介手数料を取られることなく給料がもらえること、教える課目や曜日・時間を調整しやすいこと、紹介の場合は事前にどんな生徒・保護者なのかを知れる機会があることがメリットと言えます。

デメリットとしては、募集している家庭が見つかりにくいこと、自分で契約を結ばなければならないので、トラブルが起きた場合は自力で解決する必要があること、授業内容、テキストはすべて自分で責任をもって選ばなければならないこと、入試・受験情報を自分でどんどん調べないといけないことなどが挙げられます。

知人の紹介というのはたくさんあるわけではないので、家庭教師先が豊富に選べるというわけではありませんが、自分の事情をふまえて紹介してくれるわけなので、自分にとって比較的仕事しやすい環境であることが多いでしょう。

初心者なら会社に登録するのがおすすめ

 
まず、家庭教師のバイトを経験したことが無い人は、センターに登録して生徒を探しことをおすすめします。

窓口となる会社がサポートしてくれますし、授業内容のマニュアルを完備していることが多いため、特に初めての人は安心してアルバイトができることでしょう。

また、人とのトラブルを解決させることが苦手という方も、間にセンターが入ってくれる環境が良いでしょう。トラブルの種は生徒だけではなく、その保護者にもあります。子どもの教育に熱心な親ほど、家庭教師への要求レベルが高くなる傾向にありますので、ほどよい距離の取り方が必要と言えます。

そして、すぐに生徒を見つけたいという人にもセンターへの登録がおすすめです。抱えている多くの候補から、希望に合った生徒を紹介してくれることでしょう。個人契約の場合にはなかなか生徒が見つからないということも珍しくありません。

利用時の注意点としては、仲介料をどのくらい取られるのかということ。割高なところもありますので、サービス内容をふまえて複数から比較すると良いでしょう。

経験者や高時給を望む人は個人契約がおすすめ

自分のスタイルで生徒を教えていきたいという考えの人も、個人契約の方が向いています。人にモノを教えるということはとても難しいことですので、働きながら、自分で考えながら教え方を身に付けるのも成長につながります。

また、伝手があって知人・友人から紹介を受けられる環境にある人は、これも何かの縁と考えて、個人契約の家庭教師を選ぶこともおすすめです。

親しい間柄の人からの紹介であれば、極端に気を使うことなく教えることができることが多く、理想的な環境のアルバイト先を見つけることもできるかもしれません。

そして高時給を望む人も、個人契約がおすすめです。特に難関大学受験の場合、時給も高く設定できるケースがほとんどです。

しかし、会社登録の求人と比べると賃金が割高とはいえ、個人契約サイトからの紹介だと、以前と比べると時給の差が少なくなっていることも事実です。

賃金をベースに考えるならば、仲介料を取られない、大学の掲示板や知人からの紹介の方が良いでしょう。

個人契約の注意点として、生徒や保護者とのトラブルが起きたときにどのように解決するかです。全てを自らの責任で行う必要があるため、契約書を交わしておいたほうが無難です。

クレームが入る可能性もありますので、この点は覚悟を持って仕事をしましょう。

同じように「教える仕事」として塾バイトもありますが、違いもたくさんあります。塾と家庭教師の比較の参考にしてください。
求人サイトに掲載されている家庭教師の求人は、基本的に登録型の会社です。

↓マイベストジョブは必ずお祝い金がもらえます↓

必ずお祝い金がもらえる求人サイト知ってますか?

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ