塾バイトの面接で採用されやすい服装は?‏

塾バイトの面接で採用されやすい服装は?‏

男女ともにスーツがおすすめ

塾講師や受付は職業柄、ジーパンとTシャツで仕事をするわけではありませんから、きっちりしたイメージができるような服装を選ぶのがベスト。

シンプルなリクルートスーツが良いでしょう。黒いスーツの場合、インナーも黒だときついイメージを持たれます。スーツのインナーは、襟付きのシャツで白地もしくは、薄いベージュなど、奇抜でない色を心がけてくださいね。

スーツの形は、体のラインを強調しないほうが無難です。男性の場合はダボダボのスーツの着こなしはNG。女性の場合は、スカートスーツでも問題ありませんが、膝上のスカートは避けたほうがいいでしょう。

またネックレスやピアスなども、すべて外していくのがおすすめ。小さいピアスであれば、さほど問題はないかもしれませんが、面接時に、わざわざ小物でセンスをアピールする必要がない業種です。

まずは清潔感や信頼性をアップさせるために、限りなくシンプルな服装を心がけると良いでしょう。

清潔感を出す身だしなみ

スーツにもいろいろな種類がありますが、シンプルに着こなしても、シャツにシワがあったり、スーツにホコリや髪の毛が付いているのは、NG。

汚らしく見えてしまうのは、塾講師や受付のバイト以外でも、印象が悪くなります。汚れやホコリは、目立たないと思っても、案外見られていることが多いのです。

スーツやシャツがシワにならないよう、前日に必ずアイロンをかけるのがおすすめ。

また靴の汚れも要注意です。足元の汚れはかなり目立つところといっても過言ではありません。

どんなに服装がしっかりしていても、汚れがついているようでは、面接ではマイナスイメージです。採用されてからも、もちろんですが、社会人として最低限の清潔感は心がけておきましょう。

ポケットサイズのほこり落としなど携帯しておくと、面接前に万全で臨めます。面接時は身だしなみ全体の清潔感も重要なポイントですよ。

女性はメイクやネイルも控えめが無難

服装や、身だしなみをきちんとしていても、髪がボサボサ、では面接官にマイナスの印象を与えてしまう可能性があります。

髪が長い女性の場合は、しっかりひとつにまとめて、清潔感をアピールしましょう。長い前髪なども顔がはっきり見えるように工夫していくと、印象もアップします。

髪の色も真っ黒にする必要はありませんが、明るい色は控えたほうが無難。

また、派手なメイクもNG。リップやチークは控えめなものを選ぶといいでしょう。ネイルは派手なジェルやスカルプは避け、短めで、透明な色のネイルにしましょう。

指先は特によく見られる場所ですから、爪が割れていたり、かなり乾燥しているのも、あまり印象が良くありません。派手になりすぎない、健康的な指先を意識するといいでしょう。

接客業になりますから、服装と一緒に、メイク、髪型、指先、足元に、徹底して清潔感を出すのがポイント。

香水など匂いのきついものは、使用しないように気をつけてください。

塾講師のバイト面接については上記の記事にまとめて解説していますので、参考にしてください。

塾講師のアルバイトを探す ≪お祝い金付き≫

マイベストジョブは、お祝い金がもらえる求人サイトです。アルバイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

このページのトップへ